携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ライトサイクル展示もアリ――『Tron』は最高だぜ! という極私的リポート

ライトサイクル展示もアリ――『Tron』は最高だぜ! という極私的リポート
【E3 2010】

2010/6/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●年末全米公開の映画に合わせて登場

 

R0014233

  2010年6月15日から17日までロサンゼルス・コンベンションセンターで行われた、世界最大のゲームショーE3。会期中にお届けきれなかった情報を引き続きお伝えする。

 

 任天堂カンファレンスでも紹介された、ウォーレン・スペクター氏によるWii用タイトル『Epic Micky』をブースのメインに持ってきたDisney Interactive。あちらも気になりまくるタイトルだが、記者の個人的感情に従えば、限られた時間での試遊に選ぶのは、プレイステーション3、Xbox 360、PC向けに2010年クリスマスに発売予定の『Tron: Evolution』ということになる。


R0014220
R0014227

 

 オリジナルの『Tron』は、1982年に公開されたディズニーのSF映画。トラブルによってハッキング中のコンピューターシステム内に転送されてしまったプログラマーのフリンを演じるのは、先日第82回アカデミー主演男優賞に輝いたジェフ・ブリッジス。ストーリーは、コンピューター世界で擬人化されたプログラムたちと奮闘するフリンの戦いを描いている。


 『Tron』で描かれるコンピューター世界は、いまとなっては少し陳腐だ。“いいプログラム”に対して、システムを監視する“悪いプログラム”MCP(マスター・コントロール・プログラム)の構成要員たちはいかにも悪そうに描かれる(もちろん、プログラムにいいも悪いもないのに)。だが、それでも最先端のCG(と人力)で描かれたコンピューター世界の圧倒的な美しさには抗いがたい魅力がある。メビウスやシド・ミード、ティム・バートンといったクリエーターが各種デザインに携わっており、美麗なコンピューター世界と、“ライトサイクル”などのガジェットのスタイリッシュなデザインは、多くのクリエイターに影響を与えた。そんな『Tron』の続編として、アメリカで2010年年末公開を目指して製作中の新作映画『Tron Legacy』に合わせて発売予定なのが本作。時間軸的には『Tron: Legacy』の前日譚となっており、シリーズのいまだ語られざる謎にも迫っているという。

 

14700TRON_Evolution_07

 

 前置きが長くなってしまって申し訳ないが、『Tron: Evolution』には『Tron』ファンがグッと来る要素はきちんと揃っている。ステージの開始前にはフリンからのメッセージがわざわざ旧式のテキスト・コンソール風に表示されるし、擬人化されたプログラムたちの社会も『Tron Legacy』版の新たなグラフィックスタイルで再現されているし、なによりフライングディスクや、ライトサイクル、門の形をした“レコグナイザー”といったガジェットも全部ちゃんと出てくる!

 

14698TRON_Evolution_05

▲OSの擬人化がなんだ! プログラムの女性擬人化なんて、『Tron』で18年前に通った道だ! もちろん本作にだってあるぞ。萌えないけど……。

 

 では、どんなゲームなのか? 基本は3Dのアクションアドベンチャーで、壁を走ったり、フライングディスクを使ったバトルアクションが爽快。ボタンを連打するだけでも、ディスクを飛ばして連続攻撃し、コンボを決めることができる。周囲をフッ飛ばす必殺アタックもあるので、敵に囲まれたら発動して、サクサクと進めてしまおう。


14697TRON_Evolution_04
14693Screenshot_021
14699TRON_Evolution_06

 

 ステージが進むとライトサイクルにも乗れるようになり、壮大かつ広大なコンピューター世界での高速チェイスを楽しむことができる。お互いに追い詰めあい、一瞬でも判断を誤ったら即死というオリジナル版『Tron』のライトサイクルの緊張感こそ足りないが、その分スピード感はバツグンだ。記者は体験出来なかったが、製品版ではオンラインのマルチプレイ要素もあるとのこと。


14692Screenshot016
14694TRON_Evolution_01
14695TRON_Evolution_02
14696TRON_Evolution_03
14701TRON_Evolution_08
14702TRON_Evolution_09
14689JumpingFight_Watermarked
14690LandingBay02
14691Screenshot013

