携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 2nd』DIVAポイントを貯めてアイテムをゲットせよ

『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 2nd』DIVAポイントを貯めてアイテムをゲットせよ

2010/7/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

新要素を多数公開

 

diva2_01_5

Illustration by KEI

 

 セガより2010年7月29日に発売される予定のPSP用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 2nd』の新情報が公開された。今回は、新たに導入されたDIVAポイントやエディットモードを中心に紹介していこう。

 

 

●DIVAポイント

 

 本作では、“DIVAポイント(DP)”というポイント制が新たに導入された。このポイントは、ゲームをプレイすることで貯まり、ショップでモジュールやアイテムを購入するときに使用するのだ。


point01
point02
point03
point04

point06
point07
point08

point09
point10

X

N

 

 

ヘルプアイテム

 

 本作の新要素のひとつ“ヘルプアイテム”。これは、リズムゲームプレイ前にセットしておくと、リズムゲームでミスとをした際に、自動的に効果が発動してプレイをサポートしてくれる“お助けアイテム”だ。ちなみに、ヘルプアイテムは消耗品なので、使用するたびにDIVAポイントを使って購入しよう。

 

2010-05-27.20-34-47-239
2010-05-27.20-35-07-239

2010-05-28.16-01-40-257
2010-05-28.16-01-43-460
2010-05-28.17-02-26-656

2010-05-28.17-02-31-672
2010-05-28.17-03-15-219
2010-05-28.17-03-36-516

 

 

●エディットモード

 

 自分だけのPVやリズムゲームが作成できるエディットモード。前作で好評を博した同モードが、本作でよりパワーアップしているぞ。ここでは、エディットモードの特徴をピックアップして紹介しよう。

 

【進化ポイントをチェック】

■編集状況が一目でわかる操作画面

エディットモードのインターフェイスを一新。エディットしている内容がわかりやすく、使いやすく表示されるようになっている。

 

プレビューもワンタッチで

エディット制作中、いつでもプレビューで“いま作ったパート”を確認できる。またエディットトップ画面からは、各パートをまとめた“テストプレイ”が可能。できたところまでを、実際に遊びながらプレビューできる。

 

■ターゲット配置も画面を見ながら!

ゲーム譜面のターゲット配置も、PVイメージを見ながら作業できる。映像のどの部分にターゲットを飛ばすかのイメージがわかりやすくなり、よりPVと連動したゲーム譜面が作りやすくなった。

 

■長押し、同時押しにも対応!

本作からの新要素であるターゲットの“長押し”、“同時押し”にも対応。

 

■エディットでのチャンスタイムも設定可能!

スコアの稼ぎどころであるチャンスタイムも設定でき、より本編に近いゲームが制作できる。

 

■作ったデータはアドホックモードで友達と交換できる!

前作同様、作ったエディットデータはプレイヤーどうしで交換可能。オリジナルのPVやリズムゲームをみんなで遊ぼう!(※楽曲mp3データは交換できませんので、各自で用意しよう)

 

■本作では2キャラが同時に出る映像もエディット可能。デュエット曲のPVやリズムゲームも自由に作成できる。

■キャラクター配置も思いのまま。好きなキャラクター2体の位置を決めて、イメージに合った演出ができる。移動させることもできるので、可能性は無限大!

 

■編集可能容量が倍増!

エディットで使える容量が倍増し、時間の長い曲にも対応。また、PV内で使えるモーション、背景などの他、配置可能ターゲット数など、エディットでの表現に自由度がアップ。対応BPMの上限もアップし、高速な曲のエディットも可能になっている。

 

■選べるモーションや背景データも倍増!

新規モーションを追加! ダンス以外にも、バラエティ豊かな動きが用意されており、PV表現の幅が広がる。ステージの数や種類も増えて、よりドラマチックな映像制作にチャレンジできるぞ。

 

■表情のバリエーション増加に加え、視線制御や、手持ちアイテム、画面エフェクトなど、新機能を満載!

キャラクターの魅力を左右する表情は前作より大幅増加。細かな表情の変化を表現できる。さらに、カメラ目線の設定も可能な視線制御や、マイクなど小道具を持たせるハンドアイテム、画面内に雪や雨などを降らせるエフェクト機能など、エディットの可能性を広げる新機能が満載!!

 

2010-05-23.23-07-13-309
2010-05-23.23-07-21-684

2010-05-11.19-39-18-151
2010-05-11.19-58-47-682
2010-05-11.20-30-10-464
2010-05-11.20-30-13-870

 

2010-05-23.23-13-14-090
2010-05-28.17-53-21-314
2010-05-28.17-55-13-846
2010-05-28.19-26-15-675

2010-05-11.19-25-57-464
2010-05-11.19-37-04-370
2010-05-23.23-11-47-590

2010-05-23.23-11-50-075
2010-05-28.19-21-33-877
2010-05-28.19-21-47-049

2010-05-28.20-00-27-409
2010-05-28.20-01-35-113
2010-05-28.20-02-38-613

2010-05-23.23-07-57-215
 


※公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“テイルズ オブ フェスティバル”10回目記念、描き下ろしイラストを使用したグッズが当たる“一番くじ”が登場

バンプレストは、ハズレなしのキャラクターくじ“一番くじ テイルズ オブ フェスティバル〜Congratulations 10th〜”を、2017年6月10日より順次展開する。

『Far Cry 5』ティザートレーラーが公開 舞台はアメリカ・モンタナ州の“ホープカウンティ”

2016年〜2017年度の決算報告に併せて発表されたUBI Softの『Far Cry 5』について、ティザートレーラーが公開された。

“シブサワ・コウ アーカイブス”全15作のセット商品をSteamストアで期間限定販売!

コーエーテクモゲームスは、“シブサワ・コウ”の活動35周年を記念し、“シブサワ・コウ アーカイブス”にて、2017年5月23日〜5月29日までの期間限定で、全15作品のセット商品をSteamストアで販売する。各作品の単品もお得な価格で購入可能となっている。

『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』に登場するハッカーチーム&天才ハッカーのエリカを公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』について、ハッカーチーム“フーディエ”と天才ハッカーのエリカに関する情報を公開した。

『パラッパラッパー』オリジナルサウンドトラックが2017年5月24日より発売開始!

2017年4月20日にプレイステーション4版が発売開始された『パラッパラッパー』のオリジナルサウンドトラックが、2017年5月24日より発売開始。サントラの発売を記念して、オリジナルクリアファイルがもらえる“TEAM Entertainment PlayStation GameMusicフェア 2017”も開催される。

『レッド・デッド・リデンプション2』の発売時期が2018年春に延期。ゲームの詳細は今夏公開予定

ロックスター・ゲームスが、『レッド・デッド・リデンプション2』の発売を2018年春に延期することを発表した。

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。