携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PSP用ソフト『けいおん! 放課後ライブ!!』キャスト陣にインタビュー

PSP用ソフト『けいおん! 放課後ライブ!!』キャスト陣にインタビュー

2010/7/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●キャスト陣に直撃

 

 セガから2010年9月30日発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『けいおん! 放課後ライブ!!』。本作は、大人気アニメ『けいおん!』が題材のリズムアクションゲーム。オープニング曲『Cagayake!GIRLS』やエンディング曲『Don’t say “lazy”』など、アニメでもおなじみの曲に合わせてボタンを押していく。また、全曲リードギター、ベース、ドラム、キーボード、リズムギターの5つの楽器パートが用意されており、同じ曲でも別のパートを選ぶことでまったく違うリズムゲームを楽しむことができる。さらに、アドホック通信機能を使うことで、最大5人での協力プレイも可能。まるでバンドセッションのようなプレイが楽しめる。

 

けいおん

 

けいおん

けいおん

けいおん

けいおん

けいおん

けいおん

 

けいおん

 

 ここでは、『けいおん! 放課後ライブ!!』に出演する、琴吹紬役の寿美菜子、秋山澪役の日笠陽子、平沢唯役の豊崎愛生、中野梓役の竹達彩奈、田井中律役の佐藤聡美へのインタビューをお届けしよう。

 

けいおん

 

――ゲームの音声を収録したときのエピソードや思い出などを教えてください。

 

寿 ゲームの収録はひとりで行ったので、みんなでの思い出というのはないのですが、収録時期が『けいおん!』1期と2期のあいだだったので、久しぶりにムギを演じられてすごくうれしいなと思いながら、楽しく収録させてもらいました。

 

日笠 ずっと心の中にほかの4人がいるので、みんなの言葉を思い出しながらやれました。ひとりでの収録でしたが、いつもみんなが側にいてくれるような感覚で収録できました。

 

豊崎 久しぶりに唯ちゃんの声を演じさせていただくことができて、すごくうれしかったです。ライブシーンのアフレコが好きなんですけど、ゲームの中では賑やかなストーリーが続いていたり、ライブシーンがたくさんあるのでテンション高く収録させていただきました。『けいおん!』ファンの皆さんのお気に入りのセリフもみんな個々にしゃべっているのでぜひ探してみてください。

 

竹達 梓ちゃんの声を演じさせていただくのが久しぶりだったので、最初はちょっと「梓ってどうやってしゃべっていたっけ?」と思い出すのがたいへんでした(笑)。でもやっていくうちにみんなとの掛け合いを思い出して「梓ってこんな子だった!」みたいな感じで楽しく収録させていただきました。内容としては、1期で聞いたことがあるようなおなじみのセリフだったり、5人がワイワイキャッキャしている姿がゲームの中でも見られたので、とても楽しかったです。

 

佐藤 自宅で台本のチェックをしているときに、自分以外のキャラクターの声がなんとなく聞こえてきて、収録はひとりでしたけど、ひとりじゃないんだなって思いながら収録していました。律はわりと元気にはしゃいだりワーって叫んだりするセリフが多いので、収録した時期はそんなに暑い時期ではなかったんですけど、私はブース内で汗だくになっていました。アニメ同様、ゲームでも一体感や5人の仲のよさをすごく感じていただける内容になっていると思います。あと、季節とリンクしたセリフも聞けたりするので、私もゲームの完成が楽しみです。

 

――PSP用ソフト『けいおん! 放課後ライブ!!』をプレイされての感想を教えてください。

 

寿 5人でセッションしたんですけどとっても楽しかったです。『けいおん!』のライブで実際に楽器を使ってセッションしたことはあったんですけど、ゲームではみんなで楽器ごとに音を奏でることができるのでビックリしました。もっと遊びたかったです。そして、これらたくさん遊びたいと思います。

 

日笠 この『けいおん! 放課後ライブ!!』はなんと5人でプレイできちゃうんです! 放課後ティータイムは5人でひとつなので、5人でそれぞれの楽器のパートを担当できるのがすごくうれしかったです。みんなでそれぞれの楽器のパートをプレイしたんですけど、実際の楽器を弾くのとは別の難しさや楽しさがあって、皆さんもきっとワクワクしながら遊んでいただけるんじゃないかなと思っています。あと、日常のところで小さいキャラクターたちが寝たりするんですけど、そこだけでも本当にかわいいので、男性だけじゃなく女性にもプレイしていただきたいです。