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FF14』第8回14時間生放送が明日(10/8)12時より配信。“第73回プロデューサーレターLIVE”、坂口博信氏×吉田P対談など盛りだくさんの内容

スクウェア・エニックスは、2022年10月8日(土)に配信予定の『ファイナルファンタジーXIV』(FF14)の14時間生放送の内容およびタイムテーブルを公開した。

『SIREN』を平成生まれの編集者が24時間ぶっ通しプレイ!10月8日12時から初見プレイ生放送開始【レジェンドゲーム初見実況チャンネル】

YouTube「レジェンドゲーム初見実況チャンネル」の生放送企画“矢野・松脇のこれ知らない?”で、10月8日12時より『SIREN』の初見実況を開始。

アニメ『チェンソーマン』追加キャストが発表。天使の悪魔役は内田真礼、サメの魔人役は花江夏樹に決定。花江「チェンソー様!最強!チェンソー様!最高!チェンソー様!最強!チェンソー様!最高!チェンソー様!」

2022年10月11日(火)24時より放送されるテレビアニメ『チェンソーマン』に登場する天使の悪魔、サメの魔人、暴力の魔人、蜘蛛の悪魔、 沢渡アカネ、サムライソードを演じるキャストが解禁された。

【ホロライブゲームコラム】一番泣いたゲーム【アキ・ローゼンタール 第2回】

ゲーム実況でふだんからさまざまなゲームに挑戦しているホロライブのメンバーが、ゲームへのアツい思いを書き連ねていくコラム。今回はアキ・ローゼンタールさんが、これまでで“いちばん泣いた”というゲームを紹介してくれます。

特設サイト“GTAオンライン プレイ日記2022”第6回でいよいよカヨ・ぺリコ強盗に突入。島の入念な偵察&乗り物やら武器やらの物資調達に奔走します!

ロックスター・ゲームスが運営する『GTAオンライン』のスペシャルサイト“GTAオンライン プレイ日記”。ロスサントスでの自由で刺激的な“人生”を毎週更新でお届けする連載企画の第6回は、いよいよ“カヨ・ぺリコ強盗”に突入。事前の偵察と物資の調達に奔走します。

『暴れん坊天狗』『ZOMBIE NATION』デザインのスケートボードデッキがエビテンにて予約受付開始。メインビジュアルを手がけたOKN/岡野聡氏のメッセージカードも付属

横スクロールシューティングゲーム『暴れん坊天狗&ZOMBIE NATION』スケートボードデッキ2種が、エビテンにて予約を開始した。

Switch/PS4『JINKI -Infinity-』のOPムービーが公開。過酷な世界で戦う美少女たちの姿や人機(ジンキ)による迫力満点の戦闘シーンに注目

2022年10月7日(金)、エンターグラムはNintendo Switch/プレイステーション4向けソフト『JINKI -Infinity-』のオープニングムービーを公開した。CGを用いた迫力あるロボットの戦闘シーンが魅力的だ。

『モンハンライズ:サンブレイク』期間限定ストアがロフト、カプコンSHOPなどで明日(10/8)より開催。デフォルメされたかわいいモンスターのグッズが登場

カプコンは『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の期間限定ストア“観測拠点エルガド公認マーケット”をロフト、ヨドバシカメラ、カプコンSHOP、ホビーSHOPほか全国26か所にて開催する。期間は2022年10月8日(土)〜10月25日(火)。

アニメ『あずまんが大王』がアマゾンプライムビデオで配信。飛び級で高校生になった10歳のちよちゃんと個性的なクラスメイトたちによる日常に癒される

アマゾンプライムビデオでアニメ『あずまんが大王』が配信された。アマゾンプライム会員であれば、誰でも無料で視聴できる。

『FF14』モーグリのぬいぐるみや『FF9』ビビのアクションドールなど、人気商品が“e-STORE”にて明日(10/8)より再受注分を発売

2022年10月8日(土)より、スクウェア・エニックス e-STOREにて、『ファイナルファンタジーIX』モーグリ“クプル・コポ”のぬいぐるみ、『キングダム ハーツ』シリーズ“シャドウ”のフィギュアなど一部商品の再販が実施される。