携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> CRI・ミドルウェアとオートデスクが“Game Tools & Middleware Forum 2010”で最新ツールの概要を紹介

CRI・ミドルウェアとオートデスクが“Game Tools & Middleware Forum 2010”で最新ツールの概要を紹介

2010/7/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●CRI・ミドルウェアがサウンドデザインツールの“CRI ADX2”をプレゼン

 2010年7月1日に都内で開催されたミドルウェアとツールをフィーチャーしたカンファレンス“Game Tools & Middleware Forum 2010(GTMF 2010)”。マイクロソフトの新デバイスKinect(キネクト)のお披露目など見どころの多いイベントとなったが、ミドルウェア&ツールメーカーも多数セミナーを開催。ここでは、CRI・ミドルウェアとオートデスクのセミナーをリポートする。

 先日、15年ぶりの大型アップデートとなるサウンドデザインのミドルウェア“CRI ADX2”を発表したばかりのCRI・ミドルウェア。GTMF 2010では代表取締役専務(CTO)押見正雄氏らが登壇し、“高度なサウンドデザインをすべてのプラットフォームに! 新オーディオミドルウェアCRI ADX2の先行紹介“と題された講演を行った。

 映像・音声を専門としたミドルウェア開発会社としておなじみのCRI・ミドルウェアだが、同社がセガサターン向けに“ADX”をリリースしたのが1995年。以降15年間で2093タイトルに採用され(2010年6月24日現在)、サウンドデザインのミドルウェアとして押しも押されもせぬ地位を獲得している。15年ぶりの大型進化となる“CRI ADX2”では、多様化するゲーム開発を強力にサポートするために、マルチプラットフォーム化をさらに推進。さらに、音声データと言えば、大容量かつCPUに負荷をかけることでおなじみだが、“CRI ADX2”では、より低負荷で高圧縮な音声コーデック(圧縮)を追求。従来からある圧縮技術”ADX”に加えて、MP3などと同等の高品質・高圧縮を実現した“HCA”や、複数同時再生時に非常に低負荷な“HCA MX“などの新技術を開発。マシンにかける負荷をより下げているのが特徴だ。さらに、プログラムを書かないでソフトウェアを作り上げることができる、サウンドオーサリングツールの“AtomCraft”を実装。わかりやすいインターフェースで開発ができるようになっている。セミナーでは、ADX2を担当する櫻井敦史氏が登壇し、音声コーデックやサウンドオーサリングツール“Atom Craft”のデモプレイを披露。“CRI ADX2”の使い勝手のよさを披露した。メニュー画面を開いてマウスひとつで各種設定を行っていく様子は、素人の記者が見ていても「自分でも作れるのでは?」と錯覚してしまうほどの魅力に富んだものだった。

WA3_3271
WA3_3300

▲▲実際に効果音を鳴らしてCPUの負荷を検証。“ADX”は4〜5%、“HCA”が8〜9%、“HCA MX”2〜3%との数字に(左)。非常に使いやすいインターフェースの“CRI ADX2”(右)。


 また、“CRI ADX2”には、押見氏が「長年の念願であった」というアダプティブミュージックシステムの“ADAMS”も実装している。アダプティブミュージックとは、ゲームの状況に応じて音楽が変化すること。“ADAMS”では、複数のメロディーなどを自由に入れ替えたり、音程を変えずにテンポチェンジをしたり……といったことを簡単な操作で実現。ゲームの演出効果の幅を広げている。ちなみに“ADAMS”は、ただいま発売中のバンダイナムコゲームスのプレイステーション3用ソフト『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』の戦闘BGMに採用されているとのことだ。

WA3_3226
WA3_3253

▲CRI・ミドルウェアの代表取締役専務(CTO)押見正雄氏(左)と櫻井敦史氏(右)。


 音楽、音声の再生マルチストリーミングの“ADX”のほかに、データ読み込み時の時間を削減する“ファイルマジックPRO”、そして効果音、環境音のデザインを行う“CRI Audio”3つのミドルウェアが組み込まれている“CRI ADX2”。2010年7月1日の提供以降は今後さらなる機能追加を図っていくという。iPhone版などの予定もあるのだとか。まさに、サウンドデザインツールの本命といったところだ。これだけの機能を盛り込んだ“ADX2”だが、押見氏によるとCRI・ミドルウェアでもっとも自信があるのは“サポート”とのこと。CRI・ミドルウェアで誰よりもゲームを愛する櫻井を筆頭に、タイトルのマスターアップのタイミングでムチャクチャがんばってくれるのだとか。技術を引き立てるのは、やはり人の心なのかも。


●より人間らしい動きを実現してくれるオートデスクの“HumanIK”と“Kynapse”

