ファミ通.com GAME
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING enterbrain
ニュース セガ構造改革説明会リポート〜その1〜
2001年4月19日
●今期中に日本でTOPを狙う!

▲香山哲構造改革推進本部長をはじめ、セガの首脳陣が勢ぞろい。
 4月19日、セガは構造改革説明会を開催。この説明会は、今後のセガの事業展開や経営方針を発表するもの。もちろんドリームキャスト用をはじめとするコンテンツ事業展開についても、詳しく公開された。

 まず、コンテンツ事業の展開については、2002年3月期までに、ソフトの目標販売本数を1270万本とすると発表(ニンテンドーゲームキューブやXbox用タイトルを含まず)。タイトル数では、ドリームキャスト用ソフトを65タイトル、その他のハードでは53タイトルを発売。その内30タイトルが主力タイトルで、15タイトルが世界ブランドになるとのこと。

 また、今期からパソコン用ソフトの開発も強化。今期中には、日本でトップシェアを獲り、さらには世界規模でエレクトロニック・アーツを抜くと語っていた。こちらも、ぜひ注目したいところだ。

※セガ構造改革説明会リポート〜その2〜はこちら
※セガ構造改革説明会リポート〜その3〜はこちら

ゲームTOPへ戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。