携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『タクティクスオウガ 運命の輪』のバトルシステムなどの最新情報を公開

『タクティクスオウガ 運命の輪』のバトルシステムなどの最新情報を公開

2010/8/13

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●刷新されるシステム、追加されるクラスなど新たに生まれ変わる『タクティクスオウガ』

 

古の昔、

力こそがすべてであり

鋼の教えと

闇を司る魔が支配する

ゼテギネアと呼ばれる時代があった――

 

 スクウェア・エニックスからPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフトとして発売予定の『タクティクスオウガ 運命の輪』。本作は、1995年にスーパーファミコンで発売されたシミュレーションRPG『タクティクスオウガ』を、当時のオリジナルスタッフの手により再構築する作品。ストーリーは、オリジナル版のディレクター、シナリオ、ゲームデザインを務めた松野泰己氏らが加筆、修正し、新たなキャラクターやクラスも追加。さらに、ゲームシステムも刷新される。 今回は、本作のバトルシステムの詳細のほか、4つのクラスも併せて紹介する。

 

 

■ユニットとクラス

 

 主人公のデニムが率いる騎士団に所属し、ともに戦う仲間のことを"ユニット"と呼ぶ。ユニットを育成し、強化することが勝利の鍵となるのだ。ユニットは、バトルで敵を倒して経験値を稼ぎ、レベルアップすると成長する。そのほかにも武器や防具を装備させたり、クラスチェンジさせたり、魔法を覚えさせることでも強化できる。さらに、“転職証”というアイテムがあれば、武器の種別ごとや魔法などに特化した専門性の高い職業で戦うことが可能になる。そうした専門職のことを“クラス”と呼ぶ。



 

■バトルシステム

 

 本作では、バトル時に自軍と敵軍が軍単位で交互に行動するのではなく、敵味方関係なく素早いユニットから順に行動するという本作独自のシステムとなる。これにより、敵味方の攻防がつねに入り乱れる緊張感溢れるバトルを楽しめるようになっている。なお、ユニットの行動順は、"WT(ウェイトタイム)"という数値に応じて変化する。WTは敵味方を問わず、すべてのユニットに設定されている数値で、つぎに行動するまでの待ち時間のようなもの。時間の経過とともにWTは減少し、これが0になったユニットから順に行動可能になる。つまり、WTの数値が少ないユニットほど、行動順が早く回ってきやすくなるという仕組みだ。なお、WTはユニットの育成や装備の選択、バトル中に取る行動など、さまざまな要因で変動する。

 

◆WTが変動するおもな要因

武具固有WT:武具にはそれぞれに決められたWTが設定されている。装備している武具によってWTの値が変わってくるので注意が必要だ。

クラス:各クラスには、その専門性によって基本となるWTが設定されている。つまり、行動順の早いクラスと遅いクラスがあり、クラスの選択も重要になる。

バトル中の行動:待機、移動、攻撃や回復などの行動といった、バトル中の各種行動に応じて、次回の行動までのWTが変動する。

 


 

■4つのクラスを紹介

 

 ここからは、本作に登場する4つのクラスをピックアップして紹介。本作には、オリジナル版に存在しなかった新たなクラスが追加され、ユニットの性別による差がなくなり、ユニット育成の幅が大きく広がっている。さらに、ローグなど新クラスも登場。もちろん、新クラスはローグ以外にも用意されているということだ。

 

  

【ウォリアー(Warrior)】

あらゆる武器に精通しており、装備可能な武器や防具が多い。ゲームの序盤で、前衛の要となるクラスだ。オールマイティーである反面、突出した能力がないという欠点も持つ。なお、オリジナル版の初期汎用クラスは、男性は"ソルジャー"、女性は"アマゾネス"だったが、本作では性別を問わず"ウォリアー"に統一されている。


【アーチャー(Archer)】

 

遠距離から弓矢で敵を狙い撃つ、後衛タイプのクラス。弓やボウガンなどを駆使して高所から敵を狙撃し、敵の体力を削ることができる。オリジナル版では、アーチャーは女性ユニット専用のクラスだったが、本作ではすべてのクラスが見直され、性別による制限がなくなった。そのため、本作では男女ともにアーチャーに転職可能だ。

 

【ウィザード、ウィッチ(Wizard、Witch)】

                  

さまざまな魔法を駆使して戦う、後方支援型のクラス。攻撃魔法はもちろん、状態異常をもたらす魔法も使用でき、とくに序盤や混戦時などに真価を発揮する。なお、本作のMPは、時間の経過とともに回復する。そのため、魔法中心で戦うユニットの場合、WTの数値が低すぎると、行動順が回ってきても魔法を使えないということもある。

 

【ローグ(Rogue)】

 

本作で新たに登場するクラス。敵からアイテムを"スティール"(盗み取る)したり、戦闘フィールド上にトラップを仕掛けることができる。ローグに限らず、オリジナル版では、ユニットが習得できる技は魔法のみであったが、本作ではユニット育成の方向性により、さまざまなスキルを習得できるようだ。なお、スキルを習得するまでの過程は、いまのところ不明。

 

■新たな登場人物、新たなストーリー

 

 本作には、オリジナル版『タクティクスオウガ』のキャラクターたちに加え、新たなキャラクターも登場する。キャラクターイラストは、すべて吉田明彦氏と政尾翼氏のコンビによる描き下ろし。おなじみのメインキャラクターに加え、汎用ユニットもデザインを一新。オリジナル版の雰囲気はそのままに、より洗練されたグラフィックが、物語をいっそう盛り上げることだろう。

 

 


 


この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

相棒アフィンも大わらわ!? 『PSO2』でホワイトデーイベント開始!【2019年2月20日アップデート】

2019年2月20日に実施される『ファンタシースターオンライン2』の新春記念アップデート第4弾の内容を紹介!

『APEX LEGENDS』がTwitch Primeメンバー特典に登場。パスファインダーのレジェンダリースキンとAPEXパック5個が貰える!

ゲーム映像ストリーミングサービスTwitchの有料サービスTwitch Primeのメンバー特典に『Apex Legends』が登場。パスファインダーのレジェンダリースキンなどを貰える。

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。