 

豊崎 『ふわふわ時間』を5人でセッションしたんですけどすごく楽しかったです。キャラクターの3Dが本当にかわいいし、グラフィックもすごくかわいくって「あ〜(ハートマーク)」と思いながらプレイしていました。でも、途中から中の人の意地を見せなくてはと思って、ガチでプレイしたら見事にSランクを取ることができました! ゲームの中ではMCパートもありまして、ボタンを押すと「みんなありがとー」って唯ちゃんが言ったり、私たちのボイスが出るんですけど、そこが新しくておもしろいなーって思いました。みんなで遊んでいるときはMCパートをミスってしまい、自分でしゃべりましたけど(笑)。とっても楽しかったです。

 

竹達 音ゲーがあまり得意ではないんですけど、苦手意識が吹き飛んでしまうくらいとても楽しかったです。自分が演じさせていただいているキャラが活き活きと演奏している姿をPSPの画面で見ることがすごくうれしくて、演奏している姿を見るのに夢中でボタンを押すのを忘れてしまいました(笑)。気がついたときには梓のテンションがダウンしていてすごく悲しい顔になっていたんですけど、がんばったら「テンションアーップ」と言って梓がニコニコしながら弾いてくれてとても楽しかったです。私たちも実際に楽器を弾く練習をしたことがあったんですけど、そのときのことを思い出したりしました。

 

佐藤 “楽しい”というひと言に尽きるゲームだと思います。音楽に合わせてタイミングよくボタンを押していくっていうおもしろさがあるんですけど、いろいろな視点(パート)で楽曲を演奏できるところも魅力ですね。みんなで遊んだときは、それぞれが演じているキャラクターの楽器を担当したんですけど「これがキーボードだったら、ベースだったら、ギターだったらぜんぜん違うリズムになるのかな?」って思いながらプレイしていました。私はまずドラムを制覇してからほかの楽器に挑戦したいです。

 

――演じているキャラクターの好きなところや、演じるときに気をつけているところはありますか?

 

寿 ムギちゃんの全部が好きなのでピックアップするのは難しいですね。お芝居しているときに気をつけているのは、ムギちゃんの呼吸かなって思います。のんびりゆったりしているところが多いので。ゲーム中、みんなで声を合わせて「ありがとう」とか、「放課後ティータイムです」って言うセリフがあるんですけど、ムギはみんなとのペースが違うのでいろいろ考えながら演じました。

 

日笠 アニメでもゲームでも澪を演じるときに気をつけている点はナチュラルさです。ひとりの人間としてひとりの女の子として、心の底から怖がったり泣いたりっていうのをナチュラルにできるように心掛けています。ゲームではアニメには出てこないような女の子らしい澪のセリフもあったりするので、新たな澪を見ていただけたらなと思います。

 

豊崎 唯ちゃんは演じていて楽しくなるキャラクターで、いつもいっぱいいっぱいパワーをもらっています。アフレコ現場ではのびのびと活き活きと唯ちゃんらしく演じられるように心掛けていて、アドリブも唯ちゃんらしさをどんどん乗せていけるように気をつけています。音楽が好きでみんなといるのが楽しくて、歌っていると笑顔になっちゃうようなかわいい女の子なので、私はそういうところが唯ちゃんの中でいちばん好きな部分です。私も演じていて楽しいし、唯ちゃんも歌っていて楽しいという気持ちをリンクさせながら演じています。ゲームではコンボが続くと唯ちゃんのテンションがどんどん上がって、2期後半オープニングぐらいのテンションになるはずなので、唯ちゃんを元気にさせてあげてください。

 

竹達 最近のあずにゃんはやわらかくなってきていて、最初は頭かっちりで融通が利かないというか生真面目な子でしたけど、2期になってからははしゃぐようになってきていて、真面目さを残しつつどれだけはしゃげるかというのを気をつけています。あと、5人の中であずにゃんはつっこみの位置にいるので、先輩に対しての尊敬の感情を忘れずに、きつくなりすぎないように、小さくてかわいらしいイメージを崩さないようにつっこまないといけないなと考えながら演じています。

 

