携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “ファイアファイト”や“フォージ”など、プレイの幅がさらに広がる『Halo(ヘイロー): Reach』

“ファイアファイト”や“フォージ”など、プレイの幅がさらに広がる『Halo(ヘイロー): Reach』
【『Halo(ヘイロー): Reach』スタジオツアー】

2010/8/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●より遊び勝手がよくなった“ファイアファイト”

【『Halo(ヘイロー): Reach』スタジオツアー】(全4回)

第1回:『Halo(ヘイロー): Reach』はシリーズ最大の野心作! スタジオツアーでその全貌が判明

第2回:“ファイアファイト”や“フォージ”など、プレイの幅がさらに広がる『Halo(ヘイロー): Reach』

第3回:キーパーソンインタビュー、『Halo(ヘイロー): Reach』は10年来のファンへの贈り物
番外編:『Halo(ヘイロー): Reach』の秘蔵コンセプトアートなどを紹介


 2010年7月中旬に、全世界の取材陣を対象に行われた『Halo(ヘイロー): Reach』のスタジオツアー。ゲームをじっくりと遊べたこのスタジオツアーでは、オンラインモードである“ファイアファイト”や“フォージ”の詳細なども明らかになった。

Reach_FF_Overlook01

 “ファイアファイト”は、迫り来るコヴナントの大群に立ち向かうという、いわばサバイバルモード。前作『Halo 3(ヘイロー 3):ODST』で初めて実装され好評を博したモードで、最大4人での参加が可能となる。『Halo(ヘイロー): Reach』で“ファイアファイト”が進化したポイントは、ひと言でいうとカスタマイズ性が充実したこと。ゲームタイプや対戦時間、使用武器、敵のウェーブタイプ、プレイヤーの特徴などさまざまな要素を変更することができる。カスタマイズした“ファイアファイト”のルールは、もちろんユーザーどうしでシェアすることが可能で、『Halo(ヘイロー): Reach』のコミュニティー要素を盛り上げることになる。

 『Halo(ヘイロー): Reach』では、“ファイアファイト”に新たなゲームタイプが多数追加される。スタジオツアーで体験できたのが“VSモード”。こちらは、スパルタンとエリートが2対2にわかれてラウンド制で対戦するというもの。エリート側はAI制御のコヴナント軍による支援を受け、スパルタン側は攻撃側となって制限時間内にできるだけ多くのポイントを獲得していく。スパルタン側とエリート側はラウンドごとに攻守を入れ替えることになる。エリートのときはスコアが入らず、スパルタンのときのスコアで勝敗を競うことになる。エリートになってスパルタンに相対するというゲームプレイは、従来とはまたひと味違う楽しさがある。

 そのほかでは、攻撃してくるコヴナント軍のウェーブからジェネレーター(発電機)を守るという“ジェネレーターディフェンス”や、ロケットランチャーを駆使して敵に立ち向かう“ロケットファイト”、グラントを相手に戦う“グラントポカリプス”などのルールで楽しむことができる。“グラントポカリプス”では、グラントにヘッドショットを決めると紙吹雪が舞うという趣向が凝らされている。『Halo(ヘイロー): Reach』における“ファイアファイト”は、大きくゲームプレイの幅が広がったようだ。

 “ファイアファイト”で使用されるマップは、『Halo(ヘイロー): Reach』のキャンペーン用のマップをベースにアレンジされている。“Beachhead(ビーチヘッド)”と“Waterfront(ウォーターフロント)”のふたつはE3で発表されたが、今回明らかにされたのが“Courtyard(コートヤード)”と“Overlook(オーバールック)”の2種類。“Courtyard(コートヤード)”は、海軍情報局(ONI)施設の中庭のステージで、“Overlook(オーバールック)”は険しい荒野におかれた入植者向け施設となる。以下、現在までに判明している4つの“ファイアファイト”のマップを紹介しよう。

■“Courtyard(コートヤード)”
海軍情報局(ONI)施設の中庭。歩道や続き部屋のほか、身を隠す場所が豊富。新たなる乗り物としてフォークリフトなども用意されている。

Reach_FF_Courtyard01
Reach_FF_Courtyard02
Reach_FF_Courtyard03
Reach_FF_Courtyard04
Reach_FF_Courtyard05
Reach_FF_Courtyard06


■“Overlook(オーバールック)”

