ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【NEWS】『ピクミン』や『ファンタシースターオンライン』が受賞! 文化庁メディア芸術祭授賞式

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●受賞作品の展示は3月10日まで
 

 文化庁やCGーARTS協会が主催し、ゲームやアニメ、CGのすぐれた作品を表彰する"文化庁メディア芸術祭"。第5回目となる今回は、デジタルアート・インタラクティブ部門で任天堂のニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ピクミン』が優秀賞を受賞したほか、特別賞にセガのドリームキャスト用ソフト『ファンタシースターオンライン Ver.2』とスクウェアのCG映画『ファイナルファンタジー』、デジタルアート・ノンインタラクティブ部門でナムコのCG映像『安重』が大賞を受賞している。その授賞式が2月28日に東京、恵比寿の東京都写真美術館で行われたのだ。この日は『ピクミン』のディレクターの日野重文氏や『ファンタシースターオンライン』のプロデューサーの中裕司氏など、各作品の受賞者が出席。表彰を受けたのだ。

 また、受賞パーティーも行われ、受賞者がスピーチを行った。その中で壇上に上がった中氏は、「ネットワークのすばらしいところは地球の裏側の人と繋がるということ。ゲームを通して、言語の壁を超えたコミュニケーションを取れることに挑戦しました」と語っていたぞ。
 

表彰式

展示

▲表彰式の様子。河合隼雄文化庁長官から賞状が手渡された。
 

▲受賞作品の展示は3月10日まで。興味のある人は出かけてみては?
 

ピクミン

ソニックチーム

▲展示会場の『ピクミン』と任天堂の日野氏。
 

▲ソニックチームの『ファンタシースターオンライン』開発チームのみなさん。
 

 なお同祭典では、ほかにもアニメーション・マンガ部門で映画『千と千尋の神隠し』が大賞を受賞するなど数多くの作品が表彰されているぞ(→関連記事)。

 

※関連記事はこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース