携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 板垣伴信氏インタビュー! 『Devil's Third(デビルズサード)』に深く迫る!!

板垣伴信氏インタビュー! 『Devil's Third(デビルズサード)』に深く迫る!!
【E3 2010】

2010/6/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●E3会場にて板垣氏を直撃!

DSC_5959

 『デッド オア アライブ』シリーズや『NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)』シリーズなど、意欲的かつハイクオリティーな作品を手掛けてきたヴァルハラゲームスタジオ所属のクリエイター板垣伴信氏。このE3では、先日電撃発表された待望の新規タイトル『Devil's Third(デビルズサード)』(プレイステーション3/Xbox 360)のトレーラー映像が、本作販売元のTHQブースで上映されており、多くの来場者が足を止めて見入っている。そこでファミ通.comでは、会場で板垣氏に再度インタビューを敢行! いよいよ世界に向けてお披露目された『Devil's Third(デビルズサード)』の手ごたえなどを聞いた。まだトレーラー映像を観ていない人は、前回記事をチェックしてから、本記事を読むことをオススメします!

DevilsThird_Final_LOGO



――トレーラーを見せていただいたんですが、これはシューターなんでしょうか?それともアクションゲームなんでしょうか?
板垣 
どちらだと思いました? と聞きたいところですが(笑)。「こんなシューターがあるわけないよね」とか、「シューターというジャンルではくくれないよな」と思う方が多いでしょう。要するにそういうシューターです。

――シューターというジャンルを選んだ理由はどんなところにありますか?
板垣
 僕らにしかできないことをやる。それはいままでもそうだったし今回もそうです。格闘ゲームに対してそうであったように、あるいはアクションゲームにもそうしたように、ジャンルに対して新しい変化、ブレイクスルーとなるものを持ち込むのが僕らの開発スタイルです。今回はそれをシューターでやりましょうということです。

22_RoD_washington

  「同じことをやっていてもしょうがないでしょ」という僕の発言を誤解している方がいるようですが、要するにもっとがんばろうぜってことですよ。もっと変化、あるいは遊びを進化させることを目指してもらいたいってことです。ただそれが難しいのが日本。作りたいと思っても、それを日本のパブリッシャーの経済事情が、なかなかそれを許さない。だから、たぶん三上真司さんもそうなんでしょうが、俺たちが新しいことをやっていくぞと。範を示すという気持ちでやるということです。何が必要で、何が期待されているのか? そういうことをもっと考えれば、日本のゲーム産業はもっとよくなると思っています。

――タイトルロゴのバックに銃、刀、拳で攻撃をくり出しているシルエットがありますが、これがそのままこのゲームの攻撃を象徴しているんでしょうか。
板垣
 そのとおりです。

――非常にスピード感があるゲームだと感じたんですが、これほどまでに速いとエイムと背反するかとも思うのですが。
板垣
 本作はオンライン対戦に対応していて、どちらかと言えば対戦がメインになっています。ただストーリーモードもすごい内容を用意しています。これまでの物語は僕や現美術部部長の松井宏明が書いてきましたが、今回はハリウッドの複数の脚本家といっしょに練り上げていますから、いいものに仕上がると思います。で、移動スピードについて言うと、確かにトレーラーのゲームスピードを見ると狙いづらいんじゃないかと思うのも当然でしょう。ただこのゲームの動きの素早さには段階があって、あれはかなり速い状態のときですね。持っている武器によっても移動スピードは変わります。

――そういう仕掛けも考えられているんですね。武器は多彩でしょうか?
板垣
 とんでもない数の武器を準備しています。銃はもちろん、近接戦闘用の武器は日本刀だけではないですし。すごくリアルに作り込んでいます。刀がたくさんあってもあまり意味がないけど、とはいえ10や20は作りたいとは考えています。まあ作るだけ作って、統廃合するかもしれませんが。銃に関してはカスタマイズをしたいじゃないですか。ですのでベースと派生で掛け合わせたら、相当な数になるでしょう。また本格的なマーシャルアーツが入っているのが本作の特徴です。僕らは格闘のプロとしてずっとやってきたわけですから。そこは万全です。最後にシューターについて言えば、ここまではヴァルハラだけでスクラッチで作ってきましたが、今後はTHQさんからサポートが得られる。これは大きいですよ。

19_ROD_kurilcity_02

――トレーラーの中に高所から飛び降りたり、敵が壁を走っていたんですが、立体的なゲーム性を目指しているのですか?

