携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 開発ツールのカンファレンス“Game Tools & Middleware Forum 2010”でKinectが本邦初お披露目

開発ツールのカンファレンス“Game Tools & Middleware Forum 2010”でKinectが本邦初お披露目

2010/7/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ゲーム開発者がKinectを実際に体験

 2010年7月1日、都内にて“Game Tools & Middleware Forum 2010(GTMF 2010)”が開催された。ゲーム開発者を対象としたカンファレンスは、国内でもCEDECを始めいくつか開催されているが、こちらはゲーム開発者向けツールやミドルウェアに特化したセミナー。オートデスクやウェブテクノロジ、シリコンスタジオなどのミドルウェアメーカー主催により実施され、今年で8年目を数える。この手のカンファレンスには珍しく、全国3ヵ所で開催されるのも特徴で、東京会場での開催は、2010年2月15日の福岡会場、2010年6月15日の大阪会場についでのものとなる。GTMF自体はあくまでゲーム開発者を対象としたイベントであり、ゲームユーザーに直接の関係はないが、最新テクノロジーの動向を知ることはゲームを遊ぶ楽しみをより豊かにする。というわけで、ここではGTMF 2010の模様を取りまとめてお届けすることにしよう。


WA3_3775

▲マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業本部 ゲームコンテンツ推進部 デベロッパーアカウントマネージャー 緒方貴宏氏。

 当日、来場者の注目をもっとも集めたセミナーのひとつが、マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業本部 ゲームコンテンツ推進部 デベロッパーアカウントマネージャー 緒方貴宏氏による“Kinect最新テクノロジー紹介”。先日E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で発表されたばかりのKinect(キネクト)の詳細が、国内で初めて公開されるということで、ゲーム開発者の関心は極めて高かった。

 セミナーは、緒方氏によるKinectの技術紹介からスタート。開発機によるデモプレイにより、まずはKinectの“スケルトラルトラッキング(骨格追跡)”機能が紹介された。カメラの前に立つだけで、ユーザーの骨格を認識し動きをトレースしてくれる“スケルトラルトラッキング”。モーションキャプチャーをするときは、体に“マーカー”をつける必要があるのはご存じのとおりだが、「初めてKinectを見たときは、マーカーを付けずにモーションキャプチャーができるのかとびっくりしました」と緒方氏。さらに、今回のセミナーでは少しでも多くの来場者にKinectに触ってもらうことを目的としていたようだが、「ネットでは、レイテンシー(遅延)がきびしいのでは?という情報もありますが、即時性を体験してほしいです」(緒方)とコメント。また、“深度情報”のデモも披露。人の体温により立ち位置の遠近を検知してくれる“深度情報”だが、「ゲームの新たな可能性が広がりそうですね」(緒方)とのことだ。

WA3_3527
WA3_3543
WA3_3562


 と、ここまでがほぼ前置きで、セミナーのメインとなったのはKinectの体験プレイ。Kinectの楽しさは遊んでみないとわからないというのは記者も実感するところだが、セミナーはさながらゲーム開発者によるKinect体験会といった趣きに。日本国内で、Kinectのゲームがオフィシャルに公開されるのはほぼ初めてということもあり、極めて貴重な機会となった。当日遊べたのは、E3会場でも出展されていた『Kinect Adventures(キネクト アドベンチャー)』。複数のミニゲームが楽しめる『Kinect Adventures(キネクト アドベンチャー)』だが、会場では壁にあたったボールを跳ね返す“リコシェ”と、ゴムボートで川下りを楽しむ“リバーラッシュ”、そして板の上に乗って障害物競走をする“オブスタクルコース”の3種類が遊べた。以下に、Kinectを体験したゲーム開発者の皆さんのコメントを紹介するので、ここはそのコメントからKinectの楽しさを推測していただくしかないが、試遊している皆さんがとても楽しそうだったということだけはお伝えしておこう。

・「思ったより反応がよくて、実際に動かしている感じがした」
・「動きが早いのでびっくりした。家族で遊ぶと楽しそう」
・「難しかったけど、体感モノとしては楽しかった」
・「すごく気持よくプレイできました。いくらでも動きたくなりますね」
・「新しいプレイ感覚でおもしろかった。この世界に入っているという“没入感”があった」
・「思ったより反応がよかったです。少し疲れるけど(笑)」
・「ダイレクト感が強いですね。動いていておもしろいです。疲れるけど(笑)」

 最後に「今回E3でお披露目されたタイトルは、Kinectの機能のさわり部分の技術でしかないです。Kinectにはそのほかにも音声認識やフェイシャル認識など、さまざまな機能が入っています。新しいエンターテインメントのKinectを活用して、ゲーム開発者の皆さんには新しいタイトルを作っていただきたいですね」とまとめた緒方氏。大きな可能性を持つKinectは、来場者に大きなインパクトを残したようだ。

WA3_3573
WA3_3612

▲左が『Kinect Adventures(キネクト アドベンチャー)』のメニュー画面。もちろんKinectで操作してキャラクターを選択。右はプレイ中に撮影されるプレイヤーの写真。こういった趣向もゲームを遊ぶ楽しみを盛り上げる。

