携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> SCEブースは“モーションコントローラ”と“3D”が二本柱!

SCEブースは“モーションコントローラ”と“3D”が二本柱!
【E3 2010】

2010/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●モーションコントローラと3D技術を融合させたタイトルも

 

 E3 2010のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)ブースの様子をリポート!

 

 SCEブースの柱となっているのは、詳細が発表されたばかりのPlayStation Moveモーションコントローラと、プレイステーション3の3D対応ゲームだ。

 

 モーションコントローラのコーナーは全面ガラス張りの小さなブースの集合体となっていて、来場者が遊んでいる様子をどこからでも眺められる仕様になっている。プレイヤーが全身を使って遊ぶタイプのゲームが多いモーションコントローラは、遊んでいる人の姿そのものも作品のひとつとなりうる。そういう意味で、プレイヤーの様子をあらゆる角度から見ることができるブースの作りには「なるほど」と思わせられた。

 

▲SCEブースの外観。モーションコントローラのガラス張りルームが目を引く。ちなみにこの向かいに任天堂ブースがあり、ニンテンドー3DSの展示コーナーがある。

 

  出展されているモーションコントローラ対応タイトルは、アーチェリーや卓球など数種類のスポーツゲームが楽しめる『スポーツチャンピオン』、両手にモーションコントローラを持つことで、左右の手の動きをリアルなパンチとしてゲームに反映させている『肉弾』(邦題)、モーションコントローラに対応したパーティーゲームがたくさん入っている『Moveでパーティ』(邦題・仮題)、欧米の大ヒットカラオケソフト『SingStar』のモーションコントローラバージョン、画面上のペットと仮想空間上で触れ合える『EyePet』、重厚なシューターである『KILLZONE3』、SCEのジャパンスタジオが開発している『街スベリ』などなどSCE開発によるものはもちろん、エレクトロニック・アーツの『タイガー・ウッズ PGA TOUR11』、カプコンの『バイオハザード5 オルタナティブ・エディション』などサードパーティーの対応タイトルも充実していたのが印象的だった。『バイオハザード5 オルタナティブ・エディション』に代表される従来のコントローラーでもゲームが楽しめる“モーションコントローラ対応ソフト”はかなり増えそうなことから、ソフトラインアップはロンチのタイミングから充実しそうなことを予感させる展示だった。

 

▲モーションコントローラを持っているプレイヤーの顔に注目。そう、3Dメガネをかけているのだ。この『EyePet』はモーションコントローラと3D映像を融合させた作品。

 

▲モーションコントローラで『肉弾』をプレイしている人。

 

▲エレクトロニック・アーツの『タイガー・ウッズ』は、モーションコントローラをゴルフクラブに見立ててプレイ。かなり本気のスイングで遊ぶ。

 

 SCEブースのもうひとつの柱、3D対応ゲームの展示もかなり力が入っていた。こちらも専用ブースが作られており、発表済みの3D対応タイトル『SPER STARDUST HD』、『WipEout HD』、『モーターストーム APOCALYPSE』が遊べたのはもちろん、野球ゲーム『MLB 10 THE SHOW』、アクションゲーム『SLY COLLECTION』なども3D対応となって出展。自由にプレイすることができた。各試遊台にはコントローラーとともに、複数の3Dメガネが準備されている。これはプレイヤーだけではなくまわりにいる人にも3D映像を楽しんでもらうという配慮で、実際に通りかかった人が何気に3Dメガネをかけて画面から飛び出してくる映像を見ては「WAO!」なんて言って驚いていた。記者も3Dメガネをかけてすべてのタイトルをプレイしてみたが、ピッチャーが投げた球や敵が放った弾丸などが手前に迫り来るのはもちろん、なにより映像の奥行きがすごくて画面に吸い込まれるような感覚を覚えた。感動的だったのは、会場で唯一、先のモーションコントローラと3D技術を融合させた『EyePet』の展示。3D技術により画面から飛び出したペットのオサルに、モーションコントローラで直に触っているかのような感じがして、3Dとモーションコントローラの相性の良さを確認できた。

 

 

▲3D対応ゲームのコーナーにも力が入っていた。これは『SLY COLLECTION』。

 

▲プレイヤーだけでなく、まわりの人も3Dメガネをかけて映像を楽しめる仕様。

 

