携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 東芝 新型CELLレグザを含む3D対応テレビ4機種を発表

東芝 新型CELLレグザを含む3D対応テレビ4機種を発表

2010/7/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●全シリーズが3D映像・3Dゲームに対応した最上位ラインアップ

 

YOS_7836

 

 

 東芝は、液晶テレビREGZAシリーズのフラッグシップモデル『CELL REGZA』の新シリーズ2モデルを含む、全4シリーズの新型3D対応テレビを発表した。これらの新型製品は、2010年8月下旬より、順次発売予定となっている。

 

 CELL REGZAは、2009年に発売され話題を呼んだ“CELLプロセッサ”搭載の高機能液晶テレビ。

新型CELL REGZAは、メガLEDパネルの採用で高水準の黒と白のコントラストを実現した、最高峰の3D画質を誇る『CELL REGZA X2』と、高画質3D対応と多機能性はそのままに、薄型デザインにシフトした『CELL REGZA SLIM XE2シリーズ』の2機種。

 

 ほかに、4倍速液晶のLEDパネルを採用し、3Dに対応した『REGZA ZG1シリーズ』と、デザイン性と環境機能を両立した3D対応の“エコロジカルスタイリッシュモデル”の『REGZA F1シリーズ』も発表された。

 

 

■ゲームとも好相性 会場では『ファイナルファンタジーXIII』の3D映像も

 

 今回発表された全機種にはREGZAの2010年春モデルに搭載された“新ゲームモード”が標準搭載されている。映像遅延を約1.2フレームにまで低減する“ゲームダイレクト2”や、高画質化処理をしつつPSPのゲームを画面いっぱいに表示できる“ポータブルズーム”機能、ドットグラフィックのゲームをくっきり表示できる“レトロゲームファイン”がすべて利用できる。また、3Dのゲームにももちろん対応。PlayStation Networkで配信中のプレイステーション3用3Dゲームタイトルなどを、迫力ある3D映像で遊ぶことが可能だ。

 

 また、今回の発表会場では、2010年の初頭に一部映画館の劇場広告映像で放映されていた、『ファイナルファンタジーXIII』の3D映像が流されており、報道陣の関心を呼んでいた。

 

 

YOS_7856
YOS_7892

 

 

以下が、今回発表された新製品の全ラインアップ。

 

■CELL REGZA X2

 

55X2_kihon_hi_0722

 直下型LEDにより、業界トップクラスのピーク輝度を誇るバックライトを実現した最高画質の3D対応モデル。3D超解像技術により、精細感のある3D映像を実現している。CELLの演算力を駆使した、“CELL REGZA 2D3D変換”で、通常の2D映像を3Dに変換して楽しむことも可能。また、Wスキャンハイスピードクリア4倍速の採用で、スピーディーな映像における残像を低減している。

 CELL REGZAで好評だった、時間を遡って過去の放送を視聴できる機能も、“タイムシフトマシン2”として進化。3TBの内蔵HDDに加え、USBハードディスクも最大8台まで接続可能だ。

型番

サイズ

発売予定次期

店頭予想価格

55X2

55型

2010年10月下旬

100万円前後

 

■CELL REGZA SLIM XE2シリーズ

 

55XE2_kihon_hi_0722

 CELL REGZAとしての高画質かつ多機能性はそのままに、業界最薄の奥行き29mm(※1)を実現した、スリムタイプの新型CELL REGZA。エッジライト型LED液晶と3D超解像技術で、美麗な3D画質を実現。

 ハイスピードクリア4倍速による残像低減や、CELL REGZA 2D3D変換、タイムシフトマシン2など、X2とほぼ同等の機能を備えたまま、価格を抑えた2サイズで展開される。

型番

サイズ

発売予定次期

店頭予想価格

55XE2

55型

2010年10月上旬

70万円前後

46XE2

46型

2010年10月上旬

60万円前後

 ※1 46V型以上の日本国内向けデジタルハイビジョン液晶テレビにおけるテレビモニター(卓上スタンドを除く)の奥行き。(2010年7月28日現在)

 

■3D対応&LEDバックライト搭載 REGZA ZG1シリーズ

 

55ZG1_kihon_0722

 『REGZA Zシリーズ』の最新型として、3D対応やハイスピードクリア4倍速液晶を搭載したハイクラスモデル。コアチップを2基搭載した“レグザエンジンDuo”を採用している。

 “高画質2D3D変換”機能やLAN及びUSBハードディスク対応の録画機能、ゲームモードなど、多彩な機能性が魅力。

型番

サイズ

発売予定次期

店頭予想価格

55ZG1

55型

2010年10月下旬

45万円前後

47ZG1

47型

2010年10月下旬

35万円前後

42ZG1

42型

2010年10月下旬

28万円前後

 

■3D対応&LEDバックライト搭載 REGZA F1シリーズ

 

55F1_kihon_hi_0720

 デンマークのデザイナー、ヤコブ・イェンセンとコラボレートした、スタイリッシュなデザインが特徴のモデル。業界最小(※2)の年間消費電力量を始めとするエコ性能と、業界最薄(※2)の29mmの奥行きを両立。

 3D映像視聴やハイスピードクリア4倍速表示にも対応し、画質にもこだわった高機能&デザインモデル。

型番

サイズ

発売予定次期

店頭予想価格

55F1

55型

2010年8月下旬

43万円前後

46F1

46型

2010年8月下旬

33万円前後

  ※2 46V型以上の日本国内向けデジタルハイビジョン液晶テレビにおいて。(2010年7月28日現在)

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。