携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ペルソナ』のライブイベント“PERSONA MUSIC TOUR 2010”東京公演の模様をリポート

『ペルソナ』のライブイベント“PERSONA MUSIC TOUR 2010”東京公演の模様をリポート

2010/8/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ツアー最終日、東京公演は異様な盛り上がりに

 

 2010年8月14日、東京都渋谷区にある“SHIBUYA-AX”にて、『ペルソナ』シリーズのライブイベント“PERSONA MUSIC TOUR 2010”の東京公演が開催された。『ペルソナ』シリーズのライブイベントは2008年と2009年は、東京で一夜限りで開催されていたが、その前2回があまりに好評だったため、今年は東京、大阪、愛知の3公演になり、東京は今回のツアー最終公演となる。ちなみに、約1500枚のチケットは即日完売。

 

 出演者は川村ゆみ、Lotus Juice、平田志穂子、喜多修平、そして『ペルソナ』のサウンドを手掛ける音楽プロデューサー目黒将司氏というおなじみの面々。

 

 ライブはまず、目黒将司氏がメインでギターを奏でる『ペルソナ3』から『全ての人の魂の戦い』で幕を開けた。続いてLotus Juiceが『Mass Destruction』を、さらに川村ゆみが登場し『P3 fes』を熱唱し、会場は早くもヒートアップ。3曲が終わったところで川村とLotusによる最初のMCに突入。ふたりにとって、いじり甲斐があると思われる喜多修平ネタでひと仕切り盛り上がってから、発売されたばかりの“PERSONA MUSIC LIVE 2009 -Velvetroom in Wel City Tokyo-”のライブDVDやオリジナルバンドによって生音でコーディングされた音楽CDについてのエピソードが披露された。MCのあとは、川村が『Want To Be Close』や『Burn My Dread』などで観客を魅了。その後、喜多が登場してアップテンポな『Soul Phrase』と『Breakin' through』で会場を盛り上げた。その喜多に紹介される形で、平田志穂子がステージに登場。喜多と平田によるMCでは、先ほどいじられた喜多が仕返しとばかりに、Lotusがメイド喫茶に行ったことを暴露するなど、会場は爆笑の渦に。ふたりのMCのあとは、平田が『ペルソナ4』から『Pursuing My True Self』やお天気メドレーなどを披露。その後もLotusと平田による東京公演でのみのお披露目となる『Backside Of The TV』、平田がコーラスを担当して川村が歌う『Found Me』など、バラードあり、ヒップホップあり、ロックあり、さらに爆笑MCありでライブは進んでいき、『キミの記憶』でひとまず終了。

 

 アンコールでは3曲が披露され、さらに特別にもう1曲、この日2度目の『Reach Out To The Truth』が演奏され、出演者やバンドメンバー、観客もいっしょになって、会場に割れんばかりの歌声を響かせた。そして約2時間に及んだライブは無事終了。最後に目黒将司氏が、「つぎはもっと大きい会場で開催したい」と来年以降も引き続きライブイベントを続けていく意向であることを明らかにし、ファンに喝采を浴びつつ最終公演は幕を閉じた。

                                                                                                                                                             

▲インスト曲ではメインでバッチリきめる目黒将司氏。ただ、MCでは数回ミスしたことをみずから暴露。

▲バラードもしっとりと歌い上げ、観客を魅了した川村ゆみ(画面中央)。バンドメンバーのさまざまなエピソードも暴露するなど、トークも絶好調。また、『ペルソナ』の曲は「難しい、ややこしい、歌いづらい、マニアック、練習に時間がかかる(笑)。なので1回だけだともったいないので、せめて3回やろう」と、昨年の打ち上げの席でリクエストしたところ、今年、本当に3回公演になったエピソードを、おもしろおかしく披露。


KN1_8008

▲歌はもちろん、喜多とさまざまな掛け合いで会場を沸かせたLotus Juice(画面右)

▲あるイベントにオールナイトで出演したため、寝不足気味という喜多。だが、それを感じさせないパワフルなステージで会場を盛り上げた。

 