WA3_3686
WA3_3728

▲楽しそうにプレイするゲーム開発者の皆さん。



●『ロストプラネット 2』に見る最新開発事例、技術+アナログのアイデアが『ロスト プラネット 2』


WA3_3847

▲カプコン CS 制作部 CS第一制作室 加治勇人氏。

 “スペシャルセッション”として、GTMF 2010の幕を飾る講演として行われたのが、カプコン CS 制作部 CS第一制作室 加治勇人氏による“ロストプラネット2における新しい映像表現”。こちらは、先日行われたオートデスクのコーポレートイベント“Autodesk Design Innovation Forum 2010”での講演をさらに発展させたもの。プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ロスト プラネット 2』の開発事例をもとに、おもにグラフィック面での取り組みが紹介された。オートデスクのグラフィックツール“ソフトイマージ”で素材制作やモデリングなどを行ない、それをカプコンの自社開発エンジン“MTフレームワーク”にコンバートして、さまざまな調整を行ったという『ロスト プラネット 2』。「見た目とゲーム性の両方からアプローチしているのが『ロスト プラネット 2』の特徴です」という加治氏だが、講演では巨大AK(エイクリッド)“ゴディアント”での、前作では叶えられなかった背中に乗っての戦闘を実現した事例や無駄を省くために最初に仮マップを作成してからテストを重ねていくといった事例が紹介された。また、列車が疾走してのスピード感が印象的なエピソード3での“列車砲”によるバトルでは、実際は列車そのものは固定したままで、背景およびエフェクトを進行方向とは反対向きに逆走させて、列車が動いているように見せたという開発事例を種明かし。「アナログなアイデアも『2』では大事にしていた部分です。“こんなシチュエーションで遊んでみたい”というアイデアがあって、どうすればいいかのアイデアを出しあう」と加地氏。高い技術力が世界的に評価されているカプコンの開発陣だが、「技術だけではなくて、どういう遊びかたをすればいいかを話し合います」という加治氏の言葉からは、技術だけに留まらないカプコン開発陣の真髄を見た気がした。「最新技術+アナログのアイデアが『ロスト プラネット 2』です。チームの熱意を感じとっていただければ幸いです」と加地氏は講演を締めくくった。

WA3_3858
WA3_3866
WA3_3902
WA3_4001
WA3_4069
WA3_4073


※“Game Tools & Middleware Forum 2010”の公式サイトはこちら

[関連記事]
※Xbox 360の新デバイスProject Natalの正式名称が“Kinect(キネクト)”に決定
※Kinectと同時に発売されるのは15タイトル、『Kinectimals』や『Dance Central』など体感型のゲームが目白押し
※操作することの気持ちよさが味わえる、Kinect対応7タイトルの最速プレイインプレッションをお届け
※オートデスク主催のセミナーで『ロスプラ2』、『アンチャーテッド』の開発手法が明らかに
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

3DS版初代『イナズマイレブン』が期間限定で無料配信開始!『アレスの天秤』につながる物語を楽しもう

レベルファイブは、ニンテンドー3DS用ソフト『イナズマイレブン for ニンテンドー3DS』を、本日2018年7月20日より期間限定で無料配信開始する。

『ダーケストダンジョン』人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVが公開

KADOKAWAは『ダーケストダンジョン』において、人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVを公開したことを発表した。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』無料DLCでレーバテイン初期設定カラー版が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』において、無料ダウンロードコンテンツ“レーバテイン(B)”を配信開始した。

『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトが公開、続報は7月24日12時に

セガゲームスは『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトを公開した。カウントダウンが終了するのは2018年7月24日12時。

『WORK×WORK』キャラクターやバトルの流れ、モンスターなどを紹介

フリューは、2018年10月4日発売予定のNintendo Switch用ソフト『WORK×WORK』について、公式サイトを更新し、キャラクターやゲームシステムなど、ゲーム内容の詳細情報を公開した。

プロ野球のオフシーズンは”eBASEBALL”で熱くなれ!? プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”記者会見リポート

2018年7月19日、KONAMIは一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で、プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”を開催することを発表した。ここでは同日行われた記者会見で発表された内容を紹介する。

『まいてつ -pure station-』リツイートで豪華景品がもらえるキャンペーン第11弾、今回はソフト+“PlayStation 4 Pro PlayStation VR Days of Play Special Pack”+種崎敦美さん直筆サイン色紙!

PS4用ソフト『まいてつ -pure station-』。イエティ公式TwitterおよびLose公式Twitterでは抽選で豪華景品がもらえる“Lose&イエティ ダブルリツイートキャンペーン”を実施中。7月20日12:00からはキャンペーン第11弾がスタート。

『バイオハザード7』の川田将央プロデューサーに聞く、「これからも日本人らしさを出していきたい」【日本ゲーム大賞特集】

日本ゲーム大賞の優秀賞を受賞したタイトルは、海外でも評価が高い! ということで、クリエイターに日本ゲーム大賞を受賞した感想や、海外で賞をもらっての感想などを聞く。今回は、カプコンの川田将央氏。

自身の感性を信じ、おもしろいと思ったゲームをローカライズする。 個性の光るタイトルを続々展開するレイニーフロッグ合同会社とは?

ローカライズにおけるすべての作業をひとりで行うのはイギリス人男性!? インディーゲーム業界で名前をよく聞くようになった、レイニーフロッグ合同会社の事業内容を取材した。

『レゴ インクレディブル・ファミリー』鉄壁バリアガール“ヴァイオレット”の紹介映像が公開

ワーナー ブラザース ジャパンは『レゴ インクレディブル・ファミリー』に登場する一家の長女“ヴァイオレット”の紹介映像を公開した。