険しい荒野に置かれた入植者向け施設。砲台を拠点としながら、コヴナント軍が川を横切るのを阻止する。

Reach_FF_Overlook02

Reach_FF_Overlook03

Reach_FF_Overlook04

Reach_FF_Overlook05

Reach_FF_Overlook06

Reach_FF_Overlook07


■“Beachhead(ビーチヘッド)”
ニューアレクサンドリアの都市を見渡す草地の丘にある大きな公園での戦い。ワートホグとマングースを使える。

Reach_E310_Firefight_Beachhead01
Reach_E310_Firefight_Beachhead02
Reach_E310_Firefight_Beachhead03
Reach_E310_Firefight_Beachhead04
Reach_E310_Firefight_Beachhead05
Reach_E310_Firefight_Beachhead06


■“Waterfront(ウォーターフロント)”
惑星リーチの山奥にある水処理施設。夜間での戦いとなる。

Reach_E310_Firefight_Waterfront01
Reach_E310_Firefight_Waterfront02
Reach_E310_Firefight_Waterfront03
Reach_E310_Firefight_Waterfront04
Reach_E310_Firefight_Waterfront05
Reach_E310_Firefight_Waterfront06


●使い勝手が格段によくなる、マップ編集機能の“フォージ”

DSC_6514

▲“フォージ”担当のチャッド・アームストロング氏。

 さらに、スタジオツアーで明らかにされたのは“フォージ”の搭載。“フォージ”はマルチプレイヤーマップの編集機能で、『Halo 3(ヘイロー 3)』についでの採用となる。MOD(ゲームソフトの簡易拡張パック)の盛んな北米では、マップの編集機能はよほどうれしいものらしく、後日一般のゲームファンに“フォージ”の情報がお披露目されたときは、会場から大きな歓声が上がっていたほどだ(Comic-Con International 2010にて)。家庭用ゲーム機では類をみない機能の“フォージ”だが、『Halo(ヘイロー): Reach』では“フォージ2.0”として、さらに進化。武器やオブジェクト、主要構成要素のレイアウトの変更、移動、追加、削除、配置などをさらに快適に行うことができるようになる。“フォージ2.0”では、“高度で直感的なカメラコントール”、“オブジェクトを浮かせ、所定の位置に固定する”、“オブジェクトを環境やほかのオブジェクトに貫通させる”、“回転角度を5度〜90度まで5段階で設定できる、といった新機能を実装している。“フォージ”担当のチャッド・アームストロング氏はこう語る。


Reach_ForgeworldObjects

 「『Halo 3(ヘイロー 3)』で初めて“フォージ”を導入したのですが、コミュニティーの方の話を聞くと、アイテムを設置してマップを設定する以上のことを要求していることがわかりました。ただ、前作の“フォージ”で問題になったのは、設定をする作業がトランプカードで組み上げたように不安定なために、まともなマップを作るのに時間がかかったこと。たとえば、ふたつの箱をちゃんと並べるといった単純なことをするのにも時間がかかりました。そこで『Halo(ヘイロー): Reach』の“フォージ”では、プロセスをできるかぎりスムーズにして、無駄なことは省いてマップをできる限り簡単に作れるように心掛けたんです」(アームストロング)

 その“フォージ”をより自由に使いこなすための空間が“フォージワールド”だ。『Halo(ヘイロー): Reach』のすべての対戦マルチプレイヤーマップは、ある程度“フォージ”に対応しているが、もっとも“フォージ”を有効に使えるのは“フォージワールド”。「“フォージワールド”は、“フォージ”のために用意された巨大なキャンパスのようなものです」(アームストロング)という。“フォージワールド”は『Halo(ヘイロー)』シリーズのマルチプレイヤー空間としては過去最大の広がりを持ち、いくつかの特徴のある“ゾーン”を持っている。また、カスタマイズのためのライブラリも豊富で、用意されたオブジェクトは150を超える。その内容は、小型のブロックやスロープ、階段の踊り場まで多岐にわたる。

Reach_Forgeworld05
Reach_Forgeworld04
Reach_Forgeworld03
Reach_Forgeworld02
Reach_Forgeworld01


 今回のスタジオツアーでは、“フォージワールド”に収録されている3つのマップが紹介された。“Hemorrhage”と“Pinnacle”、そして“The Cage”だ。

■“Hemorrhage(ヘモリッジ)”
1作目の『Halo(ヘイロー)』で大人気を博した“Blood Gulch”のリメイクマップ。地形などは『Halo 2(ヘイロー 2)』の“Coagulation”を彷彿させる部分もあり、両方のマップのハイブリッドとのこと。“Blood Gulch(血の渓谷)”、“Coagulation(凝血)”、“Hemorrhage(流血)”と意味も通じているらしい。『Halo(ヘイロー): Reach』に新しく登場する武器や乗り物、アーマーアビリティーなどもすべて追加されている。

