携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ファイナルファンタジーXIV』E3バージョン 詳細プレイリポート!

『ファイナルファンタジーXIV』E3バージョン 詳細プレイリポート!

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●よりシンプルに、よりテンポよく進化したバトル

 

 アメリカ・ロサンゼルスで開催中のE3 2010。そこでプレイアブル出展が行われている『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)のプレイリポートはすでにこちらでお伝えした通りだが、さらに詳細なプレイリポートが現地記者から届いたのでここで紹介しよう!

 

●キャラクターメイクの流れとα版からの変更点

 

 今回プレイできたのは、現在行われているαテスト版ではなく、今後行われる予定のβテスト版に近いバージョン。キャラクターメイクのインターフェースも、大きく変更されました。流れは以下のとおり。

 

1 民族選択

 

2 部族選択

 

3 オススメ(テンプレート)選択

 

4 容姿選択

 

5 サイズ選択:5種から

 

6 ボイス選択:3種から

 

7 肌色選択:16色から

 

8 髪型選択

 

9 髪の色選択:16色から

 

10 メッシュ選択:32色から

 

11 顔タイプ選択:4種から

 

12 眉の形選択

 

13 目の形選択

 

14 瞳の大きさ選択:2種から

 

15 瞳の色選択:16色から

 

16 鼻の形選択

 

17 口の形選択:4種から

 

18 輪郭選択

 

19 特徴選択

 

20 ソサエティ・クラス選択

 

21 誕生日と守護神の選択

 

22 キャラクター名の入力

 

23 都市の選択

 

 まず特筆すべきなのは、一部の民族・部族しか選べなかったα版とは違い、全民族・部族が選べること! α版では選べなかったミコッテもついに選択できるように。つい吸い寄せられるように、ミコッテを選んでしまいました。

 

 次にピックアップしたいのが、"オススメ選択"。あらかじめ用意された4種類のテンプレートを選べるのです。プレイヤーはこのテンプレートをもとに、各パーツをカスタマイズしていくことになります。ゼロの状態からキャラクターを作るよりもカンタンで、とっても便利! テンプレートはランダムで選ばれているようなので、再ログインすれば別のテンプレートを見られるようです。

 

 また、ソサエティ・クラスにもα版からの変更点が。ギャザラーに園芸師、クラフターに裁縫師、革細工師が追加されました。どのクラスも魅力的ですが、帽子をかぶった園芸師の容姿のかわいさといったらもう! ぜひβ版で皆さんに見ていただきたいです。

 

 ちなみに、今回はマウスで操作したのですが、キャラクターメイク中にキーボードを入力すると、アングルが変わったり、キャラクターがエモートを実行したりしました。思わず全民族で試してみたくなりましたが、時間が許さず断念。

 

 この後、都市の選択まで行ってキャラクターメイクは終了。選択できる都市は、α版と同じくリムサ・ロミンサのみでした。どうやらもうワンステップあるようでしたが、今回はお預け。まぁ、これはβテスト開始後のお楽しみということで……。

 

●バトルのスピード感がアップ!

 

 お次はデータを切り替えて、バトルを体験することに。用意されていたデータでのクラスは剣術士。"Crabs in a barrel"というギルドリーヴを始めます。舞台は洞窟のようなところ。ところどころが光っていてキレイです。どうやらライティングなどもα版から大きく変わったようです。

 

 さて、モンスターがいたのでさっそくバトル! と思ったら……アクションゲージ(注1)が変わってる! エフェクトゲージ(注2)がなくなってる!

