携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「文字通り別次元の体験に」、岩田聡社長が語るニンテンドー3DSの魅力

「文字通り別次元の体験に」、岩田聡社長が語るニンテンドー3DSの魅力
【E3 2010】

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●3D表現は、掛け値なしに「すごい!」のひと言

DSCF0602

 現地時間2010年6月15日、アメリカ・ロサンゼルスでE3 2010がついに開幕。これに合わせて任天堂のプレスカンファレンスが開催された。速報でもお伝えしたとおり、この場で噂のニンテンドー3DSがついにお披露目となった。こちらの記事では、ニンテンドー3DSの機能について、岩田聡社長の言葉を交えつつ紹介する。また、会場では3D映像を実際に見ることができたので、そのリポートもお届けする。

 

■3D表示に対応し、ワイドになったディスプレイ
ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSと同じ上下2画面。このうち3D表示が行われるのは上画面で、モニターは3.5インチのワイドディスプレイ。下画面についてはニンテンドーDSと同様にタッチパネルとなっており、岩田氏いわく「指紋などの汚れがつくと3Dの効果が薄れるため、3Dスクリーンと相性がよくない」という理由もあって3D表示はない。
 

DSC_5239

■3D表示が調節可能な“3D Depth Slider”
ニンテンドー3DS本体を開いた状態で、上画面の向かって右側に設けられているのが“3D Depth Slider”。これは3D表示の強弱を調整できるもので、3D表示をオフにすることも可能だ。

■グラフィック表示も向上
ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSに3D機能を追加しただけのものではない。「インパクトのある映像は、3Dだけではない」という岩田氏の言葉通り、基本的なグラフィック表示能力も向上させられている。

■ゲーム操作もより多彩

DSC_5259

十字キーに加えて、“Slide Pad”と呼ばれるものが新たに追加。アナログな操作感を実現する。また“モーションセンサー”、“ジャイロセンサー”も搭載しており、本体自体を動かして操作することも可能に。ボタンについてはニンテンドーDSを踏襲して、A・B・X・Yの4つと、背面のLRという構成だ。

■カメラで3D写真が撮影可能に
ニンテンドーDSシリーズの後継機と言うことで、ニンテンドー3DSにもちろんカメラは搭載している。設置場所も内側と外側でニンテンドーDSiおよびDSi LLと同じだが、ひとつだけ大きく異なる点が。外側のカメラはふたつ並んで設置されており、これで撮影を行うとなんと3D写真を撮影することができるのだ。

■コミュニケーションも変えるニンテンドー3DS

DSC_5303

ニンテンドー3DSは映像、ゲーム体験だけでなくコミュニケーションも変えると岩田氏は語った。ニンテンドー3DSにはWi-Fiアクセスポイントなど経由でほかの3DSを定期的に探し、自動で通信を行う。この機能について岩田氏はつぎのように話す。「『nintendogs』に同様の機能があったことを覚えているかもしれませんが、その場合の通信は限定的でした。DSのオーナーが別のゲームを始めると通信も中止されました。ニンテンドー3DSは違います。ハードウェア自体が自動通信をサポートしますので、どんなソフトをプレイ中かは問わないのです」。そのほか、Wi-Fiアクセスポイント経由でインターネットを利用した通信も可能。これらのサービスはすべて無料で提供されるとのことだ。

 プレスカンファレンスが終わったあとで、任天堂から来場者への贈り物として、実機によるニンテンドー3DSの3Dデモ映像を見る機会が設けられた。それは、マリオやリンクなどの任天堂のキャラクターが3D表示されるというものだったのだが、ひと目見た3D映像はまさに立体そのもの。裸眼で見るのが信じられないくらいの奥行きが与えられていた。掛け値なしに「すごい!」と感じられる3D映像だった。さらに、“3D Depth Slider”をスライドさせると、3Dと2Dを違和感なく変換できた。プレスカンファレンスで見ることができたのはデモ映像だけだったが、E3会場では実際にゲームが遊べるとのこと。ゲームプレイでどのような3D体験が可能なのか、ファミ通.comではプレイリポートをお届けする予定なので、そちらもお楽しみに。

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

事前登録受付中の『デスティニーチャイルド For DMM』、開発者キム・ヒョンテ氏がステージに登場【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。9月23日のDMM GAMESブースにて、『デスティニーチャイルド For DMM』のステージイベントが実施された。

“日本ゲーム大賞2017 フューチャー部門”は『モンスターハンター:ワールド』や『PUBG』など10タイトルが受賞!【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。最終日となる24日、日本ゲーム大賞 フューチャー部門の受賞作品が発表された。

『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』は、おじさんふたりでもイチャイチャ楽しめる【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。開催4日目の24日に、“ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフTGS出張版”がプレイステーションブースで開催された。

『PUBG』開発者に爆発的人気の理由や今後のアップデートについて聞く 生みの親PLAYERUNKNOWN氏は“ドン勝”を食べているか【TGS2017】

PC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の開発を手掛けるBlueholeのクリエイティブディレクター、(PLAYERUNKNOWNこと)Brendan Greene氏と、プロデューサーのChang-han Kim氏にインタビューを敢行。

『FFXIV』オーケストラコンサート“交響組曲エオルゼア” 吉田氏&祖堅氏&植松氏インタビュー

『ファイナルファンタジーXIV』のオーケストラコンサート“交響組曲エオルゼア”が、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて2日間の日程で開催。2017年9月23日の公演後に行われた、出演者へのメディア合同インタビューの模様をお届けする。

実物大ユニコーンガンダム立像がお台場に立つ! 内山昂輝さんや澤野弘之さんらも駆けつけたセレモニーをリポート

2017年9月23日(土)、ダイバーシティ東京プラザのフェスティバル広場にて、実物大ユニコーンガンダム立像のオープンを記念するスペシャルセレモニーが開催された。声優の内山昂輝さんやミュージシャンのSUGIZOさんらが駆けつけた、イベントの模様をリポートする。

「大事なシャーマンに何てことを!」大洗女子がシャーマン愛の餌食になった『WoT』×『ガルパン』ステージリポート【TGS2017】

東京ゲームショウ3日目、9月23日のWargamingブースで『World of Tanks』と『ガールズ&パンツァー』のコラボステージが実施された。杉山プロデューサーの戦車愛が炸裂!

ゲーム業界の片隅で起きた小さな奇跡の物語―ゲームクリエイター松山洋氏が自ら取材・執筆する最新ノンフィクションが発表!

株式会社Gzブレインは、『エンターテインメントという薬−光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの−』を株式会社KADOKAWAより発売。この度、11月1日の発売に先駆け、Amazon等オンラインショップでの先行予約をスタート。

『LET IT DIE』初心者の佐野ひなこに、マシンガンズ西堀が魅力をプレゼン! 佐野の評価は?【TGS2017】

TGS一般公開日初日となる9月23日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの『LET IT DIE』ブースにて、“今から始める『LET IT DIE』”ステージが行われた。

『聖剣伝説2』フルリメイク版 新イラスト&キャスト公開! ルサ・ルカ(声:釘宮理恵)やディラック(声:佐藤拓也)など

『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』のためにイラストレーターHACCAN氏が描いた新たな8人のキャラクターイラストと、キャストなどの新情報が公開された。