佐藤 りっちゃんは瞬間湯沸かし器みたいな女の子で、ころころ表情が変わるところが最大の魅力だと思っています。部長になれるからという理由で軽音部を立ち上げてみんなを巻き込んである意味台風の目みたいなところとか、みんなをグイグイ引っ張っていこうっていう強引な部分が多々見受けられますが、本当はちゃんとみんなのことを見ていてみんなが安心できるように、気持ちよく演奏できるように気遣ったりっていう部長らしさややさしさがある子です。元気なだけじゃなくてじつはちょっと繊細っていうところが、りっちゃんの好きなところです。演じる上で気をつけていることは、口調が強くなったり、男の子言葉をよく使うキャラクターなので、きつくならないように心掛けています。やさしさやコミカルさでやわらかさを出せるようにいつもいろいろ考えています。

 

――PSP用ソフト『けいおん! 放課後ライブ!!』で、ご自身が演じられているキャラクターのほかに、どのキャラクターを使ってみたいですか?

 

寿 全部やりたいんですけど、いちばんドラムがハードそうだからりっちゃんかな。5人で実際に楽器で『ふわふわ時間』を演奏したことがあったので、ゲームでもほかのパートはここで音が入るっていうのがわかったんですけど、ドラムはどうなってるんだろうって疑問に思ったのでドラムですね。

 

日笠 私はムギ(キーボード)かな。ギターのリズムはベースに近そうだし、ドラムは最後かなと思っているので(笑)。2番目はムギのキーボードを体験したいと思っています。

 

豊崎 プレイしているときキャラの表情がころころ変わるあずにゃんかな。あと、アイテムがたくさんあるので、唯ちゃんを演じている身としては、あずにゃんにたいやきを与えたいと思います(笑)。

 

竹達 じつは私も唯をやりたいなと思っていました。同じギターでも役割としてぜんぜん違うところを弾いているので、いかに唯のパートが難しいのかっていうのを知りたいです。アニメでは梓のほうがギターがうまいっていう設定になっているんですけど、実際は唯のパートはすごく難しいんだろうなって思っていました。実際に楽器で演奏したとき、愛生ちゃんがたいへんそうにギターを弾いている姿を見ていたので、ゲームで体験してみたいと思いました。

 

佐藤 私はこの質問を受けたときに真っ先にベースと思いました。ドラムとベースはリズム隊と言って、曲を支える土台の部分なんですけど、同じリズム隊とはいえベースはいったいどんなリズムを刻んでいるんだろうって気になっていたんです。あと、個人的にベースの“デュイーン♪”っていうのが好きで、よく日笠さんにベースを借りてやらせてもらっていたんです。それがゲームの中でできたら楽しいと思ったので、私はベースがやりたいです!

 

――『けいおん! 放課後ライブ!!』の発売を待っているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

 

寿 待ちに待ったというか、私もすごく楽しみにしていました。ふだんあまりゲームをしない人なのですが、絶対にやりたいと思います。『けいおん!』の個々のキャラクターのかわいさも魅力ですが、音楽のすばらしさも魅力のひとつなので、皆さんもキャラクターの気持ちになっていっしょに楽しんでいただけたらなと思います。

 

日笠 私たちもいつゲームが出るんだろうと楽しみにしていました。皆さんのお力のお陰で形になることができてとってもうれしいです。待ってくださっている方がたくさんいると思うので、皆さんが桜高軽音部の放課後ティータイムの一員としてプレイしてくださるのを楽しみにしています。

 

豊崎 私もゲームの発売がすごくすごく楽しみなので、皆さんと同じ気持ちでワクワクしながら発売日を待っているところです。唯ちゃんたちがいつも言っている「みんなでバンドやるの楽しいねー」って気持ちがいっぱいいっぱいギューっと詰まったゲームだと思うので、皆さんも放課後ティータイムの一員だったり、まわりのお友だちといっしょにバンドを組んで音楽を楽しんでくれたらうれしいなーと思います。

 

竹達 私もとっても楽しみです。音ゲーが苦手な私でもハマってしまうくらいおもしろかったので、バンドを組んでいる方も音楽が大好きな方も、そしてまだやったことはないけどちょっとやってみたいなと思う方は、ぜひプレイしていただきたいです。私も発売したら5人でやりたいと思っています。まずひとりで黙々と鍛えてから、それをみんなに自慢するかのように披露しようと思うので、皆さんもぜひ楽しんでいただけたらと思います。

