携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PSP版『ゴッド・オブ・ウォー』最新作はどう進化するのか?

PSP版『ゴッド・オブ・ウォー』最新作はどう進化するのか?
【E3 2010】

2010/6/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

よりデカく、より優れた『ゴッド・オブ・ウォー』へ

 

 2010年6月15日から17日までロサンゼルス・コンベンションセンターにて開催された、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)。PSP(プレイステーション・ポータブル)用の『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズ最新作『God of War: Ghost of Sparta』のプレゼンテーションを見てきたので、その模様をお伝えする。

 

DSCF0870

 開発を行ったのは、PSP版の前作にあたる『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』と同じReady at Dawn Studios。なぜPSPでまた開発することになったのかと問われ、前作でできなかったことを実現し、もっとも優れた作品にするために戻ってきたのだと語っており、むしろ改良できないならばやりたくなかったとまで言うだけあり、前作からの進化は、新たなアクションや機能から、グラフィックの改良、細かい演出にいたるまで、多岐に渡っている。

 

 プレゼンテーションでは、SCEAブースで公開されていた、新たな魔物Scylla(スキュラ)との、海上をメインにした戦いと、初公開となるMidas(ミダス)とのステージの2部構成でデモプレイが披露された。


 スキュラは巨大で、海上で突然襲ってくるシーンはド迫力。前作よりもカメラが敵キャラクターに寄るようになっているのだが、これはクレイトスのアクションや戦いを、をより自分に近い経験として味わってもらうための改良。QTE(クイックタイマーイベント)が表示されるボタンの位置も変更され、上下左右の画面端に表示されるようになっている。これは『ゴッド・オブ・ウォーIII』に影響されたもので、「この方がカットシーンが邪魔されないからいいね」ということらしい。

 

vtx_00010
scylla_tide_pool_arena

 

 “ハイペリオン・チャージ”と呼ばれる新たなアクションも追加されており、発動するとクレイトスが敵へ突進し、馬乗りになってボコボコにする。見た目が痛そうだし、敵によってオリジナルのキルモーションも用意されているので、ガンガン使っていきたいアクションだ。スキュラを何度も倒し、最後にふたたび登場したところで前半は終了。巨大ボスと決着をつけるまで何度か相対するのはシリーズでよく見られる演出だが、これは敵キャラクターがクレイトスにやられて怒りを蓄積させていくのを順に見せて行く演出のため。ちなみにボスの数は前作の2倍になっているとのこと。

 

att_002_tif_jpgcopy
att_014_tif_jpgcopy
eye_of_atlantis
spear_and_shield

▲赤い光線を発射する武器“Eye of Alantis”のコンセプトアート。

▲ランスとシールド。


 初公開となったミダス王のステージは、溶岩が流れる洞窟で展開する。ミダス王に触れられると金になってしまうので、クレイトスは彼を殴り倒し、かついで運んで行く。このステージは、クレイトスがかつてなく怒り狂っている感がよく伝わるようになっている。魔物が来るといったんミダス王を下ろさなければならないのだが、敵をすべて倒したあと、ミダス王が回復してまたクレイトスを金にしようとしないよう、クレイトスは毎度念入りに彼をボコボコにしなければならない。しまいには足をつかんでさかさまに引きずっていき、最後は溶岩に叩き込むか、考えなおすか、プレイヤーに選択が与えられる。デモでは説明が終わるやとっとと叩き込んでいたが、ここまでのシーンは、ちょっと助けてやってもいいかなと一瞬考えてしまうほどの無情さだ。もちろん、それでこそクレイトス。プレゼンテーション会場では笑いが起こっていた。

 

 さらに豊富になったアクションと、迫力が増したボス戦、エクストリームなストーリーと、大幅にパワーアップしてPSPに帰ってくることになりそうな『God of War: Ghost of Sparta』。海外では2010年秋の発売を予定している。

 

att_051_tif_jpgcopy
brt_00001
spa_00009
spa_00030
 

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。