携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「文字通り別次元の体験に」、岩田聡社長が語るニンテンドー3DSの魅力

「文字通り別次元の体験に」、岩田聡社長が語るニンテンドー3DSの魅力
【E3 2010】

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●3D表現は、掛け値なしに「すごい!」のひと言

DSCF0602

 現地時間2010年6月15日、アメリカ・ロサンゼルスでE3 2010がついに開幕。これに合わせて任天堂のプレスカンファレンスが開催された。速報でもお伝えしたとおり、この場で噂のニンテンドー3DSがついにお披露目となった。こちらの記事では、ニンテンドー3DSの機能について、岩田聡社長の言葉を交えつつ紹介する。また、会場では3D映像を実際に見ることができたので、そのリポートもお届けする。

 

■3D表示に対応し、ワイドになったディスプレイ
ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSと同じ上下2画面。このうち3D表示が行われるのは上画面で、モニターは3.5インチのワイドディスプレイ。下画面についてはニンテンドーDSと同様にタッチパネルとなっており、岩田氏いわく「指紋などの汚れがつくと3Dの効果が薄れるため、3Dスクリーンと相性がよくない」という理由もあって3D表示はない。
 

DSC_5239

■3D表示が調節可能な“3D Depth Slider”
ニンテンドー3DS本体を開いた状態で、上画面の向かって右側に設けられているのが“3D Depth Slider”。これは3D表示の強弱を調整できるもので、3D表示をオフにすることも可能だ。

■グラフィック表示も向上
ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSに3D機能を追加しただけのものではない。「インパクトのある映像は、3Dだけではない」という岩田氏の言葉通り、基本的なグラフィック表示能力も向上させられている。

■ゲーム操作もより多彩

DSC_5259

十字キーに加えて、“Slide Pad”と呼ばれるものが新たに追加。アナログな操作感を実現する。また“モーションセンサー”、“ジャイロセンサー”も搭載しており、本体自体を動かして操作することも可能に。ボタンについてはニンテンドーDSを踏襲して、A・B・X・Yの4つと、背面のLRという構成だ。

■カメラで3D写真が撮影可能に
ニンテンドーDSシリーズの後継機と言うことで、ニンテンドー3DSにもちろんカメラは搭載している。設置場所も内側と外側でニンテンドーDSiおよびDSi LLと同じだが、ひとつだけ大きく異なる点が。外側のカメラはふたつ並んで設置されており、これで撮影を行うとなんと3D写真を撮影することができるのだ。

■コミュニケーションも変えるニンテンドー3DS

DSC_5303

ニンテンドー3DSは映像、ゲーム体験だけでなくコミュニケーションも変えると岩田氏は語った。ニンテンドー3DSにはWi-Fiアクセスポイントなど経由でほかの3DSを定期的に探し、自動で通信を行う。この機能について岩田氏はつぎのように話す。「『nintendogs』に同様の機能があったことを覚えているかもしれませんが、その場合の通信は限定的でした。DSのオーナーが別のゲームを始めると通信も中止されました。ニンテンドー3DSは違います。ハードウェア自体が自動通信をサポートしますので、どんなソフトをプレイ中かは問わないのです」。そのほか、Wi-Fiアクセスポイント経由でインターネットを利用した通信も可能。これらのサービスはすべて無料で提供されるとのことだ。

 プレスカンファレンスが終わったあとで、任天堂から来場者への贈り物として、実機によるニンテンドー3DSの3Dデモ映像を見る機会が設けられた。それは、マリオやリンクなどの任天堂のキャラクターが3D表示されるというものだったのだが、ひと目見た3D映像はまさに立体そのもの。裸眼で見るのが信じられないくらいの奥行きが与えられていた。掛け値なしに「すごい!」と感じられる3D映像だった。さらに、“3D Depth Slider”をスライドさせると、3Dと2Dを違和感なく変換できた。プレスカンファレンスで見ることができたのはデモ映像だけだったが、E3会場では実際にゲームが遊べるとのこと。ゲームプレイでどのような3D体験が可能なのか、ファミ通.comではプレイリポートをお届けする予定なので、そちらもお楽しみに。

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

舞台『ロマサガ3』は、“フリーシナリオ感”が感じられる『サガ』らしい内容に!? メインスタッフインタビュー

2017年4月から公演がスタートする舞台“ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜”のメインスタッフのインタビューをお届け。舞台でありながら、“フリーシナリオ”らしさや、熱いバトルシーンを表現しているという同作の魅力を聞いた。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『ブルー リフレクション』、『無双☆スターズ』、『ドラゴンズドグマ オンライン』の特別なコンテンツをゲット!(2017年3月30日発売号)

週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

【先出し週刊ファミ通】『神巫女-カミコ-』シンプルでサクっと遊べるアクションゲームが配信決定(2017年3月30日発売号)

週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、フライハイワークスのアクションゲーム『神巫女-カミコ-』の最新情報を掲載。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』発売前のプレイステーション4版をひと足早く体験! “家庭用最速体験会”をリポート

2017年3月26日、東京都二子玉川の楽天クリムゾンハウスにて、プレイステーション4版対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』の体験会が実施された。デモプレイやトークイベントが楽しまれた現地の模様をリポートする

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』お得なDLCセットセールが開始、30キャラ使用権 + 井伊直虎使用権 + コスチュームなどを用意

コーエーテクモゲームスは、発売中の対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』(プレイステーション4、Xbox One版)において、本日2017年3月28日より“DOA5LR お得なDLCセットセール”を開始した。

『FFXIV: 蒼天のイシュガルド』最終章、“宿命の果て Part2”が公開! フリートライアルはレベル35まで無料・無期限でプレイ可能に

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』の最終章となるPatch 3.56“宿命の果て Part2”を、本日2017年3月28日より公開した。また本日より、『ファイナルファンタジーXIV』の無料版フリートライアルにおいて、14日間だった期間制限が撤廃。

『初音ミクの塗り絵』発売記念! 塗り絵コンテスト審査結果を発表。力作1175点が集う!

セルシスとアイビスモバイルが協力し、書籍「初音ミクの塗り絵」の発売を記念して開催された“「初音ミクの塗り絵」発売記念! 塗り絵コンテスト”の審査結果が、本日2017年3月28日に発表された。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』を岸田メル氏&人気コスプレイヤーが実況プレイ、スペシャル動画が公開

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、コスプレイヤーのえなこによる実況プレイムービーを公開した。

【動画あり】『ディシディア ファイナルファンタジー』第19回“強者に聞く!クジャ編”【コイチ プレイ日記】

スクウェア・エニックスが手掛ける『ディシディア ファイナルファンタジー』。好評稼動中の本作を120%楽しむ特設サイト“初心者の館”では、さまざまな企画記事を掲載中! 今回は、クジャ使いのチノさんにお話をうかがっています。動画もあるので要チェック!!

舞台『刀剣乱舞』最新作の告知映像で新刀剣男士、大倶利伽羅&太鼓鐘貞宗&歌仙兼定お披露目!

2017年6月〜7月に東京・京都・福岡で上演予定の“舞台『刀剣乱舞』 義伝 暁の独眼竜”について、最新の告知映像が公開された。