Reach_MP_Hemorrhage05
Reach_MP_Hemorrhage06
Reach_MP_Hemorrhage01
Reach_MP_Hemorrhage02
Reach_MP_Hemorrhage03
Reach_MP_Hemorrhage07
Reach_MP_Hemorrhage08
Reach_MP_Hemorrhage09


■“Pinnacle(ピナクル)”
大きな岩石が特徴の“Pinnacle”は、『Halo 2(ヘイロー 2)』の“Ascension”のリメイクマップ。

Reach_MP_Pinnacle01
Reach_MP_Pinnacle02
Reach_MP_Pinnacle03
Reach_MP_Pinnacle04
Reach_MP_Pinnacle05
Reach_MP_Pinnacle06


■“The Cage(ザ・ケージ)”
本作のためのオリジナルマップ。“フォージワールド”ので使用可能なオブジェクトのみで作り上げているのが特徴。スレイヤーで遊ぶのに最適と言える。

Reach_MP_theCage01
Reach_MP_theCage02
Reach_MP_theCage03
Reach_MP_theCage04
Reach_MP_theCage05


 さらに、“フォージワールド”のマップとして、スタジオツアーでは“Grand Tour“がプレイ可能だった。こちらはレース用のマップで、チェックポイントを通過するたびに得点が加算されていくというもの。“フォージ”のゲームプレイの幅広さを示すマップと言える。プレイヤーが“フォージ”で作ったマップは最大8人までが参加してのマルチプレイが可能。“フォージ”によりどのようなコミュニティーが作り上げられていくのか、興味深い。

 ここでは、Comic-Con International 2010でお披露目された“フォージワールド”のオリジナルプロモーション映像を紹介しよう(英語で字幕なし)。“フォージ”の魅力の一端に触れてほしい。なお、字幕がついた日本語対応のバージョンは近日中にマイクロソフトのサイトなどで公開予定だ。



●マルチプレイヤー用の3つのマップが新たにお披露目

 新情報はこれだけに留まらない。スタジオツアーでは新しいマルチプレイ用のマップとして、“Zealot(ゼロット)”、“Reflection(リフレクション)”、“Spire(スパイア)”の3つが初お披露目された。以下、その概要を紹介する。

■“Zealot(ゼロット)”
『Halo 2(ヘイロー 2)』の“Midship”を思わせるシンメトリーが特徴のマップ。4対4のアクションが基本で、5つのマンキャノン(スパルタンなどを射出する装置)が用意されている。“Zealot”では、ふたつの層で戦いが展開されるが、マンキャノンを駆使することで3つめの層まで運んでくれる。3つめの層は宇宙空間となるので重力が低い。ちなみに、マルチプレイヤー・デザインリードのクリス・カーニー氏によると、「マンキャノンがとても気に入っているので、すべてのマップにできるだけ多くのマンキャノンを入れるようにしている」のだとか。

02Reach_MP_ZealotArmorLock
08Reach_MP_ZealotSword
06Reach_MP_Zealot05
03Reach_MP_Zealot01
04Reach_MP_Zealot02
05Reach_MP_Zealot03
07Reach_MP_Zealot06


■“Reflection(リフレクション)”
『Halo 2(ヘイロー 2)』で人気を集めた“Ivory Tower”のリメイク。「私たちは“Ivory Tower”をとても気に入っていて、プレイしやすいように変更を加えました。さらに、イメージも刷新して環境アーティストが“禅ガーデン”のような感じに作り変えているんですよ」(カーニー)とのこと。“Reflection”にも3つのマンキャノンがある。「マンキャノンは“リフトデバイス”であり、マップの中に横だけでなく、縦の動きを作ることを目的としています。マルチプレイではお互いの周りを回りながら水平移動をしてプレイすることが多いので、垂直方向に動けるリフトデバイスを作る努力をしているんです」(カーニー)とのことらしい。

Reach_MP_ReflectionSniper
Reach_MP_Reflection01
Reach_MP_Reflection02
Reach_MP_Reflection03
Reach_MP_Reflection04


■“Spire(スパイア)”
マルチプレイヤーβテストで初お披露目されたゲームタイプ“Invasion(インベーション)”(※)に適したマップ。このマップでは、スパルタンが攻撃側に立って、エリートが防御するビーチヘッドを制圧していくことになる。

01Reach_MP_SpireInv
02Reach_MP_SpireAssassinate
03Reach_MP_SpireSplode
Reach_MP_Spire01
Reach_MP_Spire02
Reach_MP_Spire03
Reach_MP_Spire04
Reach_MP_Spire05
Reach_MP_Spire06
Reach_MP_Spire07
Reach_MP_Spire08


※“Invasion(インベーション)”:スパルタンとエリートの6対6に分かれてデータコア争奪戦を展開する『Halo(ヘイロー): Reach』から採用されたマルチプレイ用のゲームタイプ

