携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> いちはやく新型Xbox 360に触ってきました、気になる部分をリポート

いちはやく新型Xbox 360に触ってきました、気になる部分をリポート
【E3 2010】

2010/6/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●気になるACアダプターも3分の2のサイズに

DSC_4643

 2010年6月14日(現地時間)、“Xbox 360 E310 Media Briefing”の興奮も醒めやらぬ午後、“E3 Enthusiast Roundtable”が開催された。メディアブリーフィングを経て行われるラウンドテーブルということで(しかも、enthusiastには熱狂家という意味がある)、どんなものものしい内容になるのかと思いきや、会場で行われたのは、ラッピングされたXbox 360 250GBを箱から出して、テレビにつないで試してみましょう! という何とも遊び心溢れる催し。新しいハードをパッケージから開けるのは何より楽しいもの。ましてやそれが、発表されたばかりの新型Xbox 360ということも相まって、来合わせた取材陣たちは童心にかえったかのような表情で、嬉々として梱包を解いていた……というだけでは記者失格なので、ちょっとだけXbox 360 250GBのヒミツに迫ってみた


DSC_4600
DSC_4601
DSC_4608

▲記者への贈り物?ラッピングをほどいてみると、Xbox 360 250GBが!


 小型化、軽量化が図られつつ、Wi‐Fi対応になったことが大きな特徴のXbox 360 250GB。それ以外にも随所に変更が施されており、本体が光沢仕上げのブラックカラーになったことも相まって、「よりゴージャスなマシンになった」というのが触ってみての印象。特筆すべきはドライブ音の静かなこと。静粛性はXbox 360 250GBのテーマとなっていたようだが、「これだけ静かだと『アラン ウェイク』をプレイしてみると最高ですよ!」と関係者に勧められるままに遊んでみたところ、たしかに静かなことこの上なし。また、ファンにとっては気になるACアダプターも、本体に負けずに3分の2の小型化に成功。全体的にXbox 360でちょっぴり不満だったところが解消されている印象だ。


DSC_4611
DSC_4624


 ハードディスクドライブは、本体下部に装着口があり出し入れが可能。現状250GBの容量をもっているが、これは将来的にはさらに大容量サイズの登場が想定されているのかも。また、HDMI端子やUSB端子、光デジタル音声出力端子が並んでいる本体背面だが、気になる端子がひとつ。これはKinect対応の専用接続端子で、この端子ひとつでKinectが使えるようになる。もちろん現行のXbox 360にもKinectは使用可能で、現行のXbox 360ではUSB端子などを利用するとのことだ。一方で、Xbox 360 メモリーユニットのスロットがなくなっており、Xbox 360 250GBでは外部記憶メディアはUSBメモリーなどになる。今年春に行われたアップデートにより、Xbox 360の記憶メディアとしてUSBメモリーが使用可能になっているが、あるいはこの布石だったのかもしれない。
 

DSC_4648
DSC_4651

▲ハードディスクは本体の下部に設置。取り外しもできる。

DSC_4629
DSC_4630

▲端子も微妙に小型化。左がテレビとXbox 360をつなぐ端子で、右がACアダプターとXbox 360をつなぐ端子。


DSC_4655

 最後に、会場に居合わせたマイクロソフト 執行役 常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長の泉水敬氏に話をきいたところ、「Kinectを中心として、我々はインタラクティブエンターテインメントの新しい幕開けだと位置づけていまして、とくに日本では新型Xbox 360と秋に提供されるビデオサービスなどにより、新しいエンターテインシステムとして生まれ変わる機会だと思っていますので、ファンのみなさんは引き続き応援してください」とのこと。既報のとおり、Xbox 360 250GBは日本国内では2010年6月24日に29800円[税込]にて発売。Xbox 360 250GBのリリースはKinectの登場と相まって、さらに新しいファンに訴求しそうだ。
 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ドラゴンクエストビルダーズ2』体験版レビュー! わかったのは、相変わらずの時間泥棒ということ(ホメ言葉)……年末のリリースで本当によかった!!

2018年12月20日発売予定のPS4/ニンテンドースイッチ用ソフト、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』。発売に先駆けて配信中の体験版をレビュー! そこからわかった本作の魅力を解説。そして……年末発売で本当によかったと実感!!

『鉄拳7』DLC第9弾として『ウォーキング・デッド』から登場する“ニーガン”のキャラクターPVと追加情報が公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフト『鉄拳7』において、ダウンロードコンテンツ第9弾として『ウォーキング・デッド』から登場する“ニーガン”のキャラクターPVと追加情報を公開した。

VR ZONE SHINJUKUが、“VR(ぶっとんだリアル)体験プレゼント”など、21ヵ月間の営業感謝をこめた5つの大感謝キャンペーンを実施

バンダイナムコアミューズメントは、同社が運営する“VR ZONE SHINJUKU”が2019年3月31日で営業終了することに伴い、2018年12月14日から5つの大感謝キャンペーンを実施する。

まさかの田畑端氏生出演。セガ横山昌義氏、カプコン江城元秀氏ら新メンバーを加え、『ゲーム界隈井戸端会議 #大忘年会2018』12月16日に開催

2017年年末にいろいろな意味で盛り上がった『ゲーム界隈井戸端会議 #大忘年会2018』が帰ってくる。今回もタイムシフトは残せるのか!?

『テイルズ オブ』シリーズのルドガーやユリウスをイメージしたバックパックなど、魅惑のアイテムがお目見え

SuperGroupiesは、『テイルズ オブ』シリーズのルドガーやジューダスなど人気キャラクター8人をイメージしたバックパックと財布の発売を発表した。

『デッド オア アライブ 6』ブラッド(声:石塚運昇)&エリオット(声:皆川純子)が参戦決定!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年12月27日増刊号(2018年12月13日発売)では、『デッド オア アライブ 6』の最新情報をお届け。

【俺たちのアケアカ】本日、2018年12月12日22時00分より生放送!【ファミ通チャンネル】

週刊ファミ通のででおとみさいル小野のふたりで、名作クラシックゲームをゆる〜く遊ぶ番組。今回はSNKのアクションゲーム『アーケードアーカイブス アテナ』を遊びます!

『アーケードアーカイブス アテナ』配信日が12月13日に決定! ビクトリー国の王女アテナとなって幻想界に君臨する“帝王ダンテ”を打ち倒そう

ハムスターは、Nintendo Switchおよびプレイステーション4用ダウンロードソフト『アーケードアーカイブス アテナ』の配信日が2018年12月13日に決定したことを発表した

『アケアカNEOGEO メタルスラッグ 5』配信日が12月13日に決定! 新スラッグ“スラグガンナー”や新アクション“スライディング”も初登場

ハムスターは、Nintendo Switch、プレイステーション4およびXbox One用ダウンロードソフト『アケアカNEOGEO メタルスラッグ 5』の配信を、2018年12月13日に開始することを発表した。

森Pや近藤佳奈子さんがファンのみんなと『ブレイブルー』シリーズ10周年をお祝い、歴代タイトルの想い出話などを語る

2018年11月17日、『ブレイブルー』シリーズの10周年を祝う記念イベントが開催。開発陣のトークショーやクイズ、コラボメニューなどが楽しまれたイベントの模様をリポート。