携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 何回遊んでも「気持ちいい」と思ってもらえるタイトルを、『Child of Eden』を発表した水口哲也氏を直撃!

何回遊んでも「気持ちいい」と思ってもらえるタイトルを、『Child of Eden』を発表した水口哲也氏を直撃!
【E3 2010】

2010/6/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プレイステーション3とXbox 360で発売を予定、Xbox 360版はKinect対応!

SANY0204

 昨年のE3におけるユービーアイソフトのカンファレンスで発表された“プロジェクトエデン”。鬼才、水口哲也氏が手掛ける作品ということで世界的に注目を集めた同作だが、今年のE3でついにその全貌が明らかに! シューティング『Child of Eden』としてプレイステーション2およびXbox 360向けに開発中であることが公開されたのだ。しかもXbox 360版はKinect対応。発表会では、壇上に立った水口氏が手を左右に振って自機を操作、手を握ることでロックオンし敵を撃つといったデモが披露された。音楽と映像が融合した気持ちよさはまさに水口テイスト! そんな期待作の詳細を知るべく、E3の会場で水口哲也氏にお話を伺った。

COE_A_003_E3_Matrix_NoLogo
COE-E3-Evolution01_NoLogo
COE-E3-Evolution02_NoLogo


――昨年発表された段階で、Kinect対応というプランは固まっていたのですか?
水口
 えーと、どうだったでしょうね(笑)。ただ、Kinectのことが明らかになったときに、比較的早い段階からユービーアイソフトの社長のイブ(イブ・ギユモ氏)から「やってみたらいいんじゃないですか?」という提案がありました。だから、Kinectには初期の段階から積極的に取り組みましたね。基本は、まずはプレイステーション3とXbox 360で、多くの人がコントローラで遊んで楽しいものを目指しつつ、Kinectで遊ぶとさらに楽しい……といった方向性を考えていました。

――ということはKinect専用ではない?
水口
 違います。専用ではないですね。基本はコントローラありきです。最近のコントローラは振動機能が標準装備されているので、もうひとつのコントローラをバイブレーション機能専用として使うといったことを考えています。これは『Rez HD』で実装したことでもあるのですが。振動が水口っぽいとこちらの人に言われることもあります。そういった点も含めまだはっきりと言えない点は多いです。


DSCF0395

――ゲームを見ると、新しい世代の『Rez』という印象を受けたのですが、そのへんは意識された?
水口
 「『Rez』の続編ですか?」って聞かれるのですが、違います。ただ、同じ人間が作っているので、方向性は似てくるのかもしれません。『Rez』のようなテーマも、やはり僕の中では一生突き詰めていくものなので、いまのテクノロジーで新しい形でやれるのは幸せなことだと思っています。

――世界観のバックボーンなどはあったりするのですか?
水口
 このゲームの舞台となる“エデン”というのは、人間の記憶とか記録が保存されている“アーカイブ”の世界なんですね。いまでいうインターネットですよね。“エデン”には留めたい人類の記憶とか営みがいろいろと記録されています。主人公はルミという女の子なのですが、その“エデン”の中でルミの人格を組み上げようというプロジェクトが立ち上がったときに、“エデン”にウィルスが発生するんですね。で、ゲームを進めれば進めるほど物語がどんどん明らかになってくるといった仕掛けになっています。そのへんはあまり今回は言わずに、まずはビジュアルだけを見て、「なんだ、これは!?」と思っていただければ(笑)。

――ゲーム的なボリュームはどうでしょうか? 2周目、3周目といった楽しみかたはあったりするのでしょうか?
水口
 ありますね。僕らのゲームは何回遊んでも楽しいというふうに作っていますので。『ルミネス』にしても『スペースチャンネル5』にしても、1回やって終わりというようなことはなかったですからね。「何回遊んでも気持ちいい」ってどうやったら思っていただけるのか、今回も試行錯誤をくり返すことになると思います。やっぱり音楽はすごく大事だし、元気ロケッツを使おうかなとも思っています。

――実際に開発してみてKinectはどうでした?
水口
 すごいスピードであわせてきているなという感じはします。とても力を入れていると思います。ユービーアイソフトの中でも特別のチームを設けてKinectに取り組んでいるくらいですからね。Kinectに関しては、「どれだけ使いこなせるか?」というソフトウェアの力がけっこう強いので、キューエンタテインメントでも専門のスタッフを置いていますけどね。ちょっとした違いですごくストレスを感じたりするんです。だから調整とか、チューニングをしっかりとしないといけない。

――Kinectは音声認識に対応していますが、『Child of Eden』ではどうですか?
水口
 音声認識も使えたらおもしろいなとは思っていますね。ちょっとそこまでは言える段階ではないのですが、実験はしていますよ。