●新たなアーマーアビリティーの“ホログラム”も判明

01Reach_MP_ZealotHolo

 『Halo(ヘイロー): Reach』のマルチプレイヤーβテストの参加者ならば、新要素としてアーマーアビリティーが追加されたことはご存じのとおり。エネルギーを再チャージすることで何度でも使用できる特殊アクションのアーマーアビリティーだが、新たなアーマーアビリティーとして“ホログラム”が明らかに。“ホログラム”では、自分の分身を作り出して、囮などになってくれる便利なアーマーアビリティーだ。

 こうして、スタジオツアーで明らかになったマルチプレイ用の新要素を見るだけでも、いかに『Halo(ヘイロー): Reach』が、既存のファンを大切にしつつも、さらにゲームプレイの間口を広げるべく注力しているかがわかる。マルチプレイの楽しさでは定評のある『Halo(ヘイロー)』シリーズだが、さらなる高みを目指そうとする、開発陣の気概が感じられる。

※『Halo(ヘイロー): Reach』の詳細はこちら

[関連記事]
※バンジー最後の『Halo(ヘイロー)』シリーズとなる“10年の集大成” 『Halo(ヘイロー): Reach』
※新たなるマルチプレイ・ワールドの幕開け! 『Halo(ヘイロー): Reach』プレイ・インプレッション
※シリーズ最大規模の進化を誇る『Halo(ヘイロー):Reach』がついにそのベールを脱ぐ
 

【『Halo(ヘイロー): Reach』スタジオツアー】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シアタールームVR』のβテストが7月4日より実施、今回は『スパイダーマン:ホームカミング』と『バイオハザード:ザ・ファイナル』の3D映像版!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション VR用動画視聴アプリ『シアタールームVR』で、初となるハリウッド映画(3D映像版)のβテストを2018年7月4日より実施することを発表した。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』新曲も聞けるCGライブのリハーサル映像が公開! コラボグッズやコラボフード情報も

バンダイナムコアミューズメントは、国内最大級のVRエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”にて、施設型CGキャラクターイベント“CG STAR LIVE”の第2弾コンテンツとして、2018年7月13日より公演を開始する“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party”のリハーサル映像を公開した。

『キングダム ハーツ』をデザインした婚約指輪とモノグラムバングルが6月22日に発売

大人のための本格的なキャラクタージュエリー・グッズなどを扱うブランドU-TREASUREは、『キングダム ハーツ』シリーズの婚約指輪とモノグラムバングル2種類を2018年6月22日より発売する。

“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”6月11日〜6月17日のオススメ実況動画をピックアップ!

“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”6月11日〜6月17日の期間内に大きな注目を集めた動画をピックアップしてお届け。今週の動画ランキング一位は先週に引き続き、茶々茶さんによる『MH:W』実況プレイが獲得。

『ワンダーボーイ』シリーズへのオマージュ全開なアクションRPG『Aggelos』がSteamで配信開始

海外パブリッシャーのPQubeが配信開始したアクションRPG『Aggelos』を紹介。

『PUBG』のプレイヤー数が4億人を記録 記念セールや新たなアイテム販売形式の情報も

PUBG Corp.は、サービス中のバトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』において、PC版、Xbox One版、モバイル版を合わせたプレイヤー総数が、4億人を突破したことを発表した。

『サイヴァリア デルタ』新モード“オンラインランキング”などを紹介するPV第2弾を公開、『サイバトラー』より“ブランシュ”がDLCで参戦決定

シティコネクションは、2018年8月30日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用シューティングゲーム『サイヴァリア デルタ』について、本日(2018年6月20日)より新モード“オンラインランキング”などを紹介するPV第2弾を公開。合わせて、同梱されるダウンロードコンテンツの内容を発表した。

『GT SPORT』“マニュファクチャラーカップ”最上位の日産ドライバーをポリフォニーデジタルに招待

『グランツーリスモSPORT』で6月19日より開催されているesportsイベントレース“FIA公認グランツーリスモ・マニュファクチャラーシリーズ・チャンピオンシップ”。日産自動車は、本大会で最上位の結果を出した日産ドライバーを富士スピードウェイで開催されるニスモフェスティバルおよび、ポリフォニー・デジタル本社に招待すると発表した。

『インペリアル サガ』新ルートの開発が発表! 『サガスカ 緋色の野望』実機プレイ披露も行われた3周年記念イベントをリポート

スクウェア・エニックスの『インペリアル サガ』の3周年を記念した公式生放送、“インペリアル ナマ #04 in STORIA”のリポート記事を掲載する。