携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 東京おもちゃショー2010リポートをお届け!

東京おもちゃショー2010リポートをお届け!

2010/7/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 

 2010年7月15日、東京国際展示場にておもちゃの見本市“東京おもちゃショー 2010”が開幕した。初日はビジネスデーということもあって、会場には多くの関係者が駆けつけ、最新のトイ・ホビーに熱い視線が注がれていた。

 

バンダイブース

 

WA3_7161

 場内でもひときわ大きな面積を占めていたバンダイブースでは、戦隊モノからウルトラマン、仮面ライダー、たまごっち、プリキュアと、強力なブランドのおもちゃが所狭しと展示されていた。

 

 そして忘れちゃいけないのが“ガンプラ”。『機動戦士ガンダム』のプラモデル……と説明するのがおかしいほどの定番おもちゃだが、2010年はガンプラ30周年ということで、独自の展開も予定している。それがテレビアニメ『模型戦士ガンプラビルダーズ』で、“パーツA・B・C”という全3部構成により、今夏より順次公開される予定。会場では主人公たちがカスタマイズした機体のガンプラが展示され、受注を開始していた。主人公の機体“ビギニングガンダム”(9月発売予定)やライバルの機体“スーパーカスタムザクF2000”(11月発売予定)はともかく、ヒロインの機体“ベアッガイ”(12月発売予定)は、アッガイとクマが合体しているという思い切ったカスタム。でもちょっと欲しい……。

 

WA3_7255
WA3_7215
WA3_7227
WA3_7226
WA3_7237

 

 ちなみに、やたらと映像が3D対応だったのも特徴的。仮面ライダーの映像はかっこよかったが、女児向け玩具(別にキャラものというわけでもない)のプロモーションビデオまで3D化されていた。立体感がわかるといっても、目の前に実物も出展されているわけで……おっかなびっくり聞いてみると「流行りに乗ってみました!」とのこと。

 

WA3_7167
WA3_7185
WA3_7170
WA3_7191
WA3_7278

▲アンパンマンコーナーに飾られたアンパンマンパン。近づいてよく見ると、結構アレです。

▲1/1サイズの石川遼フィギュア登場? 商品は足元のほう。

 

カプコンブース

 

 カプコンブースでは、“トレーディングマスコット モンハン アイルー村のなかまたち”などの商品を一般公開日に当たる17、18日に販売することを発表している。ブースには“モンスターハンター リオレウス フィギュア(仮称)”の原型が展示されていた。原型を手がけているのは大山竜氏。完成品は彩色済みで、7140円[税込]で2010年11月発売予定。さらに、2010年末発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』から、新たな装備を身につけたオトモアイルーのマスコットキーホルダーが11月中旬に発売されることも判明。こちらは1体420円[税込]で、9個入りボックスが3780円[税込]の希望小売価格となっている。くわえて、『戦国 BASARA3』の武器と鎧を模したトレーディングフィギュアが11月に、カードゲーム『モンスターハンター ハンティングカード』の第8弾ブースターパック『暴れ狂う牙』が10月22日より発売予定となっている。

 

WA3_7556
WA3_7564

 

スクウェア・エニックスブース

 

 『ファイナルファンタジーXIII』で主人公ライトニングが操る召喚獣オーディンが、フィギュア“PLAY ARTS改 オーディン”として登場。ちゃんと変形もします。ライトニングと大きさを見比べてみてほしいのだが、これが結構デカくて迫力がある。価格は20790円[税込]で、8月から9月の発売予定。そのほか、もちろん『ドラゴンクエスト』、『キングダムハーツ』、『クロノトリガー』といった人気タイトルのフィギュアも展示されていた。ちなみに記者が気になったのは、スライム型の入浴剤“ドラゴンクエスト バスボール 〜海の香り〜”。入浴剤が溶けると中からフィギュアが出てくるというおまけつきで、今秋発売予定。

 

WA3_7746
WA3_7775

 

タカラトミーブース


WA3_7281

 タカラトミーのブースには、『ポケットモンスター』関連のグッズや、『イナズマイレブン』を題材にした“イナズマイレブントレーディングカードゲーム”といったゲーム関連のグッズから、プラレールやチョロQといった定番おもちゃまで幅広いアイテムが展開されていた。

 

 “チョロQハイブリッド! マリオカートWii サーキットセット”は、発売中の“チョロQハイブリッド! マリオカートWii”と『マリオカート』らしいギミックがついた専用サーキットがセットになったもので、10月に4987円[税込]で発売予定。ご存じない人のために説明しておくと、“チョロQハイブリッド! マリオカートWii”は、赤外線でコントロールできる“チョロQハイブリッド!”に、バナナやキノコなどアイテムのギミックが加わったもの。ゲットしたアイテムで『マリオカート』さながらにライバルの走りを妨害することができるというもの。オリジナルの『マリオカート』にハマっていた世代のお父さんが「子供のため」と言いながら自分のために買うことが多いらしい。

