携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【動画追加】ユービーアイソフトのカンファレンスで、水口哲也氏最新作『Child of Eden』の詳細が判明

【動画追加】ユービーアイソフトのカンファレンスで、水口哲也氏最新作『Child of Eden』の詳細が判明
【E3 2010】

2010/6/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●水口哲也氏の新作、『Child of Eden』は光と音の作品



[お詫びと訂正]『Child of Eden』の対応機種に関しまして、当初“Xbox 360のKinect専用タイトル”と記事内に表記しておりましたが、正しくはプレイステーション3のPlayStation MoveおよびKinect対応タイトルとなります。読者、並びに関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、訂正させていただきます。(2010年6月16日追記)PlayStation Moveへの対応は現状未定とのことです。重ねての修正を深くお詫び申し上げます。

 

DSCF0353

 現地時間2010年6月14日、E3 2010の開幕を翌日に控えたアメリカ・ロサンゼルスだが、すでにマイクロソフトの発表会などで最新のゲーム情報は続々と発表されており、世界各国から集まったゲームファンおよび取材陣を熱狂させている。その流れに乗って、大手ソフトメーカーも立て続けにカンファレンスを実施。そのひとつ、ユービーアイソフトのブリーフィングでは同社怒涛のタイトルラインアップと、ビッグサプライズが明らかになった。
 

DSCF0401

 最初に紹介されたのは、昨年のE3で発表された水口哲也氏の新作『Eden』。タイトル以外すべてが謎に包まれていた本作だが、今回ついにゲームのデモが公開に。スクリーンに映し出されたのは、水口氏の代表作『Rez』を彷彿とさせる色鮮やかなワイヤーフレーム的なグラフィックで構成された画面。ゲームシステムも、敵を撃つとそれがリズムになり音楽が奏でられるといった具合で『Rez』と同じだが、ひとつだけ大きく異なる点が。ステージ上でデモプレイを披露する水口氏は、コントローラの類を持っておらず、両手両脚を使って操作しているのだ。デモプレイ終了後水口氏は、会場に挨拶を行い、合わせてタイトルが『Child of Eden』に決定したことを紹介した。なお、同作はプレイステーション3およびXbox 360のKinect対応タイトルとなっている。
 

DSCF0405

DSCF0408

DSCF0412

DSCF0425


<『Child of Eden』スクリーンショット>

COE-E3-Evolution01_NoLogo

COE-E3-Evolution02_NoLogo

COE_A_003_E3_Matrix_NoLogo

 

 

 続いては、ユービーアイソフトを代表するフランチャイズタイトル『アサシン クリード』シリーズの最新作、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『Assassin's Creed Brotherhood』を紹介。まずトレーラー映像が上映されたのだが、その映像美もさることながら、ラストで複数のアサシンが登場するというアツい展開に会場からは歓声が。同作ではシリーズ初のマルチプレイを搭載することが発表されており、複数人のアサシンは恐らくそれを表現したものと思われる。デモプレイも公開され、ここでもいくつかの新情報が。主人公の住む街が大軍勢に襲撃を受け……という状況の中、城壁から大砲を使って敵を一網打尽にする様子を確認。また接近戦にて、隠した銃で敵に攻撃するシーンも見ることができた。プレゼンの最後では、北米での発売日が2010年11月16日に決定したことも発表となっている。

 

DSCF0453

DSCF0461

DSCF0462

DSCF0475

DSCF0476

DSCF0480

DSCF0486


<『Assassin's Creed Brotherhood』スクリーンショット>

asa1

asa2

asa3

asa4

asa5

asa6

asa7

asa8

 

 

 スノーボードの金メダリストで知られ、同競技をテーマにしたタイトルも発売されているショーン・ホワイト。その最新作は、なんとスノーボードではなくスケボーに。タイトルはずばり『Shaun White Skateboarding』だ。ショーンは、スケボーにおいても世界屈指の名選手ということで今回ゲームされることとなった。会場には本人も登場して、開発者といっしょにデモプレイをチェック。スケボーゲームと言えばアクティビジョンの『トニーホーク』シリーズ、エレクトロニック・アーツの『Skate』シリーズが同ジャンルにおける双璧となっているが、『Shaun White Skateboarding』は両者のいいとこ取りといった印象。つぎつぎにくり出されるエクストリームなトリックの数々は『トニーホーク』シリーズを彷彿とさせ、低めの視点で映されるプレイ画面および細かな挙動は『Skate』シリーズに近い。システムに関しては非常にゲーム的で、決められたポイントでトリックを決めるとマップに変化が起き、新たなスポットが登場するというものとなっているようだ。対応機種はWii、プレイステーション3、Xbox 360で北米で2010年秋発売予定。

 

DSCF0510

DSCF0520

DSCF0530

DSCF0537

DSCF0544


<『Shaun White Skateboarding』スクリーンショット>

SWSKATE_S_011_NG_Nosegrind

SWSKATE_S_014_NG_KickGrab

SWSKATE_S_016_S_TransformationGrind

SWSKATE_S_017_S_InfluenceKickFlip

SWSKATE_S_018_S_VertHandPlant

 

 