 

 α版では、アクションゲージがゼロからスタートして、満タンになったらエフェクトゲージがたまりはじめる……という仕様でしたが、β版では大きく変わっていました。アクションゲージは最初から満タンの状態でスタートし、アクションを使うと一定量のゲージが消費されるように。ゲージの量が、そのとき選択しているアビリティやウェポンゲージの消費量を下回るまでは、何度でも攻撃できます。もちろん、時間の経過とともにアクションゲージは回復するので、うまく調整すれば気持ちよく連続攻撃ができる! これのおかげで、テンポやスピード感が、α版より大幅に改善されました。

 

※注1、注2

α版ではバトル用にふたつのゲージがあり、従来の『FF』シリーズにあったATBのような"技の待ち時間"に相当するのが"アクションゲージ"、そしてそのアクションゲージが溜まったあとに追加で溜められるゲージが"エフェクトゲージ"だった。エフェクトゲージは3段階で溜められて、技の威力や命中に影響していた。

 

 最後に、α版でも体験できたTP(敵に攻撃を与えたり、逆に敵から受けるとたまるポイント)技を使って勝利。TP技にももちろんゲージの消費量があり、通常の技よりも多めに設定されているようでした。

 

●さらなる進化を遂げる『FFXIV』

 

 試遊時間は長くはありませんでしたが、よりシンプルに、よりテンポよく進化したバトルの醍醐味を味わえました。α版よりもかなり爽快になったこのバトル、β版でぜひみんなといっしょに楽しみたいです。

 

 また、今回試遊はできませんでしたが、参考出展として3Dサラウンド(3画面)に対応したバージョンも出展されていました。奥行きのある世界でキャラクターたちが動くさまを見て、『FFXIV』はまだまだ進化するなと、可能性を感じさせられました。次はどんな発表があるのか、期待しながら待ちたいと思います!

 

※今回のバージョンはβ版の一段階前のものです。また、開発中のものであるため、製品版とは異なる可能性があります。

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開後だからネタバレ御免ッッ……!? 4種類の本編が映像一挙解禁

2017年8月4日より公開中の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。同作で山田孝之が演じるアンジェロが岩になってしまう映像や吉良吉影を思わせる映像など、4種類の本編映像が公開された。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年08月07日〜2017年08月13日

夏休みシーズンも佳境、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のニンテンドー3DS版が3週連続で首位を獲得

入場者数過去最高を記録したのを記念して 会場で見つけた素敵なものをお届け【ChinaJoy 2017】

中国最大規模のエンターテインメントの祭典ChinaJoy 2017。今年で15周年を迎える同イベントの入場者数が、過去最高となったことが明らかに。

『グランド・セフト・オートV』“GTAオンライン”新たなアップデートが登場、新敵対モード“オーバータイム大降下”などが追加

ロックスター・ゲームスより発売中の『グランド・セフト・オートV』のオンラインモード“GTAオンライン”に新たなアップデートが登場。

“Jスタとあそぼう:ディープ”8月18日20時放送回は『ダブルキャスト』を語って遊ぶ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、SIE JAPAN Studio公式番組 ニコニコ生放送“Jスタとあそぼう:ディープ”を、2017年8月18日20:00より放送する。

『ArcheAge』大型アップデート“白ユリの生活”実装、水着や家具を入手できる“ロカの渓流下り”イベントも開催!

2017年8月16日、ゲームオンはPC用オンラインRPG『ArcheAge(アーキエイジ)』において、大型アップデート“ArcheAge3.5”の第2弾として“白ユリの生活”を実装した。

『わくわくフィッシング』大改修でより遊びやすく! 『ハッピーベジフル』コラボやキャンペーンもスタート

2017年8月16日、NHN ハンゲームはPC用オンライン釣りゲーム『わくわくフィッシング』において大型アップデートをした。

『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』に『FFXIII-2』と『クロノ・トリガー』の楽曲が追加

スクウェア・エニックスは、稼動中のアーケード向けタイトル『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』において、『ファイナルファンタジーXIII-2』と『クロノ・トリガー』の楽曲を追加した。

『ソニックマニア』のPS4用オリジナルテーマとアバタ―が配信開始

セガゲームスは、発売中の『ソニックマニア』について、プレイステーション4用のオリジナルテーマ3種とアバタ―10種の配信を開始した。

『忘失のイストリア』がPS4とPS Vitaで配信開始――拾い食い系スライムヒロインを育成していくRPG

コトブキソリューションは、スマートフォン向けに配信中のファンタジーRPG『忘失のイストリア』のプレイステーション4版とプレイステーション Vita版の配信を開始した。