携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 日本最強の勇者が決定! “ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド夏祭り”開催

日本最強の勇者が決定! “ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド夏祭り”開催

2010/7/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』の新情報も

 

 スクウェア・エニックスは、アーケードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド』のイベント“ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド夏祭り”(DQMBII レジェンド夏祭り)を、2010年7月3日、4日の2日間にわたって、東京の汐留にあるベルサール汐留で開催した。

 

 

 3回目となった『モンスターバトルロード』シリーズの夏祭りイベント。今回は、公式大会の王者を決める“第3回王者決定戦”をメインに、チームバトル大会、ダリーに挑戦! リターンズ、“冒険の書”夏祭りスペシャル抽選会など盛りだくさんのステージイベントも実施された。ここでは、2010年7月3日の会場の模様をお届けしよう。

 

▲2010年7月15日に発売されるWii用ソフト『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』の体験コーナーも。専用コントローラを使って大会モードをプレイすることができた。

 

▲つねに長蛇の列ができていた『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』の体験コーナー。並んでいる最中には、スタッフからアーケード版カードとの連動方法が紹介されていた。

 

▲会場内にはグッズ販売、ルイーダの酒場も。また、“キャプテン・クロウ”と“メタルキング”のスペシャルデータ配信が行われた。

 

 メインイベントの“第3回王者決定戦”では、全国8ヵ所で行われた“代表勇者決定戦”を勝ち抜いた強豪プレイヤーたちが激突。なお、この日行われたのは“小学生大会”で、イベント2日目には親子ペア大会も実施されている。

 

▲勇者カイトも応援に駆けつけた。

 

 各モンスターのステータスを把握した実力者どうしの勝負となると、デッキ構成も若干似てくる傾向があるようで、多く見かけたのは“ナイトリッチ”と“デンタサウルス”の2体。とくにナイトリッチはすべてのプレイヤーが使用するほどの人気ぶりとなっていた。一方で、思わぬモンスターが大活躍することも。準決勝でおおき ともや選手が使用したギズモが、相手に状態異常を引き起こす“メタパニ”を連発し、それがおもしろいように決まる。結果、終始ゲームをリードし、相手モンスターにほとんど仕事をさせないまま勝利を収めたのだ。
 


 決勝戦はそのおおき ともや選手と、えぐち はやて選手の戦いに。2ターン目で発生した“つばぜり合い”でおおき選手が勝利すると、つぎのターンではえぐち選手がスペシャルカード“グリンガムのムチ”を使った攻撃で相手を痺れさせるなど、一進一退の攻防に。3ターン目まではまったく互角の勝負となったが、ここでおおき選手がスペシャルカードでオーブの“勇気”を増加させる。最終的に、一歩早くオーブを満タンにしたおおき選手が、勇者エイトのとどめの一撃を決めて勝利。「いっぱい練習してきたので、優勝できてうれしいです」と語った同選手には、優勝の記念として金色に輝く認定証と、賞品に“フルコンプ入り オリジナルカードコレクション”などが贈られた。


  


 優勝者が決定して大団円……と思いきや、ここでステージに夏祭りイベントでおなじみ(?)となったクイーンピサロと魔界からの使者ダリーとジョリーが登場。優勝者と勇者カイトに勝負を挑んできたのだ。受けて立つことになったふたりだが、ダリーとジョリーはルールを無視して大魔王カードの“エルギオス”と“ダークドレアム”を投入。一方の優勝者と勇者カイトは、今回の勝負のために勇者カイトが用意してきたカードを使用することに。“星空の三果実”、“キラーリカント”など各種特典のカードも含まれていたが、いちばんの目玉は伝説の勇者カード。多くのプレイヤーが愛用しているこちらのカードだが、筺体に読み込ませるとゲーム画面にはなんと勇者カイトの姿が登場したではないか。こうして、優勝者のおおき選手はリアルとゲームの両方で勇者カイトの支援を得て戦うことに。

 

 

 勝負はダリー&ジョリーが優位に進めるが、2010年7月9日から稼動する最新章“勇者たちの挑戦”で登場するスペシャルカード“メイクアップ”などを織り交ぜた戦略的な攻めで、優勝者と勇者カイトがじわじわと追いついていく。ちなみに“メイクアップ”は使用後に攻撃すると相手を見惚れさせる効果があるようだ。徐々に劣勢になってきたダリー&ジョリーだが、状態異常を引き起こすスペシャルカード“クイーンピサロ”を投入するなどして挽回。そして、優勝者、勇者カイトコンビのヒットポイントを残り55にまで減らす。ここで両者のオーブが満タンとなり、決着はとどめの一撃発動をかけたつばぜり合いへ委ねられた。どちらも全力でボタンを叩き合い、最終的に勝ったのは優勝者、勇者カイトのコンビ。王者決定戦の幕締めにふさわしい、ドラマティックな展開となった。

 

 

 ステージイベント“ダリーに挑戦! リターンズ”では、2010年7月15日に発売されるWii用ソフト『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』に関する情報も。ダリーいわく、『DQMBII レジェンド』の最新章“勇者たちの挑戦”では大魔王、真・大魔王との連戦が可能となるのだが、大魔王を倒したデータが保存された“冒険の書”を『モンスターバトルロードビクトリー』と連動させると「何かいいことがある」(ダリー)という。ちなみに、倒した大魔王の数は多ければ多いほどいいそうだ。

 

▲来場者と勝負したダリー。真・大魔王カードを使用するなど卑怯(?)なところもあったが、終わってみれば1勝しかできない情けない結果に。

 

▲最後は冒険の書についているシリアルナンバーを使ってのスペシャル抽選会が実施された。

 

※『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド』の公式サイトはこちら

※『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。