携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> E3でβ相当の『FFXIV』を体験しちゃいました! 

E3でβ相当の『FFXIV』を体験しちゃいました! 
【E3 2010】

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)E3バージョンをプレイしてきました! 

 

 

 予定されている今年のサービス開始へ向けて、その動向に全世界が注目している新世代MMO(多人数同時参加型オンライン)RPG、『FFXIV』。今回のE3では、現在抽選で選ばれたプレイヤーがテストプレイを行っているα版の次のバージョンである、β版に相当するものがプレイアブル出展された。その一般公開に先駆けて行われたメディア向けの試遊に、もちろん本誌記者も参加。「いったい何が変わったのか?」、「完成度は?」などなど、気になる部分を、本作を待ち焦がれているファンの皆様にお伝えするべくがんばってきました! というわけでここからは、とくに目を引いたα版からの変更点を中心に、『FFXIV』のプレイリポートをお届けします!

 

 

 

●キャラクターメイクで全民族・部族が選択可能に!

 

 なにはともあれ、まずはキャラクターの作成から。ところがここでいきなり驚愕の変更点が! なんと、α版では一部のみ選択可能となっていた民族・部族がすべて選べるようになっているじゃないですか!! α版では選択不可だったミコッテももちろんいます。迷っている時間はないのですが、こ、これは悩ましい……。

 

 

 

●新たなクラスも登場!

 

 キャラクターメイクの注目部分はいくつかありますが、まず挙げたいのが"オススメ選択"。これはあらかじめ用意された4人のテンプレートの中から、ベースとなるものを選べるというもの。もちろん、ここで選んだものをもとに、以降のカスタマイズを自由に施すことが可能です。このおかげで、いきなりまっさらな状態でキャラクターを作成するよりも断然イメージが掴みやすくなっています。これは嬉しい配慮! ちなみにベースとなるテンプレートは、ランダムで変わるようです。

  また、ソサエティ・クラス選択にも注目ポイントが。ギャザラーに園芸師、クラフターに裁縫師、革細工師が新たなクラスとして追加されていました。

 

 

 最後にキャラクター名などを決定して、自分の分身となるキャラクターが完成。最初に降り立つ都市国家として選択できるのは、α版と同様にリムサ・ロミンサのみでした。さあいざ出陣……と思ったものの、プレイはここでいったんお預け。データを切り替えて、バトルを体験することに。

 

 

●大きく変わったバトル

 

 プレイヤーの皆さんが一番気になっているであろうバトル。今回は"Crabs in a barrel"というギルドリーヴを始めて、モンスターと戦うことに。α版でも何度もやったし、ふつうに倒せるだろうと思いきや……なんと! エフェクトゲージがない!? アクションゲージも変わってる!? どうやらエフェクトゲージはなくなり、アクションゲージは長くなって、使用するアビリティやウェポンスキルごとにゲージの消費量が変わっている模様。α版ではアクションゲージがゼロの状態からスタートしましたが、β版ではアクションゲージが満タンの状態から始まり、ゲージの量が現在選択しているコマンドの消費量を下回るまでは、連続して攻撃をくり返せるように。これで、バトルのスピード感やテンポがα版より格段によくなりました。

 

 

 

●βテスト開始に向けて期待が高まる!

 

 今回試遊できたのは、β版のほんの一部分ではあるものの、順調に仕上がってきているなと感じられました。キャラクターメイキングの詳細などについては、後ほど詳細なプレイリポートをアップしますので、そちらをご覧ください! また、試遊と併せて行われた、田中弘道プロデューサーたちのインタビューも追って掲載するので、お楽しみに!!

 

※『ファイナルファンタジーXIV』の公式サイトはこちら

 

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』新オペレーターAlibi、Maestroのプレイ動画と詳細情報をお届け ホログラム、レーザー搭載遠隔操作カメラが登場

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year3シーズン2にて追加される新オペレーター“Alibi”、“Maestro”の詳細情報を、プレイ動画と合わせてお届けする。

「野良連合は本命を驚かせるほど優れていた」『レインボーシックス シージ』米プロチーム“Rogue”ショートインタビュー

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”野良連合 vs Rogue戦後にインタビューを実施した。

光るディレクターが爆誕!? 『Fate/Grand Order Arcade』大阪で行われたロケテスト&ファンミーティングの模様をレポート!

2018年5月19日から20日にかけて大阪・ラウンドワンスタジアム 千日前店にて、『Fate/Grand Order Arcade』のロケテストが開催された。その2日目に実施された“『Fate/Grand Order Arcade』ファンミーティング in 大阪”の模様をお届け。

BitSummit会場で見かけた、ポップでアートなタイトル5選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、キャッチーな見た目と充実したゲームプレイを両立しているインディータイトルを紹介する。

野良連合、アメリカ1位通過“Rogue”に善戦するも一歩及ばず敗退。 『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン7グローバルファイナルをリポート

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。本作のPC版プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが開幕し、初戦野良連合 vs Rogue戦が行われた。

『Fate/Grand Order Arcade』ゲオルギウス、ガイウス・ユリウス・カエサルが初期サーヴァントとして登場決定

『Fate/Grand Order Arcade』リリース時に登場する初期サーヴァント20騎のうち、新たにゲオルギウスとガイウス・ユリウス・カエサルの2騎が公開された。

『レインボーシックス シージ』テストサーバーにて防衛オペレーター6名に“防弾カメラ”が実装へ、スモークが投擲されても敵をスキャン可能

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Operation Para Bellumテストサーバーにて、カメラのユーザーインターフェースの改善と、防衛側セカンダリガジェットに”防弾カメラ”を実装することを、Dev Blogにて公開した。

野良連合は世界でも勝てるのか? 『レインボーシックス シージ』シーズン7 グローバルファイナルが間もなく開幕

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日(日本時間20日0時より)にアメリカ・アトランティックシティで開催される。

【週間PVランキング】『週刊少年ジャンプ』のミニファミコンが話題に【5/12〜5/18】

ファミ通ドットコム、5月12日〜18日の週間PVランキングをお届け。

『レインボーシックス シージ』このチーム、選手に注目! シーズン7 グローバルファイナルの見どころを父ノ背中?きんち”が解説

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日にアメリカ・アトランティックシティで開催される。グローバルファイナルの見どころや、野良連合が勝つために必要なことについて、公式配信で解説を務める父ノ背中・きんちによる解説をお届け。