携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ライトサイクル展示もアリ――『Tron』は最高だぜ! という極私的リポート

ライトサイクル展示もアリ――『Tron』は最高だぜ! という極私的リポート
【E3 2010】

2010/6/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●年末全米公開の映画に合わせて登場

 

R0014233

  2010年6月15日から17日までロサンゼルス・コンベンションセンターで行われた、世界最大のゲームショーE3。会期中にお届けきれなかった情報を引き続きお伝えする。

 

 任天堂カンファレンスでも紹介された、ウォーレン・スペクター氏によるWii用タイトル『Epic Micky』をブースのメインに持ってきたDisney Interactive。あちらも気になりまくるタイトルだが、記者の個人的感情に従えば、限られた時間での試遊に選ぶのは、プレイステーション3、Xbox 360、PC向けに2010年クリスマスに発売予定の『Tron: Evolution』ということになる。


R0014220
R0014227

 

 オリジナルの『Tron』は、1982年に公開されたディズニーのSF映画。トラブルによってハッキング中のコンピューターシステム内に転送されてしまったプログラマーのフリンを演じるのは、先日第82回アカデミー主演男優賞に輝いたジェフ・ブリッジス。ストーリーは、コンピューター世界で擬人化されたプログラムたちと奮闘するフリンの戦いを描いている。


 『Tron』で描かれるコンピューター世界は、いまとなっては少し陳腐だ。“いいプログラム”に対して、システムを監視する“悪いプログラム”MCP(マスター・コントロール・プログラム)の構成要員たちはいかにも悪そうに描かれる(もちろん、プログラムにいいも悪いもないのに)。だが、それでも最先端のCG(と人力)で描かれたコンピューター世界の圧倒的な美しさには抗いがたい魅力がある。メビウスやシド・ミード、ティム・バートンといったクリエーターが各種デザインに携わっており、美麗なコンピューター世界と、“ライトサイクル”などのガジェットのスタイリッシュなデザインは、多くのクリエイターに影響を与えた。そんな『Tron』の続編として、アメリカで2010年年末公開を目指して製作中の新作映画『Tron Legacy』に合わせて発売予定なのが本作。時間軸的には『Tron: Legacy』の前日譚となっており、シリーズのいまだ語られざる謎にも迫っているという。

 

14700TRON_Evolution_07

 

 前置きが長くなってしまって申し訳ないが、『Tron: Evolution』には『Tron』ファンがグッと来る要素はきちんと揃っている。ステージの開始前にはフリンからのメッセージがわざわざ旧式のテキスト・コンソール風に表示されるし、擬人化されたプログラムたちの社会も『Tron Legacy』版の新たなグラフィックスタイルで再現されているし、なによりフライングディスクや、ライトサイクル、門の形をした“レコグナイザー”といったガジェットも全部ちゃんと出てくる!

 

14698TRON_Evolution_05

▲OSの擬人化がなんだ! プログラムの女性擬人化なんて、『Tron』で18年前に通った道だ! もちろん本作にだってあるぞ。萌えないけど……。

 

 では、どんなゲームなのか? 基本は3Dのアクションアドベンチャーで、壁を走ったり、フライングディスクを使ったバトルアクションが爽快。ボタンを連打するだけでも、ディスクを飛ばして連続攻撃し、コンボを決めることができる。周囲をフッ飛ばす必殺アタックもあるので、敵に囲まれたら発動して、サクサクと進めてしまおう。


14697TRON_Evolution_04
14693Screenshot_021
14699TRON_Evolution_06

 

 ステージが進むとライトサイクルにも乗れるようになり、壮大かつ広大なコンピューター世界での高速チェイスを楽しむことができる。お互いに追い詰めあい、一瞬でも判断を誤ったら即死というオリジナル版『Tron』のライトサイクルの緊張感こそ足りないが、その分スピード感はバツグンだ。記者は体験出来なかったが、製品版ではオンラインのマルチプレイ要素もあるとのこと。