――開発状況はどの程度ですか?
水口
 半分くらいかなあ。今回の発表会ではちょっとしか見せていないのですが、開発はちゃんと先に進んでいますよ。

――最後に、『Child of Eden』を待っている日本のファンにメッセージをお願いします。
水口
 音楽と映像のコンビネーションというのは、ある意味僕がもっとも得意とする分野なのですが、すごく久しぶりという印象がありますね。ここ数年は元気ロケッツをやったり、3Dの映像を使ったライブを演出したりと、音楽や映像に自分の活動を振っていたところがあるのですが、じつはここに来るまでの布石みたいなところがあったのかもしれませんね。やはり自分もクリエイターとして、まだまだ映像とか音に関わる感性を磨き続けたい。ようやくこういう形で、音楽と映像をインタラクティブ性のあるゲームとして作れる機会が来たので、いまはとても楽しんでいます。発売予定の2011年Q1(2011年1〜3月)までの1年半、このまま楽しみ続けたいと思っています。あと、ユービーアイソフトが、とてもクリエイティブな感性をもったパブリッシャーなので、彼らとのコンビネーションはとてもうまくいっています。世界を見ながら、楽しくクリエイションをやっていらえるという状態です。きっといいものになると思いますよ。期待していてください。

 水口哲也氏が手掛ける『Child of Eden』は、2011年春までにはリリースしたいとのこと。残念ながら国内における発売は未定だが、そこは絶大な支持を得る水口氏のこと大いに期待してもよさそうだ。今後の続報を待ちたい。

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『CLANNAD』の古河渚をイメージした腕時計やバッグなどが登場!渚との思い出がいつでも蘇るような、アイテムをお見逃しなく!

大人気恋愛アドベンチャーゲーム『CLANNAD(クラナド)』とSuperGroupiesのコラボアイテムが登場!ヒロインのひとりである“古河渚”をイメージ。

『レインボーシックス シージ』EG Canadian、DarkZero Mint、TeamEmpire JoyStiCKインタビュー 「BCは自分を成長させてくれた選手」【S9 Finals】

『レインボーシックス シージ』プロリーグ世界大会 シーズン9 Finalsが、本日2019年5月18日(土)〜19日(日)にイタリア・ミラノで開催中だ。 ここでは、準々決勝を終えたTeam EmpireのJoyStiCK、DarkZero EsportsからMint、そしてEvil Geniuses Canadianのインタビューをお届けする。

『アイマス ミリシタ』にジュリアの楽曲『流星群』が追加。ギタープレイのモーションアクターは“あの人”

“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!!”神戸公演2日目で、『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の最新情報を発表。

『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン9 Finals Day2は20時30分よりスタート FNATIC vs Team Empire、EG vs FaZeに注目!

『レインボーシックス シージ』プロリーグ世界大会 シーズン9 Finalsが、本日2019年5月18日(土)〜19日(日)にイタリア・ミラノで開催中だ。Day2となる本日19日は、APAC代表のFNATICと、EUプロリーグ1位のTeam Empireの対決が待っている。また、準決勝Evil Geniuses対FaZe Clanと、人気チームの対決にも注目だ。

【甘酸っぱさ全開】アニメ『SAO アリシゼーション』のアクション作画監督・菅野芳弘による『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCMが公開

アニメ『SAO アリシゼーション』のアクション作画監督の菅野芳弘氏が監督を務めた、花王“ビオレ さらさらパウダーシート”のCM映像が公開。

成り上がるのは誰? PS4『龍が如く最新作』助演女優オーディションの2次審査が開催

PS4版『龍が如く最新作』に主人公の仲間として登場する、メイン級女性キャラクターの出演者を決めるオーディションが二次審査に突入。参加者たちの中からスターの原石を見い出される!?

【FFXII】PS4、Switchなどで遊べる『FFXII ザ ゾディアック エイジ』を通じて原作を振り返る。陰謀と想いが交錯するドラマと戦略性溢れるバトル

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、Xbox Oneで相次いで配信された『ファイナルファンタジー』シリーズ。その中から、『FFXII ザ ゾディアック エイジ』(FF12)の特徴を、PS4版も含めて改めて振り返る。

アメコミ調の『となりのトトロ』や『紅の豚』!? 飾って楽しめるスタジオジブリのヴィンテージテイストグラスが5月下旬より発売

『となりのトトロ』『耳をすませば』など、スタジオジブリの6作品をアメコミ風にデザインした懐かしいフォルムのグラスシリーズが登場。

NPBスプラトゥーン2、横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)が、ホークス(GGBOYZ)を3-1で破って日本一に! 本大会2日目結果まとめ

NPB×『スプラトゥーン2』本大会2日目、e日本シリーズがついに決着。令和元年ナワバリバトル王者が決まる! 代表決定トーナメント、e日本シリーズ両方の結果速報をお届けする。

『イナズマイレブン』シリーズ10周年の企画展が5月17日よりスタート。『アレスの天秤』『オリオンの刻印』の必殺技シーンアニメ原画が初展示

『イナズマイレブン』シリーズ10周年を記念した“イナズマイレブン展”が2019年5月17日(金)より開催。