板垣
 たいていのゲームは、僕的にいえば“行って来いシステム”っていうのかな? 要するに高所から飛び降りるときに正確にコントロールできませんよね。言うならばただ飛び降りるだけでしかないわけです。でも、『Devil’s Third』のトレーラーを見てもらうとわかるように、このゲームではきちんと下にいる敵を、あなたが望むように切り刻むことができる。ここでもこれまでにないゲームだというのがわかると思います。ないことだらけ(笑)。でも、ないことを探して組み込んだわけでは決してないんです。僕らは、いままでやってきたことだけじゃなくて、いままでやらなかったことも含めて、僕らにしか作れないエッセンスを全部盛り込んでまったく新しいゲームを作っている。それが『Devil’s Third』なんです。

――オンライン対戦に対応とのことですが、どういった内容になるのでしょう。
板垣
 通常の対戦もあるし、サバイバルやチームバトル、そのほかもろもろ。全部あります。

――最初からオンライン対戦ありきで作り始めたんでしょうか?
板垣
 Xbox 360のロンチであのオンラインシステムを作った僕らですよ。オンライン要素を入れないわけがないじゃないですか(笑)。


14_RoD_kurilcity_04

――世界観について教えてください。
板垣
 世界観やキャラクターまわりに関しては、いまはまだ多くを語れないんですが、世界観に関してはケスラーシンドロームという、人工衛星の連鎖衝突が起きたあとの世界を描いています。

――タイトルロゴのシルエットの数や『〜サード』という名称から、3キャラクターいるのではと想像しましたが?
板垣
 これはいままで僕が手掛けた中で、もっとも大きなフランチャイズです。ゲームだけには止まらずにトランスメディア展開を同時に行います。そのキーエレメントとしてガンとソードとマーシャルアーツ。この3つの柱をタイトルロゴに描いたんです。だからこのシルエットはストーリーというよりもゲームコンセプトを表しているということです。

――それではトレーラーに登場した、顔にX字の傷を持つ男性ともうひとりの女性のみが操作キャラということですか?
板垣
 まぁ、まだそのへんは未確定です。『デッド オア アライブ』にザックというキャラクターがいましたが、開発名称はケリーでした。ムエタイ使いで蹴りが強いからケリー(笑)。まあ、昔話はさておいて、本作はまだ赤ちゃんみたいなものですから。今後大きく変わっていくかもしれません。


09_RoD_kurilcity_mine

――赤ちゃんですか(笑)。開発の進行的には何割くらいでしょうか?
板垣
 5〜10パーセントくらいです。ゲーム開発って、横にも広げなくちゃいけないし、奥行きや高さも引き上げなくちゃいけないわけです。その意味で言えば、じつはまだ5パーセントもいっていないかもしれません。今回のトレーラーはあくまで、「こういうゲームですよ」というコンセプト、しかもごく一部を伝えるものということです。クロスコンバットやシューティングの要素もあるし、バイオレントなものもある。さらには非常に立体的なゲーム性だよということです。

――まだ進行度5パーセントとのことですが、手応えはいかがでしょうか?
板垣
 手応えというか、つねにドキドキしながら作っています。E3に来て、本当にみんな喜んでくれているようで安心したし、手応えを感じました。ゲーム開発という意味での手応えに関しては、毎日つねに感じています。いい部分は伸ばしていくし、ダメな部分は容赦なく捨てます。じっくりと作りますよ。

――ゲームのエンジンとしては独自に開発されたものでしょうか? それとも他社の物理エンジンを使用されている?
板垣
 ゲームのメカニズムを支える部分はすべてフルスクラッチです。ただそのほかのエンジンに関して言うと、代表例を挙げると今度のAIはすごいんですよ。AIをより緻密に動かすためには未来予測であったり、空間把握を含めた状況判断だったりと、戦況を随時分析させなくちゃいけないです。そんな高度なAIはこれまでは積んでいなかったんですが、今回は外部のエンジンを実装することで実現しています。これ以外に、まだ世の中に知られていないエンジンを多数組み込んでいます。世界にはおもしろいものがたくさんあるんですよ。

