携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 日本最速の“神喰い”が決定――“GOD EATERフェス 2010”が開催

日本最速の“神喰い”が決定――“GOD EATERフェス 2010”が開催

2010/7/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●スペシャルステージには声優陣、主題歌アーティストが登場

 

 バンダイナムコゲームスのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『GOD EATER(ゴッドイーター)』初の単独イベント“GOD EATERフェス 2010”が、2010年7月11日に東京の秋葉原にある秋葉原UDXで開催された。既報のとおり、この場でシリーズ最新作、PSP用ソフト『GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)』(2010年秋発売予定)のティザームービーが公開に。こちらの記事では、そのほかのステージイベントおよびタイムアタック大会“フェンリルカップ”の様子をお届けしよう。


▲会場内にはここでしか見られない展示、物販コーナーなども用意されていた。

 

 フェンリルカップの予選終了後に行われたスペシャルステージには、『GOD EATER(ゴッドイーター)』で“シオ”を演じた福井裕佳梨と、“コウタ”役の阪口大助、“ペイラー・榊”役の楠大典という声優陣に加えて、プロデューサーの富澤祐介氏、ディレクターの吉村広氏も登場。Twitter上で投げかけられたユーザーからの質問などに回答するという形でトークセッションが行われた。
 

▲右から吉村ディレクター、富澤プロデューサー、楠大典、阪口大助、福井裕佳梨。

 声優陣に投げかけられた「印象に残ったセリフはなんですか?」という質問に、まず楠が「いまは君たちを信じよう、ゴッドイーターたちを」と回答。阪口は「守れるなら、どんなことだってやるさ」、福井は「離れていても、ずっといっしょだよ」とそれぞれゲームのキャラクターになりきって語り、会場を沸かせた。また、演じているキャラクターと自身の比較も求めれた際には、「ペイラーは博士ですが、ふだん僕は博士じゃないんですよね(笑)」(楠)、「僕はあそこまでバカじゃないし、もう少し足手まといじゃありません……」(阪口)と男性キャラふたりはあまり似ていないと主張したが、福井は「シオほど言葉を知らないわけではないですが、世間知らずなところはあるかな……(笑)。あと、何でも食べるところは似ています」とコメント。吉村ディレクターはそれに合わせて、「シオ役を誰にお願いするか最後まで悩みました。それで福井さんの声を聞いたときに“あっ、シオがいる!”と思いました」と起用の裏話を明かした。

 

 開発陣に対しては、Twitter上から「据え置き機での展開は?」という興味深い質問も。これに対して吉村ディレクターは、そういった噂が出た背景には富澤プロデューサーがラジオ番組の中で据え置き機での展開に言及したから、と説明。一方の富澤プロデューサーは「僕は記憶がないんですけどね……」と否定していた。とは言え、「要望が多ければ僕らも応えていかなければいけないと思います」(富澤)と可能性がゼロではないとした。トークセッションのほかには、出演陣によるミニドラマも。この日のために書き下ろされたシナリオは、コウタとシオが月夜の晩に外で話していると、月をお餅と勘違いしたシオが巨大化して……という幻想的な話となっていた。
 

 

 出演陣&開発者によるステージのあとは、プレス対抗エキシビジョンマッチも実施。ミッション“蒼穹の月”を使用してタイムアタック勝負が行われた。ファミ通も“チーム神喰”として出場。ヴァジュラを相手に、絶妙のタイミングで“ダブル捕喰”を決めるなど会場を沸かせ、4分4秒のタイムで見事優勝を果たした。さらに、ファミ通チームは開発スタッフの精鋭タッグ“BNGスペシャルチーム”とも対決。さきほどと同じミッションで勝負を行い、前回のタイムを上回る成績でファミ通のチーム神喰いが勝利することに。なお、記念として贈られた各種グッズは、後日週刊ファミ通の誌面にてプレゼントするのでお楽しみに。

 

 

 スペシャルステージのトリは、ゲームのオープニングとエンディングテーマを歌う女性アーティストalanのミニライブ。2010年7月7日に発売したばかりの自身の新曲を含む全3曲を披露した。

 

 

 さて、注目のフェンリルカップは午前中に120組240名が予選を行い、クリアータイムの早い上位4組が準決勝に進出。準決勝で使用されたミッション“スイーパー”は、“コンゴウ”1体を倒したあとに、“グボロ・グボロ”、“シユウ”がそれぞれ1体ずつ同時に登場するというもの。120分の4という高倍率をくぐり抜けてきただけあって、いずれのチームも開発者が驚くようなプレイを見せる。敵の出現位置を読みきっての“捕喰”や、連続スタンで餅つき状態にしてしまうなどのスーパープレイに、解説を担当した吉村氏も思わず「何のために一生懸命作ってきたんだ(笑)、と思ってしまう」とやられっぱなしのアラガミに同情するひと幕も。最終的に決勝へ勝ち上がったのは、5分3秒でクリアーした“空中コンボ”チームと、4分58秒でクリアーした“ヘブンから来ました”チーム。

