携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『MEGA MAN UNIVERSE』以外の『ロックマン』シリーズも開発中! カプコンの誇る怒涛のラインアップをお披露目

『MEGA MAN UNIVERSE』以外の『ロックマン』シリーズも開発中! カプコンの誇る怒涛のラインアップをお披露目
【Comic-Con International 2010】

2010/7/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『MEGA MAN UNIVERSE』を発表

 2010年7月22日〜25日(現地時間)、アメリカ・サンディエゴにてキャラクターコンテンツの祭典“Comic-Con International 2010(コミコン)”が開催。ゲームメーカーも注力する、このイベントの模様をリポートする。

 日本メーカーの中でも積極的にコミコンへの取り組みを見せるカプコンは、開催期間中に4つのセッションを予定している。開催初日にあたる2010年7月22日に行われたのが、“Capcom 2010 and Beyond!”。そのタイトル名のとおり、北米のファンに向けてカプコンの2010年以降の主要ラインアップをお披露目するというもの。用意された大型ホールは来場者でいっぱいで、カプコンの北米における高い人気をうかがわせた。紹介されたタイトルは、『MEGA MAN UNIVERSE』とニンテンドーDS用ソフト『ゴーストトリック』、『大神伝〜小さき太陽〜』、それにWii、プレイステーション3用ソフト『戦国BASARA 3』、プレイステーション3、Xbox 360配信タイトル『Bionic Commando Rearmed 2』の5タイトル。いずれもプロデューサーによるゲームの紹介+映像の上映という形でプレゼンが行われた(プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『デッドライジング2』と『マーヴル VS. カプコン3 フェイト オブ トゥー ワールド』は個別のセッションがあるため、この場では映像上映のみ)。

 セッションでひと際注目を集めたのは、稲船敬二氏みずからが明らかにした新タイトル『MEGA MAN UNIVERSE』。『ロックマン』が海外では『MEGA MAN』と呼ばれていることはご存じのとおりだが、この『MEGA MAN UNIVERSE』は『ロックマン』シリーズの最新作。まずは、本作のディレクションを担当する伊藤亜紀子氏が「『MEGA MAN』をいちばん愛してくださっている北米のファンの前で、産みの親である稲船といっしょに、世界でいちばん最初に『MEGA MAN』の新作の発表をできることをすごくうれしくて、光栄に思います。発売まで長い時間があるのですが、ぜひ皆さんといっしょに楽しんでいきたいと思っています」と挨拶をした。
 

CA06

CA04

▲『MEGA MAN UNIVERS』を発表する稲船敬二氏(左)と伊藤亜紀子氏(右)。北米での『MEGA MAN』の人気の高さに感慨深げ。


CA05

 そして稲船氏は『ロックマン』20年の歴史を振り返り「日本では『MEGA MAN』という響きはあまりかっこよくないので最初は気に入らなかった」と当時を回想。「せめて『MEGA MAN』のパッケージにおじさんを使うのはよしてほしかった」と続けて会場を笑わせた。北米のファンが『MEGA MAN』をずっと愛し続けているのは稲船氏にとってやはりうれしいことのよう。多くの北米のファンから「自分が『MEGA MAN』の世界一のファンだ」と聞かされたという稲船氏は、会場に向かって「自分が世界一の『MEGA MAN』ファンだと思っている人はいますか?」と問いかけ、何十人もの手が上がっているのを見るや、「(カプコンブースにある)リングの上で、本当に殴り合いをして勝った人が世界一の『MEGA MAN』ファンだと認定します」と冗談を言って、さらに会場を爆笑の渦に包んだ。

 今回の発表にあわせてサイトなどで公開された『MEGA MAN UNIVERSE』のトレーラーは、ゲーム映像などは一切なく、極めてイメージ的な内容。これに対して稲船氏は「ファンにはいろいろな『MEGA MAN』のイメージがあります。『1』が好きな人もいれば、『X』から始めた人もいる。どの『MEGA MAN』が好きかは人により異なると思います。『MEGA MAN UNIVERSE』は8ビットのテイストを残しつつ、すべての『MEGA MAN』に喜んでもらえるものを……ということで立ち上がっています。もし、この『MEGA MAN』をプレイしたら、『MEGA MAN』だけではなく、カプコンのキャラやカプコン以外のキャラも参加することができたら……みたいな気持ちで作っています」とのこと。すべての『MEGA MAN』ファンの夢をかなえてくれるのが『MEGA MAN UNIVERSE』だという。「世界中のすべてのファンをつながれるゲームになる」(稲船)だというのだ。ゲームの詳細は明らかにされなかったが、『MEGA MAN UNIVERSE』は「自分が絶対にやってみたかった作品」(稲船)という、相当の意欲作であるようだ。

 そして最後に稲船氏は、「来てくれたファンのために」爆弾発言を。『MEGA MAN』シリーズは、『MEGA MAN UNIVERSE』以外にもまだまだ作っているというのだ。何とは言えないが近いうちに発表する予定であると稲船氏は明言。「皆さんが期待しているタイトルです」(稲船)とのこと。『MEGA MAN』=『ロックマン』シリーズは今後もアツい!

 また、『戦国BASARA 3』のプレゼンでは、プロデューサーの小林裕幸氏が登壇。海外では『Sengoku Basara Samurai Heroes』として知られる同作だが、小林氏はゲームの概要を紹介。「楽しくスタイリッシュな要素が満載のアクションゲームです。アクションが苦手な方でも楽しめますし、アクションゲームが得意な方はさらにやり込めます」と説明した。『Sengoku Basara Samurai Heroes』は、北米ではこの秋発売予定とのことだ。

 『大神伝〜小さき太陽〜』では、プロデューサーの江城元秀氏が「『大神』の“筆しらべ”がニンテンドーDSのタッチスクリーンを使うことで、新しい形に生まれ変わって、よりスムーズに“筆しらべ”をすることができるようになりました。プレイヤーは自由にゲームの世界に筆を走らせて、さまざまな奇跡を起こすことができます」とプレゼン。北米では2011年当初の発売になるという『大神伝〜小さき太陽〜』の魅力をアピールした。

 『ゴーストトリック』のプレゼンをしたのはプロデューサーの竹下博信氏。海外でも評価の極めて高い『逆転裁判』シリーズを手がけた巧舟氏の最新作が『ゴーストトリック』であるとした竹下氏は、「『逆転裁判』で評価されたシナリオがまったく新しい形でおもしろくなっています。『逆転裁判』シリーズは1話完結でしたが、今回は長編ミステリという新しい形に挑戦しています。30人以上の個性的なキャラクターが登場する群集ミステリを目指しています。ニンテンドーDSでこれだけ動くのか? というなめらかな動きは必見です」とのことだ。『ゴーストトリック』は北米では2010年冬発売予定だ。

 カプコンのそうそうたるプロデューサー陣が参加しての“Capcom 2010 and Beyond!”。来場者はカプコンの誇る2010年以降のタイトルラインアップを堪能したようだ。

CA01

CA02

CA03

▲左から、小林裕幸氏、江城元秀氏、竹下博信氏。カプコンの誇るプロデューサー陣が集結。

※[関連記事]カプコンが謎のタイトル『MEGA MAN UNIVERSE』のロゴと映像を発表

【Comic-Con International 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。