携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PlayStation Moveモーションコントローラ対応ソフト、一挙紹介!

PlayStation Moveモーションコントローラ対応ソフト、一挙紹介!
【E3 2010】

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』もモーションコントローラに対応!

 

 E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で、2010年6月15日(現地時間)行われたソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスカンファレンスで発表されたPlayStation Move モーションコントローラ対応の新規タイトル群ここで紹介しよう。ちなみに、すでに発売となっている『Heavy Rain -心の軋むとき-』がバージョンアップで、3D立体視対応で話題の『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』モーションコントローラに対応することが発表されている。

 

■Sing and Draw(仮題)

BS_screen_01

2010年10月発売予定
ブルーレイディスク

 

 スターターパックに同梱される本作。テレビ画面をキャンバスに見立て、自由にラクガキができる。さらに、モーションコントローラを操作する動きがさまざまな音になり、描くと同時に音楽を奏でることも。

 

 

■街スベリ

 

2010年10月発売予定

ブルーレイディスク

 

 香港らしき街をイスにまたがって滑走するユニークなアクションレースゲーム。モーションコントローラを上下に振るとダッシュ、振り上げるとジャンプする。コース途中に出現するさまざまな障害物や襲い来るマフィアは、カンフーアクションを駆使して弾き飛ばそう。 

 


 

 

■EyePet(仮題) 

 

2010年10月発売予定

ブルーレイディスク

 

 ペットのおさるを世話したり、いっしょに遊んだりできる癒し要素満載のコミュニケーションソフト。おさるにシャンプーをしてあげたり、ドライヤーで乾かした後に、モーションコントローラをいろいろな道具やオモチャに切り替えて、絵を描くなどさまざまな楽しみかたが用意されている。

 


 

 

■スポーツチャンピオン

 

2010年10月発売予定

ブルーレイディスク

 

 “卓球”や“アーチェリー”、“ビーチボール”など6種類のゲームが収録されたスポーツゲーム。卓球では、モーションコントローラでラケットにひねりを加えてボールを回転させたり、振りの速さでショットの速度調整などができたり、本格的なテクニックを使うことも可能だ。

 



 

 

■フレ!フレ!ボウリング(仮題)

 

2010年10月発売予定

ダウンロード配信

 

 アメリカンユーモア溢れるおバカなキャラクターたちがボウリングに挑戦する。操作は本物のボウリング同様にモーションコントローラを後ろから前へ振るだけのシンプルなもの。スピンやカーブなどのテクニックも使うことができる。

 

 

 

■真説・無限回廊(仮題)

 

2010年11月発売予定

ブルーレイディスク

 

 モーションコントローラを懐中電灯に見立て、影のカタチを自由自在に操り、その上を歩く主人公をゴールへと導くアクション性の高いパズルゲーム。モーションコントローラを動かし、ステージに隠された影のギミックを見つけよう。

 


 

 

■Moveでパーティ(仮題)

 

2010年11月発売予定

ブルーレイディスク

 

 PlayStation Eyeで自分を画面に映し出し、切る、塗る、撃つ、飛ばす、叩くなどのアクションをモーションコントローラでくり出して、さまざまなミニゲームが楽しめるパーティーゲーム。最大4人での対戦も可能だ。

 

 

■肉弾 2010年11月発売予定/ブルーレイディスク

 

 2本のモーションコントローラを使って、リアルな肉弾戦が楽しめる体感型のアクションゲーム。『肉弾』のタイトル名が示す通り、武器を持たず素手で戦う。

 


 

 

■TVスーパースター(仮題)

 

2010年12月発売予定

ブルーレイディスク

 

 自分の顔と声がキャラクターに反映され、架空のテレビに出演できるソフト。ファッション、料理、スポーツなどをテーマにしたテレビ番組で活躍し、スーパースターを目指すことが目的だ。最大4人までの同時プレイも可能となっている。

 

 

 

■The Shoot(仮題)

 

2011年発売予定

ブルーレイディスク

 

 モーションコントローラをガンに見立てたガンシューティング。狙いを定める操作は、直観的な操作が可能なモーションコントローラと相性バッチリ。撃つ以外に、しゃがむ、ジャンプなどのアクションも可能だ。西部劇、SFなどステージもバラエティーに富んでいる。

 

 

 

■Sorcery(仮題) 2011年発売予定/ブルーレイディスク

 