――これまでXbox 360に軸足を置かれてきた板垣さんですが、プレイステーション3への対応はいかがでしょうか?
板垣
 プレイステーション3に関しては万全ですよ。プレイステーション3用のゲームを作ったときに、僕のいちばん信頼するプログラマーを数人配置したと言ったのを覚えている人も多いでしょう? 要するにそういうことですよ。

――今回THQをパートナーに選んだ理由はどんなところにあったのでしょう?
板垣
 彼らの開発哲学がヴァルハラの哲学と合致したからです。THQの開発トップのダニー・ビルソンさんの考えかたが、僕と同じなんです。「いいものはいい。ダメなものはどこまでいってもダメ」ということですね。この考えは昔から変わりません。

――とことん作らせてくれそうだと?
板垣
 「俺は何をするべきだ?」と聞いたら「いいものを作れ」と、ただそれだけでした(笑)。

――いつごろ発売予定でしょう?
板垣
 気が早いですね(笑)。いずれにせよいちばんいい時期に出そうと思っています。続報を楽しみにしていてください。

 

 

※[関連記事]板垣伴信氏がいよいよ始動! プレイステーション3、Xbox 360向けに『Devil's Third』を発表
 

 

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【Amazon新生活セール】ゲーミングヘッドセットやマイクが割引中。HyperXやオーテク、Logicool Gの対象製品が安く買える

Amazon.co.jp(アマゾン)で、新生活セールが2024年3月5日23時59分まで開催中。ゲーミングヘッドセットやマイクでおすすめの商品をピックアップして紹介。

【原神】Ver.4.5公式生放送(予告番組)最新情報まとめ【Genshin】

『原神』バージョン4.5の公式生放送で発表されるアップデート情報、交換コード、発表内容を速報形式でお届け。

『GTAオンライン』ドリフト、ドラッグレースをプレイして大量のGTAマネーとRPをゲット。報酬2倍キャンペーンが3月6日まで開催中

Rockstar Gamesは、『グランド・セフト・オートV』でサービス中の『GTAオンライン』にて、ドリフトレースとドラッグレースで報酬が2倍となるキャンペーンを2024年3月6日まで開催する。

『このすば』3期、4月10日に放送開始。PV第1弾公開、OPはMachico、EDはアクア・めぐみん・ダクネスが担当

アニメ第3期となる『この素晴らしい世界に祝福を!3』の放送開始日が2024年4月10日に決定した。

『モンハン』20周年記念番組が3/12(火)20時より放送。“モンスター総選挙”10位〜1位の発表などを実施。『モンハンワイルズ』の新情報はなし

カプコンは、2024年3月12日(火)20時より『モンスターハンター』20周年を記念する番組“モンスターハンター20周年記念 スペシャル番組!! Supported by ユニバーサル・スタジオ・ジャパン”を放送する事を発表した。

【Elgato】キャプチャカード“Game Capture 4K Pro”が3月8日発売。最大8K60fps HDR10のパススルーと4K60fps HDR10の高画質なキャプチャが可能

キャプチャデバイスなどを展開するElgato(エルガト)より、キャプチャーカード“Game Capture 4K Pro(ゲーム キャプチャ 4ケー プロ)”が、2024年3月8日(金)に発売される。価格は4万6980円[税込]。

『デジボク地球防衛軍2』(5/23発売)ファミ通DXパックがebten(エビテン)で予約開始。アクリルスタンドやマグカップ、陸戦兵の3Dクリスタルなど付属

エビテンで予約受付中のNintendo Switch、プレイステーション5(PS5)、プレイステーション4(PS4)用ソフト『デジボク地球防衛軍2』ファミ通DXパック+3Dクリスタルセットの予約が開始された。

【ポケモン】ポケモンセンタートウキョーベイが4月12日にリニューアル。レジャースタイルのピカチュウやデンリュウ、マリルなどさまざまなポケモンに出会える

ポケモンは、千葉県船橋市 三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY 西館2階の“ポケモンセンタートウキョーベイ”(ポケセン)を、2024年4月12日(金)にリニューアルオープンする。

【3/8配信】声優・夏川椎菜の漢字力が試される!? 大人気漢字クイズゲーム『漢字でGO!』をプレイ【#夏川ずっとゲ】

ファミ通が運営するYouTubeチャンネル「ファミ通ゲーム実況ch」にて、Web生放送『夏川椎菜のずっとゲームしてるだけ』を配信します。