 実写と見まがうほどのトレーラー映像が話題を呼んだ『Ghost Recon: Future Soldier』だが、今回のカンファレンでは早くもデモプレイが公開となった。目玉は、トレーラー映像でも描かれていた不可視の状態になれる光学迷彩の存在。『ゴースト リコン』シリーズはチームでの行動が肝となるが、今回のデモでは自分も含め同じチームのメンバーが全員光学迷彩を利用しており、システムはステルスゲームのように。とは言え、光学迷彩を装着していればちょっとやそっとじゃ敵に見つかることはない。敵の集団の中を歩いてスリ抜けたり、密着しそうな距離からの射撃などの大胆な行動が可能になっているようだ。

 

DSCF0658

DSCF0664

DSCF0670

DSCF0671

DSCF0672


<『Ghost Recon: Future Soldier』スクリーンショット>

GRFS1

GRFS2

GRFS3

GRFS_ALL_Screenshots_E3_04

GRFS4

GRFS5

GRFS6

GRFS7

GRFS8

GRFS9

 

 カンファレンスの最後ではビッグサプライズも。なんとマイケルジャクソンをテーマにした音楽ゲーム『MICHAEL JACKSON THE GAME』が発表されたのだ。対応機種はニンテンドーDS、PSP、Wii、プレイステーション3、Xbox 360で、プレイステーション3はPlayStation Moveに、Xbox 360はKinectに対応。発売は2010年のホリデーシーズンを予定している。
 

DSCF0762


<『MICHAEL JACKSON THE GAME』スクリーンショット>

Screenshot - Beat it_01_last

Screenshot_Billie_Jean_01


 カンファレンスでは上記タイトル以外にも多数の新作ソフトが発表に。以下にスクリーンショットをまとめておどけする。

 


<DRIVER San Francisco>



<Project Dust>



<Innergy>



MotionSports>



Raving Rabbids Travel In Time>



<Scott Pilgrim>



<Tom Clancy's H.A.W.X.2>



<Your Shape Fitness Evolved>

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『スマブラSP』スピリッツイベント“スティックぐりぐり! ロクヨンスピリッツ”開催。バトル後にもらえる経験値が6.4倍にアップ

Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』において、2020年6月5日からスピリッツイベント“スティックぐりぐり! ロクヨンスピリッツ”が開催される。

『トロピコ 6』や『ライフ イズ ストレンジ』などスクウェア・エニックス エクストリームエッジタイトルのDL版がPS Storeにてお買い得価格に!

スクウェア・エニックスの海外産タイトルレーベル“SQUARE ENIX EXTREME EDGES”の各タイトルダウンロード版が、PlayStation Storeにてお買い得価格で販売中。期間は2020年6月16日まで。

『地球防衛軍4.1』や『EDF:IRON RAIN』などEDFシリーズがおトク! PS Storeにて“DAYS OF PLAY”セールが開催

2020年6月3日(水)より、PS Storeにて開催される“DAYS OF PLAY”セールにおいて、『地球防衛軍4.1』から『IRON RAIN』までのEDFシリーズがお得に購入できるセールが開催される。

Switch 『ふれあい出版局』6月11日発売決定! タウン誌で町の魅力を伝え人口を増やすタウン誌編集部シミュレーションゲーム

カイロソフトは、2020年6月11日(木)よりタウン誌編集部シミュレーションゲーム『ふれあい出版局』のNintendo Switch版の販売を開始することを発表した。

『犬夜叉』かごめたちをモチーフにした和テイストの手帳型スマホケース、Tシャツ、アクリルコースターが登場!

アルマビアンカは、『犬夜叉』のキャラクターをモチーフにした手帳型スマホケース、BIGシルエットTシャツ、アクリルコースターの予約受付を2020年5月27日より開始した。

【セガ設立60周年記念】スマホ向けゲームイベント“地球UFOキャッチャー”が1週間限定で開催! 世界各地に出現する全139種のデジタルプライズをコンプしよう!!

セガは、設立60周年プロジェクトのひとつとして、オンライン上で楽しめるスマホ向けゲームイベント“地球UFOキャッチャー”を本日(2020年6月3日)から2020年6月9日まで展開する。

スタジオジブリ初の全編3DCGアニメ『アーヤと魔女』がNHKで2020年冬放送。企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗の長編作品に注目!

NHKは、2020年冬にスタジオジブリによる長編アニメ『アーヤと魔女』を放送予定であることを発表した。

【FGO】漫画『深海電脳楽土 SE.RA.PH』3巻や『Fate/type Redline』1巻が本日6/3に発売

『Fate/Grand Order』(FGO)を原作とするコミックの最新刊が本日2020年6月3日に発売された。

【ガンダム40周年プロジェクト】『逆襲のシャア』『ガンダムNT』の4DXリバイバル追加劇場が決定!

ガンダム40周年の一環プロジェクト“ガンダム映像新体験TOUR“について、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の4DXリバイバル追加劇場が決定したことが発表された。さらにULTIRA、BESTIAで上映の『逆襲のシャア』も追加劇場が決定した。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』デスクトップアーミーが登場! レイ、アスカ、マリがかわいいデフォルメ可動フィギュアに!!

メガハウスが手掛けるデフォルメ可動フィギュアシリーズ“デスクトップアーミー”に、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』から“綾波レイ”、“式波・アスカ・ラングレー”、“真希波・マリ・イラストリアス”が登場。2020年6月4日より予約受付開始。