 

WA3_7316
WA3_7302
WA3_7364
WA3_7358

 

 また、冬商戦で人気が出そうなラジコン『ギガテンバギー』にも注目。とにかくボディーが軽量で、時速22キロメートルで突っ走り、最高85センチメートルまでジャンプできるという身軽さが魅力。コンパクトなので、部屋をあっという間にアクロバティックなコースへと変えることができるのだ。10月発売予定で、価格は5229円[税込]。


WA3_7348
WA3_7331

 

ブシロードブース


WA3_7381

 ブシロードのブースでは、「ブシロード史上最大の作戦」と銘打った新プロジェクト『カードファイト!! ヴァンガード』が始動。ブース内はビックリハウスのような構成になっていて、やたらと選択を迫られたのが印象的。『遊戯王R』の伊藤彰氏、『デュエル・マスターズ』初代テクニカルアドバイザーの中村聡氏、ブシロード社長の木谷高明氏といったトレーディングカードゲームの大物のコラボレーションになるようで、2011年発売予定。初の男児向けカードゲームとして、発売前にテレビアニメ、コミック連載などが計画されており、その力の入れ具合がうかがえる。


WA3_7388
WA3_7398
WA3_7407
WA3_7414

 

ホットトイズブース

 

WA3_7588
WA3_7602

 

 映画やゲームの精巧なフィギュアを制作するホットトイズのブースには、2010年10月発売予定の『アサシン クリードII』の主人公エツィオ・アウディトーレの1/6スケールのフィギュアが展示されていた。限定生産で、価格は2万2000円[税込]。こちらは映画版になるが、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のダスタン王子のフィギュア(2万2000円[税込])もあった。こちらは11月発売予定。

 

 そのほか、『バイオハザード5』のフィギュアや、『ターミネーター2』でアーノルド・シュワルツネッガーが演じたT-800、さらにはマイケル・ジャクソンのフィギュアなども展示されていた。いずれもちょっと値段は張るが、ファンならため息が出るほどのクオリティー!


WA3_7616
WA3_7621
WA3_7627
WA3_7635
WA3_7639
WA3_7649
WA3_7651
WA3_7663
WA3_7666

 


そのほか


 そのほか、記者が気になったものをざざっとご紹介。ジグソーパズルなどを手掛けるやのまんのブースには『ラブプラス』シリーズや、『ペルソナ4』のジグソーパズルが展示されていた。セガトイズには脳波を使った不思議なおもちゃ“MindFlex”の実演が行われ、ひっきりなしに人を集めていた。これはマテルが海外で発売しているもので、ファミ通.comでも何度かご紹介しているニューロスカイによる技術をコアに採用している。ボールが下にあるファンからの風で浮いているのだが、ファンの強さが集中度によって変化。うまく集中とリラックスを繰り返しながら、ボールを思ったとおりにコントロールして遊ぶのだ。アガツマは2010年11月25日発売予定のWii用ソフト『アンパンマン にこにこパーティ』を出展。おなじみのテーマソングと一緒にトゥーンシェーディングで再現された『アンパンマン』の世界を楽しむことができる。会場には一生かかっても遊びきれないほどのおもちゃが出展されており、大人も楽しめるものも多いので、今週末の予定が決まっていない人は一般公開日に行ってみては?

 

WA3_7518
WA3_7510
WA3_7684
WA3_7694
WA3_7553
WA3_7539
WA3_7739

▲オリオンコーポレーションが出展していたミニチュアブランド“Schleich”。同じ動物でも生き生きとしたポーズ別にミニチュアが用意されており、躍動感あふれるジオラマもこのとおり。

 

※東京おもちゃショーの公式サイトはこちら


この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

相棒アフィンも大わらわ!? 『PSO2』でホワイトデーイベント開始!【2019年2月20日アップデート】

2019年2月20日に実施される『ファンタシースターオンライン2』の新春記念アップデート第4弾の内容を紹介!

『APEX LEGENDS』がTwitch Primeメンバー特典に登場。パスファインダーのレジェンダリースキンとAPEXパック5個が貰える!

ゲーム映像ストリーミングサービスTwitchの有料サービスTwitch Primeのメンバー特典に『Apex Legends』が登場。パスファインダーのレジェンダリースキンなどを貰える。

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。