携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プロデューサー&ディレクターに聞く、『TROY無双』欧米上陸の感触

プロデューサー&ディレクターに聞く、『TROY無双』欧米上陸の感触
【E3 2010】

2010/6/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●欧米をターゲットに作られた異色の『無双』がついにアメリカに見参

 

 コーエーテクモゲームスの新作アクション『TROY無双』は、欧米市場を念頭にコーエーテクモカナダで開発中の、『無双』シリーズのなかでも異色のタイトル。2010年6月15日から17日にかけて行われたE3で、いよいよ目標とする北米市場にお目見えした本作について、プロデューサーを務める鈴木亮浩氏と、ディレクターを務める門脇宏氏に話を聞いた。

 

DSCF0865
DSCF0861

 本作に課せられたのは、『無双』フランチャイズをもっと横に広げるために作られた、カナダ人スタッフの手による「欧米市場向けの『無双』」(門脇氏)を作るというミッション。このため、門脇氏がコーエーテクモカナダで直接ディレクションを行っている。題材として選ばれたのは、ホメロスの『イリアス』を中心としたトロイ戦争。これは、我々日本人がこれまで『無双』シリーズで扱われてきた日本の戦国時代や『三国志』に親しんでいるように、欧米の誰もが知っている物語であることがチョイスの理由。

 

WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT04
WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT09

▲神々のさまざまな思惑と戦争で彩られた神話世界が描かれる。かの有名なトロイの木馬の姿も。

 

 そしてゲームプレイの上で重要視されているのが、屈強な戦士の攻撃の重みを手に感じられること。「『無双』シリーズの基本は一騎当千の爽快感なのですが、そのなかにも一対一の肉を断つような手応えを重視しました」(門脇氏)。そのほかにも、『無双』シリーズのコアとなる部分は踏襲しながらも、倒した敵の死体が残ったり、“ラグドール”(受けた攻撃に応じて物理演算でやられモーションなどを生成する)を使ってリアルな反応を描くといった、海外のアクションゲームのスタンダードを取り入れている。この“重さ”の重視は徹底しており、打撃音を本作のために新たに収録しているほか、本作ではあえてジャンプを廃している。開発当初は存在していたそうなのだが、結果としてより重々しい戦闘を演出できるシールド攻撃(シールドで敵を崩したり、気絶させる)にボタンが割り振られており、シールドを使ったコンボも存在する。ちなみに、ジャストタイミングで攻撃を繋いでいくことで、攻撃力が倍増する“パーフェクト攻撃”をくり出すことも可能だ。

WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT14
WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT16

▲弱った敵や、ひるんで逃げ出した敵にボタン一発でトドメをさすこともできる。デモでは槍を投げて突き刺すこともできた。映画『300(スリーハンドレッド)』のような、血と肉と脂と埃にまみれた重厚な戦闘が特色。

 

 キャラクターの必殺技“無双乱舞”や“無双奥義”にあたるものも変更され、ワンボタンで発動できるブースト状態“フューリー”(怒り)に。独自のモーションが用意されているわけではないのだが、その引換えに攻撃力と流血などの演出が倍増し、かつキャラクターが無敵になるというものになっている。この点についてはスタッフでも悩んだそうだが、一対一、ファランクス(古代マケドニアなどで使用された、槍兵の集団で構成する突撃陣形)などを相手にする際の一対多数、さらに巨大ボスなど、多彩なシチュエーションに対応しなければならないことを受けて、こういう形になっているそう。E3バージョンのプログラムではアキレウスとしてプレイできたのだが、ラストはアポロン神が憑依した巨大なボスとのバトルとなっていた。一定量のダメージを与えたのちは、QTE(クイックタイマーイベント)でトドメをさすフィニッシュシーンへ。QTEに割り当てられたボタンとモーションが単調なのが気になったが、これはデモ用にクリアーしやすいよう調整したがゆえとのことなので安心してほしい。


WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT15

▲囲まれたら、フューリーを発動して一気になぎ倒していきたい。

 

 また、トロイ戦争という新たな舞台での最初のタイトルということもあり、戦場の描かれかたも多少異なる。従来は両軍が激突しているカオスな戦場をどのように解決していくかという“タクティカルアクション”という性質があったが、本作ではまずキャラクターにフォーカスして、それぞれに与えられたミッションをクリアーしながら、プレイヤーキャラクターの人となりや、状況などが把握していくようになっている。プレイヤーキャラクターはアキレウスなどのギリシャ側の登場人物だけでなく、トロイの英雄ヘクトルや王子パリスも登場。欧米では日本のタイトルのキャラクター造形に対してしばしば「なんできゃしゃな女性が戦場にいるんだ」(鈴木氏)という意見があるそうなのだが、これに応じて、現在発表されている唯一の女性プレイヤーキャラクターのペンテシレイアは、アマゾネスの女王で2メートル、90キロ超と、じつに“説得力”があるものとなっている。

 

WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT07

▲戦場に立つならば、たとえ女性であっても、それにふさわしい肉体が必要なのだ!

