携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> カプコンブースにはシャレにならないゾンビ女がいます

カプコンブースにはシャレにならないゾンビ女がいます
【E3 2010】

2010/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●生前はすこぶる美人だったに違いない

 

 E3 2010のカプコンブースは、任天堂、SCEの巨大ブースのすぐそばに居を構えている。

 

 

 

 展示のメインとなっているのは、2010年9月2日発売予定のXbox 360用ソフト『デッドライジング2』と2011年春発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『MARVEL VS.CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』の2タイトル。とくに後者は今回が全世界初のプレイアブル出展ということもあって、オープンスペースに置かれた6台の対戦台とクローズドスペース(許可のある人しか入れないスペース)に置かれた8台の対戦台ともに行列ができる人気ぶり。会場を訪れていた新妻良太プロデューサーは海外のメディアから取材攻めにあっていた。このほかにも、日本では2010年7月29日に発売されるWii、プレイステーション3用ソフト『戦国BASARA3』のプレイステーション3版や(『BASARA』シリーズの海外進出作品)、2010年6月19日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ゴースト トリック』、2010年発売予定の『大神伝〜小さき太陽〜』もプレイアブルの状態で出展されている。

 

 

▲初のプレイアブル出展となる『MARVEL VS.CAPCOM 3』はカプコンブースでイチバン人気。対戦コーナーの人だかりは終日消えることがなかった。

 

▲『BASARA』シリーズ、いよいよ海外進出。会場には小林プロデューサーの姿もあった。

 

▲『大神伝〜小さき太陽〜』への期待はアメリカでも非常に高い。

 

 すべてを遊ぶ時間がなかったので、記者は『デッドライジング2』を厳選して試遊台に取り付き、プレイを開始してみた。フォーチュンシティに降り立った主人公、チャック・グリーンとなってゾンビの群れに飛び込む。本作のウリのひとつである武器のカスタマイズをしようと、ゾンビの群れをかきわけながら掃除機やバット、くまで(?)のようなものをかき集めて工作室に入る。その結果、掃除機と丸ノコギリの歯を組み合わせた世にも恐ろしい殺戮兵器が完成し、喜び勇んでゾンビたちの群れに飛び込んでぐしゃぐしゃじゃきじゃきと怪物どもをなぎ倒した。圧倒的な武力を前になすすべなく切り刻まれるゾンビたち。この背徳的な気持ちよさは、このシリーズならではのものだろう。さあもう少しでつぎのステージに進む扉にたどり着くぞ……とニヤニヤしながら思ったところで、いきなり背後で、

 

 「ガシャン!!!」

 

 という破壊音が轟いたではないか。本気で驚いて背後を見ると……!

 

▲ずーん。

 

▲ずずーん!! どうですこのゾンビ女。近づくとニタリと笑い、こちらに手を伸ばしてきてさらにいきなり暴れる。生前にお会いしたかった。

 

▲しばらく時間をおいてから再びカプコンブースを訪れると、檻に囚われたゾンビ女が別人(?)に変わっていた。おそらく、二交代制なのだろう。

 

 ゾンビ女キターーーッ!! ぜんぜん気づかずにプレイしてた……。ってこのゾンビ女、よく見ると口からヨダレまで垂らしていて、リアルすぎてマジで怖いんですけど!! 檻に閉じ込められてはいるが、近くを人が通ると檻の隙間から腐れる両手をヌーっと出してきて、その首を絞めたりしてるし! もちろん、これはカプコンUSAならではのイキな演出のひとつで、『デッドライジング2』の世界観をE3の会場で作り上げているもの。ときたま警官のような人が出てきて、まだゾンビ化していないふつうの人(?)を「おまえはもう死んでいる!」とばかりに拘束してどこぞに連れていってしまうという茶ば……じゃなくて演劇には思わず爆笑してしまったが……。

 

 

 こんな感じでカプコンブースは、エンターテインメント性という部分において他のメーカーの追随を許さないくらい突き抜けている。


▲いきなり警備員が飛び出してきて、カプコンブースのまわりにいる人を「おまえ、ゾンビだろう!!」と言いながら捕まえ始めた。あまりの緊迫感に、思わず爆笑してしまいました。

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

プロライセンス発行大会「闘会議2018鉄拳7〜Break the world〜」オンライン予選の組み合わせが決定!

「闘会議2018鉄拳7〜Break the world〜」。そのオンライン予選のトーナメント表が公開された。

初代『魔界戦記ディスガイア』高解像度版が2018年夏に発売決定! さらに、シリーズ次回作も動き出す!?

『魔界戦記ディスガイア』の第1作を高解像度化する、リメイク作品が開発中であることが明らかに。発売時期は2018年夏。

『project Nightmare』日本一ソフトウェアの新作は、実写映像とアドベンチャーを組み合わせたホラー作品

2018年1月18日、日本一ソフトウェアが、新作タイトルを紹介する動画を公開。この動画に出演した新川宗平代表取締役社長が、新プロジェクト『project Nightmare』を発表した。

日本一ソフトウェア新作『嘘つき姫と盲目王子』、絵本のようなビジュアルのまま動くショートプレイ動画を独占公開!

日本一ソフトウェアが公開した動画で発表された、新作タイトル『嘘つき姫と盲目王子』。本作の動画と開発者コメントを、ファミ通.comで独占公開!

日本一ソフトウェアが完全新作『嘘つき姫と盲目王子』を発表、お姫様に扮したバケモノと盲目の王子の切ない物語

日本一ソフトウェアが、新作家庭用ゲームタイトルを紹介する動画を公開。この中で、完全新作タイトルとなる『嘘つき姫と盲目王子』が発表された。

コンピュータ町内会 各投稿コーナー更新!

ナッツ・ザ・レジェンドを始め、4つの投稿コーナーを更新。1月9日放送分の生町内会動画もアップ。2018年1月の投稿者ランキングも決着。受験生、ヒジをイスにぶつけたときのピリッとなるやつに負けるな!

『FFXIV』“パッチ4.2 暁光の刻”の新要素、ファッションチェックとは?

『ファイナルファンタジーXIV』の次期アップデート、“パッチ4.2 暁光の刻”の新情報・第4弾が編集部に到着! さっそくその内容を紹介していこう。

『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』新ヴィーナス“ルナ”が登場 時間停止ウォッチがもらえるログインボーナスも実施

コーエーテクモゲームスは、サービス中のWindows PC用バカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』において、本日2018年1月18日(木)より新キャラクター“ルナ”を追加した。

『PUBG』DMM GAMES公式大会 αリーグ予選(1月20日・21日)の公式配信がtwitchにて配信

DMM GAMESは、PUBG Corp.と協業してサービス中の『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』について、DMM GAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”αリーグ予選の公式配信を行うことを発表した。