携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『パックマン』が3Dアニメに――30周年を祝う“パックマン カンファレンス”

『パックマン』が3Dアニメに――30周年を祝う“パックマン カンファレンス”
【E3 2010】

2010/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●30年目にしてさらに加速する『パックマン』ワールド

 

 E3 2010の開幕初日に当たる2010年6月15日、バンダイナムコゲームスは『パックマン』の生誕30周年を祝うパーティー“パックマン カンファレンス”を開催。その中で、『パックマン』シリーズに関する新情報が明らかになった。

 

DSCF0831
DSCF0828

 

 パーティーの開幕に先立ち、ステージにはバンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜之澤伸氏とナムコ・ネットワークスのCEOを務める久恒健嗣氏が登壇。鵜之澤氏は自己紹介の中で「私はチーフ・パックマン・オフィサー(CPO)です」と『パックマン』にかけた挨拶を行い会場を笑わせた。久恒氏もまた「 ミネソタ州に留学しているとき、よく『パックマン』をプレイしました。また『パックマン』を通じて多くの友人に出会い、25セントコインをたくさん使いました(笑)」とジョークを絡めた挨拶を披露し、加えて「1979年に岩谷さんが食べかけのピザを見て『パックマン』を作り、ビデオゲーム革命に火をつけたのです。現在『パックマン』は世界中でビデオゲームのアイコンとして親しまれています」と偉大なる作品の歴史に言及。続けて「30年間の活躍を振り返り、これから30年何を追っていくのかもお見せしたいと思います。私たちは過去を祝うのではなく、これからの彼を祝うために今日ここにいるのです」と話し、シリーズの歴史を辿った映像と最新の『パックマン』タイトル群のムービーを披露した。

 

DSCF0844

▲『パックマン』の思い出などを語った鵜之澤氏(左)と久恒氏(右)。

 

DSCF0853
DSCF0856
DSCF0858
DSCF0859
DSCF0861
DSCF0862
DSCF0864
DSCF0865

▲『パックマン』シリーズの軌跡を描いたムービー。ギネス認定や、30万近い関連グッズの発売など偉大なる記録の数々が紹介された。

 

DSCF0872
DSCF0874
DSCF0876
DSCF0877
DSCF0878

▲30周年に合わせて続々と新作が登場。家庭用ゲームでは、Wii用ソフト『PAC-MAN Party』が発表に。画像は以下。


<『PAC-MAN Party』(北米で2010年秋発売予定)スクリーンショット>

minigame_1
minigame_2
minigame_3
minigame_4
minigame_5
screenshot_1
screenshot_2
screenshot_3
screenshot_4
screenshot_5

 

 またこの日は、ゲーム以外の新たな『パックマン』の展開も。元マーベル・スタジオのCEOで、過去には『X-MEN』、『スパイダーマン』、『ハルク』などの映画をプロデュースしたAvi Arad氏から発表されたのは、3Dアニメ版『パックマン』。「 楽しくて、おもしろくて、ジーンとくる3Dアニメの『パックマン』は、必ず私たちを魅了する」とArad氏は力強く語り、「ザ・パック・イズ・バック!」の掛け声とともに同作のトレーラームービーを公開した。
 

DSCF0899

▲元マーベル・スタジオのArad氏が『パックマン』の3Dアニメを発表。

 

DSCF0917
DSCF0918
DSCF0920

▲ポップなキャラクターたちが飛び出す、3Dアニメ版『パックマン』。

 

DSCF0944
DSCF0948
DSCF0949
DSCF0957
DSCF0966
DSCF0968
DSCF0965
DSCF0963

▲会場には新作ゲームの体験台、関連グッズも展示されていた。

 

DSCF0937

▲30周年を迎え、『パックマン』ワールドはさらに広がっていく!

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』最新情報。役立つアイテムを作り出す“れんきんがま”のシステムと希少な魔物“転生モンスター”を紹介!

スクウェア・エニックスより2022年夏発売予定の『ドラクエ10 目覚めし五つの種族 オフライン』。今回は冒険に役立つアイテムが作り出せる“れんきんがま”のシステムと、希少な魔物ながら倒すと貴重なアイテムを入手できる”転生モンスター”を紹介。

『FF11』20周年記念特集! 『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』や『冤罪執行遊戯ユルキル』など注目情報が満載(2022年5月19日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2022年5月19日)発売の週刊ファミ通2022年6月2日号 No.1746は、2002年5月16日に『ファイナルファンタジー』シリーズ初のオンラインタイトルとして発売された『ファイナルファンタジーXI』の20周年を記念した“『ファイナルファンタジーXI』20周年記念特集”を掲載。

小説『TOKYOHEAD NONFIX』が5月27日に発売。大塚ギチ氏が行ったインタビューをもとに90年代〜現在の『バーチャファイター』シーンの変遷を描く

2022年5月27日(金)、INHは格闘ゲーマーの生き様を描いた小説『TOKYOHEAD NONFIX』が発売する。故・大塚ギチ氏の資料をもとに1990年代〜現在のアーケードシーンが描かれている。

PS5/PS4向け多人数参加型サバイバルACT『DEATHVERSE:LET IT DIE』のオープンベータテストが開催決定。本日よりPS Storeでクライアントがダウンロード可能

2022年5月18日(水)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとスーパートリック・ゲームズより発売予定のプレイステーション5/プレイステーション4『DEATHVERSE:LET IT DIE』について、オープンベータテスト“Limited Time Open Beta: Destroy the server!”が期間限定で開催されることが発表された。

『ダイの大冒険』メタリックフィギュアシリーズに超魔生物ハドラー、クロコダインが登場。堂々とした立ち姿をメタリックの輝きで表現

2022年5月18日(水)、スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 』の新作グッズ“メタリックモンスターズギャラリー 超魔生物ハドラー・クロコダイン”の発売が決定したことを発表した。

『FFオリジン』ダウンロード版の25%オフセールが開催。アートブックやサントラ、シーズンパスが付属するデラックスエディションもセール対象に

スクウェア・エニックスは、『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』が25%オフになるセールを、PlayStation Store/マイクロソフトストア/Epic Games Storeにて開催している。セール期間は2022年5月18日(水)〜5月25日(水)。

NetEase Games、5月20日開催のオンライン発表会の予告動画&登場タイトルリストを公開。『DbDモバイル』『クローバーシアター』など12作の最新情報を発表

2022年5月20日(金)、NetEase Gamesは“NetEase Connect 2022オンライン発表会”をYouTube、Twitter、Twitchにて配信する。『デッドバイデイライト・モバイル』や.『NARAKA BLADEPOINT』、『荒野行動』など全12タイトルの最新情報が発表される。

『ミリシタ』5周年記念! 好きな楽曲やコミュなどアンケートでプロデューサーの皆さんの声を聞かせてください

週刊ファミ通2022年6月30日号(週刊ファミ通2022年6月16日発売)では、2022年6月29日で5周年を迎える『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』(『ミリシタ』)の特集記事を掲載。その特集内のアンケート企画にご協力ください。

『モンハンライズ:サンブレイク』大剣・操虫棍・ハンマーの新たな鉄蟲糸技・入れ替え技の動画が公開。入れ替え技を瞬時に切り替える“疾替え”の紹介も

カプコンは、2022年6月30日(木)発売予定の『モンスターハンターライズ:サンブレイク』について、全14武器種の特徴を順次公開中。今回は、大剣・操虫棍・ハンマーの新たな鉄蟲糸技・入れ替え技が公開された。