14692Screenshot016
14694TRON_Evolution_01
14695TRON_Evolution_02
14696TRON_Evolution_03
14701TRON_Evolution_08
14702TRON_Evolution_09
14689JumpingFight_Watermarked
14690LandingBay02
14691Screenshot013

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『リゼロ』“ラム ロズワール戦Ver.”1/7スケールフィギュアが登場。風魔法“エル・フーラ”を発動する瞬間を再現

KADOKAWAは、『Re:ゼロから始める異世界生活』の“ラム ロズワール戦Ver.”1/7スケールフィギュアを発売決定。予約受付を電撃屋、カドカワストア、エビテンなどで開始した。予約期間は7月28日(水)まで。価格は22000円[税込]。

『鬼滅の刃』ぷっちょグミ第1弾“ピーチ&ソーダ”が6月21日より全国のコンビニで先行発売。

UHA味覚糖は、テレビアニメ『鬼滅の刃』のぷっちょグミ第一弾“ぷっちょグミ 鬼滅の刃 ピーチ&ソーダ”を、2021年6月21日(月)より全国のコンビニエンスストアで先行発売する。パッケージは、竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、煉獄杏寿郎の全5種類。

『ザ クルー』シリーズの累計プレイヤーが3000万人を突破。『ザ クルー2』シーズン3エピソード1“US Speed Tour East”が7月7日に配信決定【E3 2021】

ユービーアイソフトは、オープンワールド・レーシングゲーム『ザ クルー2』が3周年を迎え、『ザ クルー』シリーズの累計プレイヤー数が3000万人を突破したことを明らかにした。

『ウマ娘 シンデレラグレイ』の魅力を語りたい。地方の“灰かぶり少女”が国内最高峰のレースへ殴り込み!! 熱いシンデレラストーリー

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中、コミックスは2021年6月現在、第3巻までが刊行されている『ウマ娘 シンデレラグレイ』(漫画:久住太陽、脚本:杉浦理史、漫画企画構成:伊藤隼之介、原作:Cygames)の魅力をご紹介!

『鬼滅の刃』スマホトイ“鬼滅の刃POD”が7月29日発売。42名のキャラクターボイスが160種類以上収録、憧れの柱から激励の言葉もあるぞ!

セガトイズは、“鬼滅の刃POD”を2021年7月29日に発売すると決定した。累計160万台以上販売している“スマホトイ”シリーズの『鬼滅の刃』バージョン。42名のキャラクターボイスが計160種類以上収録され、アプリは40種類以上搭載されている。

“レゴ タイプライター”7月1日発売決定。20世紀のモダンなデザインで、打鍵時の動きなどもしっかり再現

レゴジャパンは、“レゴ タイプライター”を2021年7月1日に発売する。1950年代のタイプライターをモデルに制作されており、キーを打つことでパーツが動く可動部分も忠実に再現されている。

『スターソルジャー』35周年。16連射の高橋名人に憧れる子どもたちが熱狂した時代。キャラバンには凄腕プレイヤーが集った【今日は何の日?】

ゲーム業界に何があったのかを振り返る。いまから35年前の1986年(昭和61年)6月13日は、ファミコン用ソフト『スターソルジャー』が発売された日。本日で35周年を迎えた。

『Wizard with a Gun』銃と魔法のサンドボックス型サバイバルアクションがSwitch/PCで2022年発売。日本語対応も予定【E3 2021】

ゲームの最新情報などを発表するイベント“Devolver MaxPass+”が配信。サンドボックス型サバイバルアクション『Wizard with a Gun』が発表された。

『Trek to Yomi』時代劇オマージュのモノクロ侍アクション、2022年に発売決定。対応プラットフォームは、PS5/PS4/XSX|S/XboxOne/PC

『Trek to Yomi』は、日本の時代劇をオマージュしたようなモノクロで展開するアクションゲーム。主人公の侍“ヒロキ”が、死にゆく師匠への誓いとして、自分の住む町を守るために、立ちはだかる侍たちと剣戟アクションをくり広げる。