携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ダライアスバースト アナザークロニクル』ロケテストプレイリポート

『ダライアスバースト アナザークロニクル』ロケテストプレイリポート

2010/8/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●シューティング好き編集者ででおが語る!

 

 2010年8月7〜8日の2日間、都内秋葉原のアミューズメントセンターHeyにて、シューティングゲーム最新作『ダライアスバースト アナザークロニクル』のロケテストが実施された。その模様を、『ダライアス』シリーズは欠かさずプレイしているシューティング好き編集者のででおがお届けします。『ダライアスバースト アナザークロニクル』は、2009年12月23日にPSP(プレイステーション・ポータブル)で発売された『ダライアスバースト』をアーケード向けにリニューアルした作品。アーケードゲームとして発売される久々の新作ということで、シューティングゲームファンから熱視線が注がれているタイトルだ。

 

DBAC_logo
kyoutai

 

retu

▲32インチモニターを2台使った大型専用筐体でいち早くプレイしようとファンが集まり、開店前から長蛇の列が……。

 

tennai

▲店内には、若いプレイヤーの姿も多く見られた。ちなみに、PSP版『ダライアスバースト』のプロデューサーを担当していたアオキヒロシ氏も来店していたぞ。

 

play

▲プレイ中の画面。座席に座ってプレイすると、中央にある画面の継ぎ目がまったく気にならなくなる。

 

 筐体はハーフミラーを使用した32:9のパノラマ画面と4人掛けのボディソニックシートを完備しており、かなりの迫力。シートに座ってみると、お尻だけでなく足元からもズンズンと重低音が感じ取れた。筐体そのものが振動しているような感覚だ。

 

 さっそくプレイ開始! 自機は“レジェンド”、“ネクスト”、“オリジン”、“フォーミュラ”の4タイプ。もちろん、新機体であるフォーミュラを迷わず選択! フォーミュラは、パワーアップしていくと幅の広い“ウェーブ”ショットを発射できるようになるが、射程が非常に短い。ボスに接近戦を挑む必要があるため、やや上級者向けの機体とも言える。

 

 コントロールパネルは、8方向レバーとショットボタン、バーストボタン、旋回ボタンという構成。自機の真下には"バーストゲージ"があり、敵や敵弾を破壊するとゲージが溜まっていく。ゲージがあるときにバーストボタンを長く押すと前方に強力な"バースト"攻撃をくり出せる。また、バーストボタンを2回連続で押すと、その場に“バーストユニット”を設置し、自機と別々に攻撃をくり出せる仕組みになっている。

 

 バースト攻撃で敵を倒すと、画面上部に表示されている倍率が最大16倍まで上がっていき、そのステージで獲得できるスコアにそのまま倍率が掛かる。スコアアタックもアツくなりそうだ。

 

 複数人による同時プレイを行った場合、長押しタイプ、設置タイプともに、互いのバースト攻撃を重ねることで増幅できるのが『アナザークロニクル』の新仕様。計画的に使えば、難所やボス戦で大いに役立ちそうだ。

 

 今回プレイした“オリジナルモード”は、全12ステージのうち3ステージをプレイできる内容で、最初のゾーンをイージー、ノーマル、ハードの3つから選択可能。とりあえずノーマルを選択し、進めてみた第一印象は、“とにかく派手”ということ。道中は敵の数がとにかく多く、“弾幕”ならぬ“ザコ幕”とでも言うべき状態に。そこへ設置型バーストを仕掛けて、敵を一掃するのがとても気持ちイイ! パワーアップアイテムも多めに出現するので、シューティングが苦手な人でも爽快感を楽しめるだろう。道中の構成はPSP版とはまったく異なり、後方から追いかけてくる敵も多く、旋回ボタンで左を向いて迎撃する感覚も新鮮だった。

 

 ボスは、エイをモチーフにした“ライトニングフランベルジュ”や、ハリセンボンをモチーフにした“ミラージュキャッスル”など、PSP版に登場したボスがほとんどだが、攻撃方法は大画面に合わせて一新されており、新鮮な感覚で戦えた。また、『アナザークロニクル』の新ボスとして、深海魚の“デメニギス”をモチーフにした戦艦も出現。泡のような弾を発射したり、画面を縦横無尽に泳ぎ回ったりと、手強い攻撃をくり出してきた。『ダライアスバースト』の特徴である、敵戦艦と自機のビームを干渉させる“バーストカウンター”も成功できたぞ。もともと難度の高いテクニックだが、PSP版よりも画面が広い分、タイミングを取りやすいと感じた。

 

