ファミ通.com GAME
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING enterbrain
ニュース マルチメディアグランプリ2000贈賞式開催!!
2000年12月7日

●スクウェア坂口氏が名誉ある会長賞受賞!!

坂口氏
▲坂口氏の受賞時には、映画『FF』のデモ画像も放映された。実写さながらの美麗な映像に会場来場者も驚嘆の色を隠せない。

 12月7日、都内の千代田放送会館で"マルチメディアグランプリ2000"贈賞式が行われたぞ。マルチメディアグランプリとは、映像、音楽、CGなど、数あるデジタル活動のなかで功績を残した人物、作品に栄誉を贈る催し。

 今回、ゲーム業界では、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から発売中のプレイステーション2用ソフト、『びっくりマウス』がインタラクティブ賞を受賞。任天堂から発売中のニンテンドウ64用ソフト、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』がエンターテインメント賞を受賞した。
 
 さらに人物表彰のなかでもっとも栄誉ある会長賞をスクウェアの坂口博信氏が受賞。1987年からはじまった『ファイナルファンタジー』シリーズを手掛けた功績と、また、来年公開予定のCG映画『ファイナルファンタジー』が高く評価され、今回の受賞に至ったのだ。

 「とても名誉に思っています。映画『FF』はこれまでに3年半という月日がかけられているんですけれども、ここまで、たいへんつらい道のりでした。しかし、日本初のフルCG映画ということで、世界に向けた納得のいく作品へと仕上がっていると思います」(坂口)
 
 過去の人物表彰には、任天堂の宮本茂氏、作品表彰には、SCEの『どこでもいっしょ』や任天堂の『スーパーマリオ64』など、いまやゲーム業界の作品や人物が、毎年名を連ねるマルチメディアグランプリ。これからもデジタル分野の牽引役として、さらなる飛躍に期待したいね。


マルチメディアグランプリ2000ゲーム関連の受賞人物&作品
受賞作品 受賞者名
MMCA 会長賞 スクウェア代表取締役副社長 坂口博信
パッケージ部門
エンターテインメント賞
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 任天堂
パッケージ部門
インタラクティブ賞
びっくりマウス うるまでるび、岩井俊雄
ソニー・コンピュータエンタテインメント

ゲームTOPへ戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。