 

 

 決勝ミッションは難易度9の“カルデラの火”で、討伐対象アラガミは“ディアウス・ピター”1体。吉村ディレクターいわく「平均クリアータイム以前に、クリアーできないことのほうが多い」という高難度ミッションだったが、両チームはそんな言葉もどこ吹く風といった様子で怒涛の攻撃を仕掛けていく。とは言え、ゲーム中屈指の強敵ディアウス・ピターが相手ということで、戦闘不能になってしまうシーンもチラホラ。しかし、そんなときでもまったく焦ることなく、攻撃の切れ目を狙ってもうひとりがリカバリーに向かうなど、攻撃以外の部分でも実力者らしい立ち回りを見ることができた。スクリーンでは両チームが絶え間なく攻撃を行い、勝負はまったく互角といった印象。どちらが勝ってもおかしくない状況で、さきに討伐成功の文字が映し出されたのはチーム“空中コンボ”。優勝の瞬間、空中コンボのふたりは派手なガッツポーズを決め、ハイタッチで喜びをわかちあっていた。

 

 

 

 最後の挨拶で吉村ディレクターは「『GOD EATER(ゴッドイーター)』への愛を肌で感じました。我々もその思いに応えられるようにがんばっていきたいと思います」とコメント。舞台袖で大会を観戦していた富澤プロデューサーは、すばらしいプレイに感動の涙が出そうになったことを明かし「ここまでできるゲームなんだ、ぜんぜんまだ行けると思いました!」と語った。最後の挨拶でも「ひとこと、感動をもらいました」と改めてユーザーへ感謝の言葉を述べる。「いままで自分は作品を提供する側だと思っていたのですが、そんなことはなくて、皆さんといっしょにやることで本当の『GOD EATER(ゴッドイーター)』になるんだな、と思いました!」と大会を締めた。

 

 なお、『GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)』発表会の模様は別記事にてお届けしているので、そちらを参照してほしい。

 

 

※GOD EATERフェス 2010の公式サイトはこちら

[関連記事]『GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)』のティザームービーを公開、ゲームの概要も明らかに

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【『フォーオナー』特設サイト】ヒーロー別攻略“ヴァルキリー”公開、使いやすい弱攻撃と回避行動からのカウンターを覚えよう!

ユービーアイソフトより2017年2月16日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』テレビモニターでのプレイやPS4 Proに対応するアップデートが配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション VR専用ソフトして配信されていた『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』について、本日2017年2月21日に配信したオンラインアップデートにより、テレビモニターでのプレイとプレイステーション4 Proに対応したことを発表した。

行くのか? 行かないのか? アニメ『ユーリ!!! on ICE』×ナンジャタウンのコラボイベントが3月3日よりスタート

ナンジャタウンにて、アニメ『ユーリ!!! on ICE』とのタイアップイベント“ユーリ!!! on ICE in ナンジャタウン〜開幕!グランプリファイにゃル〜”が、2017年3月3日(金)〜5月7日(日)の期間限定で開催される。

『仁王』有料DLC第1弾“東北の龍”4月下旬に配信決定、新たな武器種・シナリオ・キャラクター・ステージなどが収録

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、有料ダウンロードコンテンツ第1弾“東北の龍”を、2017年4月下旬に配信開始することを発表した。

“ワンダーフェスティバル2017[冬]”開催 各社の展示フィギュアをフォトリポート!!

2017年2月19日、幕張メッセで“ワンダーフェスティバル2017[冬]”が開催。展示されていたフィギュアの数々を、主要なメーカーブースごとに、フォトリポートという形で紹介していこう。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』プレイムービー02が公開、現実世界で展開される原種とのバトルシーンを収録

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、現実世界で展開される原種とのバトルシーンが収録された“プレイムービ ー02”を公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』第4弾PVと第2弾CMが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、第4弾プロモーション映像と第2弾テレビCMを公開した。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』追加キャラクターやコスチュームを紹介する最新トレーラーが公開

SNKは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』スピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”が開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、公式サイトとTwitterによるスピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”を開始した。

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、短期間でクオリティーを落とさず背景を制作するカギとなった“自動化”についてリポート【GCC’17】

2017年2月18日、大阪府立国際会議場にて関西圏のゲームクリエイターを対象としたカンファレンス “GAME CREATORS CONFERENCE’17”が開催された。ここでは、セッション“『GRAVITY DAZE 2』のアートコンセプトと背景制作”についてお届けする。