 SCEブースはこの2大展示のほか、今年の下半期以降に発売されるソフトのラインアップも充実。PSPの新規発表タイトル『パタポン3』、『GOD OF WAR GHOST OF SPARTA』や、2010年11月という発売時期が発表された『グランツーリスモ5』などが大きなブースをかまえて来場者を待っている。

 

▲もちろん、モーションコントローラや3D対応以外のソフトも充実している。これは『リトルビッグプラネット2』の体験コーナー。

 

▲『KILLZONE3』は3D、ノーマルの両方で遊べる。ノーマルバージョンの体験コーナーには長蛇の列が。


▲PSPの試遊台はPSP-3000とPSP goの2バージョンが用意されている。好きなほうで遊べるのだ。

 

▲『パタポン3』は初のプレイアブル出展。海外でも人気がある作品だ。

 

 

 


 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

佐藤健「ゲームファンの心を代弁してくれるような作品」と大絶賛! 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ワールドプレミアの舞台挨拶を徹底リポート!!

2019年7月16日、『ドラゴンクエスト』シリーズ初の3DCGアニメーション映画として、2019年8月2日より全国で公開される『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のワールドプレミアが開催! 合わせて行われた豪華キャスト陣の舞台挨拶をリポート。

VRアトラクション『バイオハザード VALIANT RAID』先行体験リポート! 7月19日オープンの“プラサカプコン”で究極のサバイバルホラーを楽しもう

7月19日オープンのキュープラザ池袋に出店する“プラサカプコン”。この施設でVRアトラクション『BIOHAZARD VALIANT RAID(バイオハザード ヴァリアント レイド)』を先行体験!

堀井雄二氏×日野晃博氏 ふたりのクリエイターが語る“平成30年とこれから”【平成最後の日本ゲーム大賞特別対談】

平成最後の日本ゲーム大賞を記念して、堀井雄二氏×日野晃博氏による特別対談をお届けする。

まさかの『エヴァンゲリオン』コラボ! “自動巻取ホースリール15m初号機モデル”が7月31日発売。この夏のオススメの散水アイテムがカッコいい 

エヴァンゲリオン初号機をイメージした“A.T.FIELD自動巻取ホースリール”が2019年7月31日に発売される。

令和初のライダー『仮面ライダーゼロワン』の放送に先駆けて“変身ベルトDX飛電ゼロワンドライバー”が8月31日より発売!

令和1作目『仮面ライダーゼロワン』のメインアイテム『変身ベルトDX飛電ゼロワンドライバー』が2019年8月31日より全国で発売開始する。

2年以内に100名のデバッグ人員体制を構築! コーエーテクモゲームス・京都オフィスが大規模なスタッフ募集を開始、その意図を訊いた

コーエーテクモゲームス 京都事業所が、品質管理部門拡大にともない、スタッフを募集。コーエーテクモゲームスの執行役員・藤田一巳氏に、その意図を語ってもらった。

セガのゲームセンター公式アプリ『SEGAプラトン』7月17日より全国71店舗でサービス開始!最大500円分のサービス券がもらえるキャンペーンも実施

2019年7月17日より、セガのゲームセンター公式アプリ『SEGAプラトン』のサービスが開始される。

PS4『十三機兵防衛圏』の続報が明日(7月18日)正午より映像配信(約5分)。同日18時からは豪華ゲストが出演する生放送SPも

アトラスは、開発中のプレイステーション4向け新作タイトル『十三機兵防衛圏』について、2019年7月18日12:00より最新情報を公開する。

“逆転裁判LIVE 2019”リポート。リアル“ガリューウエーブ”も登場! 近藤孝行&竹本英史ら声優陣や巧舟&山崎剛ら制作陣も揃って「異議あり!」

2019年7月14日、渋谷TSUTAYA O-EASTにて『逆転裁判』シリーズのライブイベント、逆転裁判LIVE〜OBJECTION!!2019〜が開催された。作曲家・岩垂徳行氏が率いるバンド・ジャスティスによる演奏、そして豪華ゲストによる圧巻のパフォーマンスの模様をお届けする。

ゲーミングチェア『DXRacer』、eスポーツチーム“Rush Gaming”とスポンサーシップ契約を締結

2019年7月17日、ゲーミングチェア『DXRacer』を取り扱うルームワークスは、eスポーツチーム&ブランド“Rush Gaming”とスポンサーシップ契約を締結した。