 “Sorcery”とは魔法や魔術の意。その言葉通り、本作はモーションコントローラを魔法の杖のように振って、さまざまな魔法をくり出しながら冒険を進めるRPGとなっている。

 

 

■Heroes on the Move(仮題) 2011年発売予定/ブルーレイディスク

 

 プレイステーションフォーマットのソフトを代表するヒーローたちが集結するアクションゲーム。登場するのは『ラチェット&クランク』、『怪盗スライ・クーパー』シリーズなどの主人公や脇役たち。爽快感溢れるアクションを魅せてきたキャラクターたちは、モーションコントローラでどんなアクションをくり出してくれるのか!?

 

 

■Tower(仮題) 2011年発売予定/販売形態未定

 

 十二面体に卵型、大理石に磁石にプラスチックなど、形状も素材も違えば、重量も弾力も異なるさまざまなブロックを、高く積み上げたり、爆弾を仕掛けて遠くへ飛ばしたりする3Dパズルゲーム。モーションコントローラでの繊細な操作がポイントになる。

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイドルマスターシンデレラガールズ』ライブなどのイベントで使用できる折りたたみプロデュースバッグが登場!

エンターグラムは、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のキャラクターデザインを施した折りたたみプロデュースバッグを発表。2017年7月28日に発売する。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』ベンチマークソフトが配信開始、新情報満載のトレーラーも

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフト、『紅蓮のリベレーター ベンチマーク』を配信開始した。

『DARK SOULS(ダークソウル)』シリーズ最後のDLCをプレイして改めて感じた醍醐味

2017年4月20日、フロム・ソフトウェアより発売されたプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION(ダークソウルIII ザ ファイア フェーズ エディション)』。本作の発売を記念し、『THE RINGED CITY(ザ リングド シティ)』のインプレッションをお届けする。

PC版『RPGツクール』100万本突破記念インタビュー! Steamでの展開やコミュニティの活性化がヒットにつながった

現在発売中のPC版『RPGツクール』シリーズ(KADOKAWA)6作品の累計販売本数が100万本を突破。それを記念して、ツクール開発部のプロデューサー・一之瀬裕之氏をはじめ、海外販売を担当したデジカの主要スタッフに、ツクールシリーズのこれまでとこれからを伺ってみた。

ゴールデンウィーク期間のセール情報をまとめて紹介! 連休はゲームで遊ぼう【GW特集】

ゴールデンウィーク期間中に開催されているセール情報を、できるかぎりまとめました。ゲームを選ぶ際の参考にしてください!

『FFXI』15周年を中村悠一さん、加藤英美里さん、浅川悠さんとお祝いしよう!【2017年5月13日放送】

2002年5月16日より正式サービスを開始した、スクウェア・エニックスのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジーXI』が、間もなく15周年を迎える。それを記念して、2017年5月13日(土)の19時より、ニコニコ生放送・ファミ通チャンネルにて特番を放送。ゲストは声優の中村悠一さん、加藤英美里さん、浅川悠さん。

“ペルソナストーカー倶楽部V” 3年間の歴史に幕! 最終回は3月30日に配信した“世紀末覇者先輩とシメる最終回サラダバーSP”再編集版を配信

アトラスは、本日2017年4月28日、『ペルソナ』シリーズのWEB番組“ペルソナストーカー倶楽部V”の最終回を配信。

ポケモンセンターにて“イーブイとカラフルフレンズ”キャンペーンが5月13日より開催、イーブイの進化形のポケモンのプレゼントや新商品を販売!

ポケモンは、オフィシャルショップ“ポケモンセンター”にて、2017年5月13日より“イーブイとカラフルフレンズ”キャンペーンを開催することを発表した。

アトラス・副島成記氏の仕事場拝見! インタビュー&動画で珠玉のクリエイティブに迫る

アトラス所属のデザイナー、副島成記氏のインタビューが、創作系メディア・pixivisionにて公開された。

“A 5th of BitSummit”に任天堂、SIE、マイクロソフトがスポンサーとして参加することが明らかに 二木幸生氏や安藤武博氏ら登壇者も一部公開

2017年5月20日(土)、21日(日)に、京都市勧業館みやこめっせにて行われるインディーゲームの祭典“A 5th of BitSummit”にて、スポンサーとメディアパートナーが発表。あわせてステージ情報の一部が公開された。