携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 15年ぶりの大型バージョンアップ、CRI・ミドルウェアがサウンド制作ミドルウェアの“CRI ADX2”を提供

15年ぶりの大型バージョンアップ、CRI・ミドルウェアがサウンド制作ミドルウェアの“CRI ADX2”を提供

2010/6/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●パフォーマンス面などが向上し、さらに使い勝手がよくなる

adx2_logo

 国内ミドルウェアメーカー大手のCRI・ミドルウェアでは、ゲームサウンド制作の新しいミドルウェアとして、“CRI ADX2”の提供を2010年7月1日より開始することを明らかにした。

 そもそも“CRI ADX”とは、15年以上にわたってゲーム開発者に提供されているマルチストリーミング音声再生システム。2000以上のタイトルに採用されており、CRI・ミドルウェアの基幹をなすミドルウェアのひとつとなっている。今回提供される“CRI ADX2”は、その“CRI ADX”の15年ぶりの“メジャーバージョンアップ版”として、CRI・ミドルウェアとしても非常に力の入ったものになっている。
 

adx2_screenshot

 CRI・ミドルウェアによると、“CRI ADX2”では従来版よりパフォーマンス面、機能面、ツール面が大幅に強化され、“統合オーディオソリューション&マルチストリーミングエンジン”として生まれ変わっているとのこと。従来から定評のあるマルチストリーミング再生機構を強化し、ディスクメディアだけでなくフラッシュROMにも最適なストリーミング技術を搭載。サウンド制作から再生、デバッグまで、ゲームに必要なあらゆる“音”をカバーすることが可能になる。また、プラットフォームごとに最適化したライブラリを用意しており、プレイステーション3やXbox 360では、300音のサウンド同時再生、ニンテンドーDSでは60000以上の効果音の瞬時呼び出しを実現している。さらに、CRI・ミドルウェアでは、“CRI ADX2”のメリットとして以下の点を挙げている。

【ゲーム開発者側のメリット】
(1)マルチプラットフォーム開発時のコスト削減や納期短縮を手軽に実現できる
(2)CPU負荷やメモリ容量を気にすることなく、大量のサウンドを再生できる
(3)ひとつの音素材からバリエーション豊かなサウンドを実現できる
(4)データ圧縮により、同じデータ容量の中により多くのコンテンツを収録できる
(5)ロード時間を手軽に短縮でき、ユーザビリティーの高いゲームを開発できる

【ゲームプレイヤー側のメリット】
(1)リッチなサウンドや大量のボイスが収録された臨場感あふれるゲームが楽しめる
(2)携帯ゲーム機で、据え置きゲーム機と変わらない高音質のサウンドが楽しめる
(3)豊富なステージや多数のキャラクターなど、コンテンツが充実したゲームが楽しめる
(4)ロード時間が短くストレスのないゲームを楽しめる
(5)ダウンロード型ソフトの容量が圧縮され、より多くのコンテンツを記録メディアに保存でき、ダウンロード時間も短縮される

 ゲームサウンドのさらなる充実を促すものとして、“CRI ADX2”に期待したい。

※“CRI ADX2”の詳細はこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

3DS版初代『イナズマイレブン』が期間限定で無料配信開始!『アレスの天秤』につながる物語を楽しもう

レベルファイブは、ニンテンドー3DS用ソフト『イナズマイレブン for ニンテンドー3DS』を、本日2018年7月20日より期間限定で無料配信開始する。

『ダーケストダンジョン』人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVが公開

KADOKAWAは『ダーケストダンジョン』において、人気ゲーム実況者・弟者のナレーション付きPVを公開したことを発表した。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』無料DLCでレーバテイン初期設定カラー版が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』において、無料ダウンロードコンテンツ“レーバテイン(B)”を配信開始した。

『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトが公開、続報は7月24日12時に

セガゲームスは『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品のカウントダウンサイトを公開した。カウントダウンが終了するのは2018年7月24日12時。

『WORK×WORK』キャラクターやバトルの流れ、モンスターなどを紹介

フリューは、2018年10月4日発売予定のNintendo Switch用ソフト『WORK×WORK』について、公式サイトを更新し、キャラクターやゲームシステムなど、ゲーム内容の詳細情報を公開した。

プロ野球のオフシーズンは”eBASEBALL”で熱くなれ!? プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”記者会見リポート

2018年7月19日、KONAMIは一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で、プロ野球esportsリーグ”eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”を開催することを発表した。ここでは同日行われた記者会見で発表された内容を紹介する。

『まいてつ -pure station-』リツイートで豪華景品がもらえるキャンペーン第11弾、今回はソフト+“PlayStation 4 Pro PlayStation VR Days of Play Special Pack”+種崎敦美さん直筆サイン色紙!

PS4用ソフト『まいてつ -pure station-』。イエティ公式TwitterおよびLose公式Twitterでは抽選で豪華景品がもらえる“Lose&イエティ ダブルリツイートキャンペーン”を実施中。7月20日12:00からはキャンペーン第11弾がスタート。

『バイオハザード7』の川田将央プロデューサーに聞く、「これからも日本人らしさを出していきたい」【日本ゲーム大賞特集】

日本ゲーム大賞の優秀賞を受賞したタイトルは、海外でも評価が高い! ということで、クリエイターに日本ゲーム大賞を受賞した感想や、海外で賞をもらっての感想などを聞く。今回は、カプコンの川田将央氏。

自身の感性を信じ、おもしろいと思ったゲームをローカライズする。 個性の光るタイトルを続々展開するレイニーフロッグ合同会社とは?

ローカライズにおけるすべての作業をひとりで行うのはイギリス人男性!? インディーゲーム業界で名前をよく聞くようになった、レイニーフロッグ合同会社の事業内容を取材した。

『レゴ インクレディブル・ファミリー』鉄壁バリアガール“ヴァイオレット”の紹介映像が公開

ワーナー ブラザース ジャパンは『レゴ インクレディブル・ファミリー』に登場する一家の長女“ヴァイオレット”の紹介映像を公開した。