▲『ペルソナ』の曲をレコーディングしたときは、まさかライブをやることになるとは思わなかったと語った平田志穂子(画面右)。だが、いまや次回の開催も気にかけるほど、このライブを楽しんでいる様子だった。

 

 

 

【PERSONA MUSIC TOUR 2010<東京>セットリスト】

 

M-01:全ての人の魂の戦い

M-02:Mass Destruction

M-03:P3 fes

MC

M-04:Want To Be Close

   When The Moon'a Reaching Out Stars

M-05:Burn My Dread

M-06:霧

M-07:Soul Phrase

M-08:Breakin' through

MC

M-09:Pursuing My True Self

M-10:Your Affection

   Heatbeat, Heatbreak

   Sings Of Love

   Your Affection

M-11:Heaven

MC

M-12:Backside Of The TV

M-13:Burn My Dread -Last Battle-

M-14:Soul Drive

M-15:Deep Breath Deep Breath

M-16:Reach Out To The Truth

M-17:Found Me

MC

M-18:キミの記憶

 

〜アンコール〜

E-01:全ての人の魂の宴

MC

E-02:Bread New Days

E-03:サトミタダシのうた

E-04:Reach Out To The Truth

 

▲開場直後から物販コーナーも大盛況タンブラやICカードケースなど、ツアーグッズなどが人気を集めていた。

 

 


この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フリューのPS4完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイト&ムービーが公開! 発売日は2018年10月18日!!

フリューは、プレイステーション4向けに発売予定の完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイトとティザームービーを公開した。

Xbox Oneソフト戦略のカギを握る、マイクロソフトのマイク・イバラ氏に聞く、「ファンの方の求めるものにフォーカスしていく」【E3 2018】

マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデント グロース&エンゲージメント ディビジョンのマイク・イバラ氏へのインタビューをお届けしよう。

“セガなま”6月26日放送回は、『ぷよぷよ』プロプレイヤーがゲストに登場

セガゲームスは、2018年6月26日21時よりセガのゲーム情報をお届けするバラエティ番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”2018年6月放送回を、ニコニコ生放送、YouTube LiveおよびPeriscopeにて配信する。

『デビル メイ クライ 5』はどんなストーリー? あのキャラクターも登場? 気になる内容をスタイリッシュに解説【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンのスタイリッシュアクション最新作『デビル メイ クライ 5』の第1報をお届け!

『バイオハザード RE:2』ついに情報解禁! 解説あり、プレイインプレッションありの第1報【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンから2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用サバイバルホラー最新作『バイオハザード RE:2』の新情報をお届け!

製品版同等の冒頭3時間を無料体験版に。『オクトパストラベラー』高橋P、宮内Dに、ゲームの見どころから体験版の意図までを訊いた【E3 2018】

『オクトパストラベラー』の高橋真志プロデューサーと宮内継介ディレクターに直撃インタビュー!

『魔界塔士 Sa・Ga』など、『サガ』シリーズ3作品の楽曲を収録した映像付きサントラ『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像が公開

スクウェア・エニックスは、2018年8月8日発売予定の映像付きサウンドトラック『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像を、本日(2018年6月19日)公開した。本サウンドトラックには、『魔界塔士 Sa・Ga』、『Sa・Ga2 秘宝伝説』、『時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]』の全楽曲が収録されている。

『ソウルキャリバーVI』邪剣と霊剣を巡る物語の原点が描かれる“ソウルクロニクル”とは?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、発売日が2018年10月18日(PC版は2018年10月19日)に決定した、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ソウルキャリバーVI』の最新情報を掲載している。

『マリオテニス エース』がついに発売! インタビューを交えて、白熱間違いなしの対戦が楽しめる作品の魅力に迫る!!【先出し週刊ファミ通】

任天堂より2018年6月22日に発売が予定されているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『マリオテニス エース』。週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、ゲームの魅力に迫る発売記念記事を掲載。3名の開発のキーマンにスペシャルインタビューも実施している。

『デモンエクスマキナ』完全新作メカアクションをスクープ! 本作のキーマン・佃健一郎氏×河森正治氏へのインタビューも掲載! 【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、Nintendo Switchで発売される『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』を、佃氏と河森氏のインタビューとともにたっぷりとお届け。