 プレイを終えてみて感じたのは、1プレイで3ステージの構成は決して短くはないということ。ボス戦だけでなく、道中も濃い内容になっているため、何度もくり返しプレイしたくなるのだ。

 

 ちなみに、今回のロケテストでは200円で1プレイ(3機分)か、800円でクリアーまで遊べる。後者は、何度ミスしても無限に自機が復活する仕様で、必ず3ステージ分を堪能できる。このシステムは斬新! ライトユーザーが4人でワイワイ遊びたいときにピッタリだろう。

 

 あと、ロケテストバージョンでは未収録だったが、広大な宇宙全域を舞台にベルサー軍を撃退していく“クロニクルモード”と呼ばれるモードも収録予定とのこと。これは膨大な数のエリアを少しずつクリアーしていく内容で、エリアをクリアーしたプレイヤーは、筐体内の年表に名前が刻まれるといったものになるそうだ。これも楽しみ!

 

 なお、本作は2010年9月11日に幕張メッセで行われるアミューズメントマシンショーにも出展されるので、ロケテストをプレイしていない方は、ぜひ足を運んでみてほしい。

 


UO0218
UO0223
UO0243
UO0247
 
UO0249
UO0254
UO0265
UO0274

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ディシディアFF オペラオムニア』本日(2月22日)より『FFVIII』のアルティミシアが参戦するイベント“時間を統べる魔女”が開始

『ディシディアFF オペラオムニア』で本日(2月22日)より新イベント“時間を統べる魔女”が開始。本イベントでは、アルティミシアを仲間にできる。また、アルティミシア専用武器が登場するイベントガチャも開始した。

日本公式イベント『フォートナイト』フォートナイト フレンドリー マッチが2月23日に放送!赤髪のとも、総長ウララなどがスクワッドリーダーとなりバトルをくり広げる!

日本公式イベント“シーズン7 フレンドリーマッチ”が2019年2月23日に放送!有名人とユーチューバーが熱い試合をくり広げる!

『CoD ブラックオプス4』最新オペレーション“Grand Heist”を紹介する最新トレーラーが公開、リプレイサーは仕事で大忙しの模様

『コール オブ デューティ ブラックオプス4』において、最新トレーラーと年内に登場予定の新コンテンツの情報を公開した。 

PS4版『ヒットマン 2』にてワールド・オブ・アサシネーションの対応が開始、『ヒットマン 1』のステージが楽しめる

ワーナー ブラザース ジャパンは、プレイステーション4版『ヒットマン 2』で、ワールド・オブ・アサシネーションの対応を開始した。

『テイルズ オブ ヴェスペリア』ユーリ&レイヴンをイメージしたバッグやスニーカーなどのコラボアイテムが登場!

『テイルズ オブ ヴェスペリア』より、ユーリ・ローウェル&レイヴンをイメージした、アウター、リュック、バッグ、スニーカーが登場!

楽曲の制作秘話や歌手活動10周年の想いも語られた! 今井麻美さん20thシングル『Believe in Sky』発売記念イベント関東会場リポート

2019年2月2日、3日に行われた、声優、歌手として活動する今井麻美さんの20thシングル『Believe in Sky』の発売記念イベントの模様をお届けする。

『DOA6』豪華体験版や製品版での戦いに役立つ! 『デッド オア アライブ 6』新システムのフェイタルスタン誘発技、空中打ち下ろしバウンド技などの攻略情報をお届け!

2019年3月1日に発売される、3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』。2019年2月23日〜24日には、ほぼすべてのキャラクターが使える豪華体験版が配信される。それに先立ち、バトルに役立つ新たなシステムの解説をお届けしよう。

『バイオハザード RE:2』無料追加コンテンツ“THE GHOST SURVIVORS”を体験! ひと筋縄ではいかないやり込み要素満載だった【動画あり】

カプコンから絶賛発売中のプレイステーション4ソフト『バイオハザード RE:2』。2019年2月15日に配信された無料追加コンテンツ“THE GHOST SURVIVORS”のプレイリポートをお届け。

PS4日本発売5周年記念・PS4用ソフト売上ランキングTOP50発表。1位は『モンスターハンター:ワールド』! 2位、3位のソフトは……!?

プレイステーション4の国内発売から、2019年2月22日でちょうど5周年。ここではプレイステーション4用ソフト歴代販売本数TOP50(※ファミ通調べ。集計期間:2014年2月22日〜2019年2月3日)を紹介しよう。

『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』対戦モード紹介トレーラーが公開、“マッチメイク”や“VSモード”などの概要も公開

『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』について、本日(2019年2月22日)対戦モードの概要およびトレーラーが公開された。