WA3_3521

▲オートデスクのM&Eソフトウェア部 門口洋一郎氏。

 “3ds MAX”に“Maya”、“ソフトイマージ”という業界を代表する3つの3Dグラフィックツールを擁するツールメーカーのオートデスク。同社のM&Eソフトウェア部 門口洋一郎氏は、オートデスクのミドルウェアの最新バージョン“HumanIK 4.5(ヒューマンアイケー)”と“Kynapse 7(キナプス7)”の機能紹介を中心に講演を行った。クリエーターを支援するためのミドルウェアとして重宝されている“HumanIK”と“Kynapse”。かいつまんで説明すると“HumanIK”は関節のある人間の動きをソフトウェアがサポートしてくれるツールで、“Kynapse”はAIのシステムだ。GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2010で発表された“HumanIK 4.5”と“Kynapse 7”だが、両者ともゲーム業界ではすでに確固たる地位を築いており、今回の最新版ではさらに使い勝手がよくなっている。門口氏は講演で、ひとつのモーションパターンから違う動きを算出する“HumanIK”の機能や、各シーンの動的な解析を行う“Kynapse7”などの実演を行った。FPS(一人称視点のシューティング)を例に出すまでもなく、最近のゲームではプレイヤーキャラがいわゆるNPC(ノンプレイヤーキャラ)と複数人数でチームを組んで行動するシチュエーションが多いが、“Kynapse7”ではチームの最適なコーディネーション(プレイヤーキャラを守るために通路があれば監視したり、地理ごとの配置を変えるなど)を実装。群集のアルゴリズム(処理手順)なども改良が図られているという。「人間にとってあたりまえなことでも3Dにとっては複雑な振る舞いになることを“Kynapse7”は行ってくれます」と門口氏は説明してくれたが、その言葉にならうと、まさにより人間らしい行動を実現してくれるのが、“HumanIK”であり“Kynapse”であるようだ。

WA3_3422
WA3_3464
WA3_3507

▲“HumanIK”では15〜170までのボーンの設定が可能(左)。“Kynapse7”は最適なチームのコーディネーションをしてくれる(中央)。さらには、マップ生成ツールなども(右)。


[関連記事]
※15年ぶりの大型バージョンアップ、CRI・ミドルウェアがサウンド制作ミドルウェアの“CRI ADX2”を提供
※“3ds Max”、“Maya”、“Softimage”、オートデスクが誇る3Dソフトの最新バージョンが揃って発表
※「いかに効率的かつコストを抑えてゲームを開発するか」に応える、3DCGソフトの巨人オートデスクの戦略とは?

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

3DS版初代『イナズマイレブン』が期間限定で無料配信開始!『アレスの天秤』につながる物語を楽しもう

レベルファイブは、ニンテンドー3DS用ソフト『イナズマイレブン for ニンテンドー3DS』を、本日2018年7月20日より期間限定で無料配信開始する。

『ダーケストダンジョン』人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVが公開

KADOKAWAは『ダーケストダンジョン』において、人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVを公開したことを発表した。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』無料DLCでレーバテイン初期設定カラー版が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』において、無料ダウンロードコンテンツ“レーバテイン(B)”を配信開始した。

『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトが公開、続報は7月24日12時に

セガゲームスは『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトを公開した。カウントダウンが終了するのは2018年7月24日12時。

『WORK×WORK』キャラクターやバトルの流れ、モンスターなどを紹介

フリューは、2018年10月4日発売予定のNintendo Switch用ソフト『WORK×WORK』について、公式サイトを更新し、キャラクターやゲームシステムなど、ゲーム内容の詳細情報を公開した。

プロ野球のオフシーズンは”eBASEBALL”で熱くなれ!? プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”記者会見リポート

2018年7月19日、KONAMIは一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で、プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”を開催することを発表した。ここでは同日行われた記者会見で発表された内容を紹介する。

『まいてつ -pure station-』リツイートで豪華景品がもらえるキャンペーン第11弾、今回はソフト+“PlayStation 4 Pro PlayStation VR Days of Play Special Pack”+種崎敦美さん直筆サイン色紙!

PS4用ソフト『まいてつ -pure station-』。イエティ公式TwitterおよびLose公式Twitterでは抽選で豪華景品がもらえる“Lose&イエティ ダブルリツイートキャンペーン”を実施中。7月20日12:00からはキャンペーン第11弾がスタート。

『バイオハザード7』の川田将央プロデューサーに聞く、「これからも日本人らしさを出していきたい」【日本ゲーム大賞特集】

日本ゲーム大賞の優秀賞を受賞したタイトルは、海外でも評価が高い! ということで、クリエイターに日本ゲーム大賞を受賞した感想や、海外で賞をもらっての感想などを聞く。今回は、カプコンの川田将央氏。

自身の感性を信じ、おもしろいと思ったゲームをローカライズする。 個性の光るタイトルを続々展開するレイニーフロッグ合同会社とは?

ローカライズにおけるすべての作業をひとりで行うのはイギリス人男性!? インディーゲーム業界で名前をよく聞くようになった、レイニーフロッグ合同会社の事業内容を取材した。

『レゴ インクレディブル・ファミリー』鉄壁バリアガール“ヴァイオレット”の紹介映像が公開

ワーナー ブラザース ジャパンは『レゴ インクレディブル・ファミリー』に登場する一家の長女“ヴァイオレット”の紹介映像を公開した。