携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360版『MHF』クローズドベータテストプレイ・インプレッション!

Xbox 360版『MHF』クローズドベータテストプレイ・インプレッション!
【プレイ・インプレッション】

2010/6/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●序盤も序盤のことしか書けないけど……

 

Text by 大塚角満

 

 カプコンのXbox 360用ソフト『モンスターハンター フロンティア オンライン』のクローズドベータテストが、2010年5月13日〜27日の期間に実施された。さっそくワタクシめも、サーバーがオープンした直後にXbox 360を起動し、じつにひさびさとなるメゼポルタ広場を訪問(かつてPC版の『MHF』はハンターランク100くらいまで遊んでいたのだ)。ハンターランク1の新米ハンターとなって序盤のクエストにチャレンジした。ここでは簡単に、Xbox 360版『モンスターハンター フロンティア オンライン』を遊んでみた感想を書いてみたい。

 

 しかし先に宣言してしまうが、クローズドベータテストはあくまでもクローズドベータテストなのでそれほど突っ込んだことはできないし、書くこともできない(実際、記事にできる範囲は“ハンターランク3まで”、“クエストの種類は「はじめてのクエスト」のみ”、“対象モンスターはドスランポス、ドスゲネポス、ドスイーオス、ドスファンゴ”という取り決めがある)。なので本当に、序盤をプレイしたときの雑感のみになってしまうと思うが、その点はご容赦いただければと思う。

 

 「クローズドベータテスト用だからテキトーでいいや^^」と言って始めたキャラクター作成に1時間以上もの時間を費やし、試行錯誤しまくったが、最終的にほぼデフォルトと変わらない見た目の男性ハンターで決定ボタンを押してログイン。ワールドの選択画面を見ると、早くも数万人規模のユーザーがメゼポルタに降り立っているのがわかった。それもそのはずで、クローズドベータテスト開始からわずか7時間後の午後11時の段階でプレイ人数(同時接続者数)は21595人。累計参加者数は51455人を数えていたというのだから、メゼポルタ広場の混雑っぷりにもナットクというものである。

 

 そんな、多くのハンターで賑わうメゼポルタ広場のひとつに入ってみた。するとすぐに、『MHF』初心者にこの世界での立ち回りかた(?)を伝授してくれるチュートリアルモードが始まる。パパっとこれらをこなして、我が分身は“狩人キャンプ”へ。ハンターランク10までの新米が入ることができるチュートリアルモードの続きのような施設で、武器の使いかたを学べるクエストや、前述の“はじめてのクエスト”も受注できる(メゼポルタでも受けられるけど)。さっそくいくつかのクエストをこなしながら、Xbox 360版『MHF』の“感触”を確かめてみた。

 

 “はじめてのクエスト”はいくつかのカテゴリーに分けられていて、近接武器の練習クエスト、遠距離武器の練習クエスト、小型モンスターの討伐、納品クエスト、そして大型モンスターに挑むクエストも用意されている。俺は、いまでこそインナー姿にハンターナイフというお話にならない格好をしているが、中身は『モンハン』シリーズを数千時間やり込んだベテラン中のベテラン。なのでこのナメた装備のまま、いきなりドスランポス討伐クエストを受注してフィールドに飛び出した。

 

 最初に確かめなければならないのは、Xbox 360の純正コントローラーによる操作方法である。独特な『モンハン』の操作を、このコントローラーで快適にこなせるのだろうか?

 

 結論から書いてしまうと、意外なほど違和感なく、スムーズに立ち回ることができました。以前、こちらの記事で「Xbox 360の純正コントローラーでは“モンハン持ち”(左手の人差し指でカメラ操作を行う持ちかた)ができない」と書いたが、今回改めて挑戦してみた結果、やはりモンハン持ちをすることはできなかった(左側にあるアナログスティックと方向キーが、PSPやWiiのクラコンPROと上下の位置が逆になっているため)。ではどこでカメラ操作を行うのか? Xbox 360の純正コントローラーでは、左の方向キーもしくは右のアナログスティックでカメラを動かす。前述のモンハン持ちに慣れてしまっている俺のような人間だと、移動用のアナログスティックの下についている方向キーで視点操作をするのは至難の業。しかし、そんな融通が利かない人間をやさしくフォローしてくれるのが右アナログスティックによるカメラ操作で、これならば移動速度を落とすことなく、快適に視点の変更をすることができる。序盤の簡単なクエストならまだしも、屈強なモンスターと渡り合わなければいけない段階でカメラ操作に難があるのはきびしい……と思っていたが、この心配はあっさりと払拭されたというわけだ。よかったよかった。ちなみにそのほかの操作は、他のコンシューマー機向け『モンスターハンター』と大差はない(Xbox 360特有の、Aボタン、Bボタンが日本発のゲーム機とは逆についていることで戸惑うことは多少ある)。要するに、大きな違和感はなく遊べるということだ。

 