 

佐藤 1期が始まったあたりに「『けいおん!』のゲームが出たら楽しいよねー」とみんなで話していたことが実現したので、正直すごくビックリしています。実際にゲーム化されたのがうれしくて、ちょっとプレイしただけですがすごく楽しくて、早く皆さんにやっていただきたい気持ちでいっぱいです。ひとりで楽しむのはもちろんですけど、やっぱり音楽ってみんなでやるのが楽しいと思うので、お友だちを集めてぜひ5人で楽しく演奏していただけたらと思います。ゲームの中にしかないオリジナルストーリーとか、みんなのかわいらしいセリフを聞けたりとか、着せ替えができたりするモードもあるので、音ゲーっていうのを難しいと思っている人も、そういったかわいい要素もたくさんあるのでぜひ飛び込んできてほしてと思います。皆さんもいっぱいプレイしてくださいね!

 

※『けいおん! 放課後ライブ!!』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『プチコン4 SmileBASIC』が50%オフとなる超お買い得なセールが開催中。Switchで本格的なゲーム作りが楽しめるプログラミングソフト

2022年5月18日、スマイルブームは、Nintendo Switch用ソフト『プチコン4 SmileBASIC』が50%オフとなるセールを、2022年5月19日から5月30日までの期間、開催することを発表した。

DS版『脳トレ』が発売された日。脳年齢チェックで一喜一憂、世界で1900万本以上のヒットを記録して大ブームとなった脳の活性化ソフト【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。いまから17年前の2005年(平成17年)5月19日は、ニンテンドーDS用『東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』が発売された日。

『FF7』25周年関連の続報は6月上旬に公開予定。『FF7 リメイク』や『FF7 エバークライシス』の続報に期待が高まる

『ファイナルファンタジーVII』25周年記念の新情報の公開時期が決定。『FFVII リメイク』やスマホ『FFVII エバークライシス』に関する情報が登場するか?

『ドラゴンボールマンチョコ超』第2弾が5月24日より東日本で先行発売。シールは新作映画のキャラを書き下ろした全24種で、シークレットはビックリマンとのコラボVer.

ロッテは、『ドラゴンボール』と『ビックリマン』のコラボ商品『ドラゴンボールマンチョコ超』第2弾を2022年5月24日(火)より東日本で先行販売する。パッケージは2種類、描き下しのコレクターシールは全24種。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』最新情報。役立つアイテムを作り出す“れんきんがま”のシステムと希少な魔物“転生モンスター”を紹介!

スクウェア・エニックスより2022年夏発売予定の『ドラクエ10 目覚めし五つの種族 オフライン』。今回は冒険に役立つアイテムが作り出せる“れんきんがま”のシステムと、希少な魔物ながら倒すと貴重なアイテムを入手できる”転生モンスター”を紹介。

『FF11』20周年記念特集! 『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』や『冤罪執行遊戯ユルキル』など注目情報が満載(2022年5月19日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2022年5月19日)発売の週刊ファミ通2022年6月2日号 No.1746は、2002年5月16日に『ファイナルファンタジー』シリーズ初のオンラインタイトルとして発売された『ファイナルファンタジーXI』の20周年を記念した“『ファイナルファンタジーXI』20周年記念特集”を掲載。

小説『TOKYOHEAD NONFIX』が5月27日に発売。大塚ギチ氏が行ったインタビューをもとに90年代〜現在の『バーチャファイター』シーンの変遷を描く

2022年5月27日(金)、INHは格闘ゲーマーの生き様を描いた小説『TOKYOHEAD NONFIX』が発売する。故・大塚ギチ氏の資料をもとに1990年代〜現在のアーケードシーンが描かれている。

PS5/PS4向け多人数参加型サバイバルACT『DEATHVERSE:LET IT DIE』のオープンベータテストが開催決定。本日よりPS Storeでクライアントがダウンロード可能

2022年5月18日(水)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとスーパートリック・ゲームズより発売予定のプレイステーション5/プレイステーション4『DEATHVERSE:LET IT DIE』について、オープンベータテスト“Limited Time Open Beta: Destroy the server!”が期間限定で開催されることが発表された。