 

 では、実際に北米上陸してみて、感触はどうだったのだろうか? 「ここに来るまでは心配していたんですが、いい感触をいただけました。必殺技で刺したときなどは、欧米のメディアのかたも“はっ!”と息を飲んでいただいていました。もっと洗練していく必要はありますが、狙っていた方向性には自信をつけました」(門脇氏)、「まとまった感じになったので、安心しました(笑)。それと、こちらに来るまでは、すごい血の量も多いし、血溜まりもあるので、「過激かな?」と思っていましたが、これぐらいが丁度いいのかなと感じています。嫌悪感を出すほどのレベルではないので。武器と表現のバランスが丁度あっていて、欧米市場では正解だったなと今は思っています」(鈴木)と、手応えを感じている模様。最後に、日本のプレイヤーへのメッセージをもらった。


WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT13
WARRIORSLEGENDSOFTROY_SCREENSHOT12

▲流血表現は多いものの、流血そのものを売りにするスプラッターなほどではない。鈴木氏は、E3会場でさまざまなタイトルを見て、欧米市場向けとして「これぐらいが丁度いい」と語る。

 

DSCF0867

門脇 我々がもう2年近く追求している、西洋のティストあふれるアクション、シリアスな大人のストーリーを丁寧に時間かけてつくっていますので、楽しみに待っていただきたいと思います。

鈴木 簡単な操作で誰でも楽しめるというのが『無双』のコンセプトでしたが、今回はちょっと違っています。もちろん誰でも楽しめるのですが、パーフェクトタイミングで押さなければいけなかったり、一体一の戦いではかなり考えて戦わなければいけなかったり、プレイヤー自身のアクションスキルを要求するゲームになっています。欧米市場の求める方向を取り入れた結果ですが、日本のユーザーの皆さんも、こういった部分を意識してプレイしていただくと、よりアクションを楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。

 

 では、シリーズ産みの国である日本への逆上陸し、日本のプレイヤーが本作を触れるタイミングは? 「東京ゲームショウでお会いできたらいいですね」(鈴木氏)とのことなので、期待して待とう。

 

※『TROY無双』 の公式サイトはこちら

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイマス シンデレラガールズ』“プロデューサーさん感謝祭”リポート! ライブパートは珠玉の名曲の数々&桜咲千依さんによるDJプレイに大熱狂!!

2019年6月16日、東京・新木場スタジオコーストにて開催された『アイドルマスター シンデレラガールズ』のイベント“プロデューサーさん感謝祭”のリポートをお届け。

『テイルズ オブ グレイセス』櫻井孝宏、花澤香菜らが出演する10周年イベントが11月24日に開催決定! 『ヴェスペリア』舞台のキャスト&日程も判明

『テイルズ オブ』シリーズのイベント関連の新情報が公開。『テイルズ オブ グレイセス』の10周年を祝う“テイルズ オブ グレイセス Anniversary Party”、“テイルズ オブ ザ ステージ”の新作“-光と影の正義-”の概要が明らかになった。

テレビアニメ『ヴィンランド・サガ』PV第4弾公開。エンディング曲は“Aimer”、アニメ版CDジャケットも公開

2019年7月より放送開始されるテレビアニメ『ヴィンランド・サガ』について、Aimerのエンディングテーマを使用したPVが公開された。

『ヒロアカ』4期は10月12日スタート決定&第2弾PV公開。“サー・ナイトアイ”声優は三木眞一郎&キャラデザインも解禁

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。テレビアニメ第4期シリーズのPV第2弾が公開された。

『ガルパン 最終章』BC自由学園戦車道チーム隊長“マリー”がケーキを食べる姿もかわいらしくフィギュア化! 12月発売予定

『ガールズ&パンツァー 最終章』より“マリー”のフィギュアが2019年12月に発売予定。

【でかい】“一番くじ SSSS.GRIDMAN”が7月13日より発売開始。六花&アカネの描き下ろし“等身大ビジュアルクロス”などイラスト満載のラインアップ!

ハズレなしのキャラクターくじの最新作“一番くじ SSSS.GRIDMAN”が2019年7月13日よりローソン、書店、ホビーショップ、ゲームセンター、アニメイトなどで順次発売開始。

【ソニック生誕28周年】ゆる〜い手描きソニック“すけっちほっぐ”のLINEスタンプが登場

ソニック生誕28周年を記念し、LINEクリエイターズスタンプゆる〜い手描きソニック“すけっちほっぐ”が2019年6月14日から配信中。

アルトリウス役・堀内賢雄の登場や、DEENによるライブなどに、横浜アリーナがまたまた沸いた! “テイルズ オブ フェスティバル 2019”初日の模様をリポート

2019年6月15日〜16日の2日間、『テイルズ オブ』シリーズの祭典“テイルズ オブ フェスティバル 2019”が開催。本記事では、初日(6月15日)の模様をお届けする。

【FGO】第12節“前進衝動/人々と彼女”をフレンド以外星3以下パーティで攻略【ストーリー第2部第4章ユガクシェートラ】

『Fate/Grand Order』(FGO)の新ストーリー第2部 第4章 第12節“前進衝動/人々と彼女”の攻略情報を掲載。

【FGO】第11節“トレーター・ユガ”をフレンド以外星3以下パーティで攻略【ストーリー第2部第4章ユガクシェートラ】

『Fate/Grand Order』(FGO)の新ストーリー第2部 第4章 第11節“トレーター・ユガ”の攻略情報を掲載。