 Xbox 360版『MHF』の密林は、じつに美しかった。ひとつひとつの色が鮮やかで、背景だけではなくモンスターの姿も、非常にクッキリしていて目にも楽しい。さすが「コンシューマー機では初のハイデフ対応の『モンスターハンター』」と謳うだけのことはある。ドスランポスの身体を覆っている青い鱗と赤いトサカもキラキラと輝いて見えて、不覚にも少々見惚れてしまったよ。そのあいだにさんざんランポスどもに噛み付きやらドロップキックやらを食らって息も絶え絶えの重傷を負わされたけどな。「おおお、おまえらなんか敵じゃないのに……」と言いたくなるのをグっとこらえてどうにかドスランポスを狩猟し、狩人キャンプに帰還。そして脇目も振らずにショップに入り、新米ハンター用に売られている“ルーキーシリーズ”の防具を一式購入した。各部位とも防御力が5程度あるので、しばらくはこれで安全な狩猟ができるはずである。

 

 しばらくすると俺がいる街に、見慣れた名前のハンターがやってきた。俺のエッセイではすっかりおなじみ、狩魂Tのたけちよ君(通称・たけちー)である。彼は『MHF』をやりたいがためにXbox 360を購入し、クローズドベータテストが実施されるこの日を半年ほども前から待っていた健気な男で、俺の姿を見るや号泣せんばかりに喜びを爆発させた。「かかか、角満さん!! いっしょに遊びましょうよ!!」と。

 

 俺とたけちーはしばらくのあいだ、メゼポルタ広場でチャットを楽しんだ。ボイスチャットではなく、キーボードによるチャットである。若干、文字入力が重いように感じたが(ウチの会社の回線のせいかもしれん)、気にせずふたりでクエストに。規制でギリギリ(?)許されているドスファンゴの討伐に出かけた。Xbox 360版『MHF』で、初の協力プレイである。でもまあ、相手はドスファンゴ。ふたりがかりで挑めば初期装備でもなんら問題はなく、わずか数分で討伐を完了してしまった。協力プレイ中で気になったのは、チャットウインドが大きめで少々画面が見にくくなることくらいかな? でも気になった点はそれくらいで、基本的には非常に快適に遊ぶことができた。

 

 規制があるのでこれ以上書けないのが歯がゆいのだが、PC版で固定のファン層を獲得し、長い時間をかけて地道に積み上げてきた蓄積が功を奏して、武具も防具も、そしてクエストもシステムもじつに豪華絢爛な満漢全席のような『モンスターハンター』になっているのは間違いない。いやあ、オープンベータの開催が楽しみだ。

 

【プレイ・インプレッション】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【20周年】アニメ『カレイドスター』LINEスタンプが発売。「ぐ〜っど!!」「真のカレイドスターに なる、なる、なるー!」など全40種が収録

X-VERSE PLUSは、20周年を迎えたアニメ『カレイドスター』のLINEスタンプを2024年2月29日に発売した。

錬金術×恋愛アドベンチャー『アルカナ・アルケミア』Switch/PS4で6月27日発売。美少女ホムンクルスの誕生から始まる物語

エンターグラムは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4(PS4)用ソフト『アルカナ・アルケミア』を2024年6月27日に発売する。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。世界中のゲームファンから称賛され、3161万本の大ヒットを記録した傑作【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2017年(平成29年)3月3日は、Nintendo Switch及びWii U用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。

Nintendo Switchが発売された日。Wiiを超え1億3936万台を売り上げた超人気の現行ハード。携帯専用のLiteや有機ELモデルも登場し、好調なセールスが継続【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2017年(平成29年)3月3日は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発売された日。

『ガンダムブレイカー3』が発売された日。"ビルダーズパーツ"の追加で、より自由なガンプラが作れるように。サポートキャラでSDガンダムも追加【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2016年(平成28年)3月3日は、プレイステーション4用(PS4)/PlayStation Vitaソフト『ガンダムブレイカー3』が発売された日。

『ライフ イズ ストレンジ』PS4パッケージ版が発売された日。丁寧な描写と究極の選択肢でユーザーの心をつかむ。こだわりのローカライズで日本でも人気に【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2016年(平成28年)3月3日は、プレイステーション4(PS4)パッケージ版『Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)』が発売された日。

『シャニマス』6thライブ大阪公演1日目リポート。DJめぐるとアイドルたちによるノンストップメドレーなど新しい試みが満載! 春の訪れを祝うカーニバルのような盛り上がりに

2024年3月2日(土)、大阪府・大阪城ホールにて開催された、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のライブイベント“6thLIVE TOUR Come and Unite! Brilliant Blooms”の公演1日目の模様をリポート。

アニメ『アイドルマスター シャイニーカラーズ』放送情報が公開。BDの発売も決定。コンプリートボックスや店舗特典の情報も【6thライブ大阪公演DAY1発表まとめ】

2024年3月2日、3日に大阪府・大阪城ホールにて開催の『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のライブイベント“6thLIVE TOUR Come and Unite! Brilliant Blooms”の公演1日目に発表された新情報をまとめてお届け。

短編ホラーゲーム『音信』Steamで3月4日発売。ネット掲示板の不気味な書き込みの真相を追う

UnderDoorは、PC(Steam)向け短編ホラーゲーム『音信』を2024年3月4日に発売する。

2Dアクション『じじいの不思議な冒険』Xbox版が3月14日発売。“お尻アタック”と多様な武器を駆使して怪物退治

Wanba StudioとE-Homeは、手書き風の可愛らしいグラフィックが特徴の2Dアクションゲーム『じじいの不思議な冒険』のXbox Series X|S、Xbox One版を2024年3月14日に発売する。PC(Steam)版は配信中。