携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “ドリームパーティ東京2010春”会場で豪華アーティストが集う“Live 5pb.!”が開催

“ドリームパーティ東京2010春”会場で豪華アーティストが集う“Live 5pb.!”が開催

2010/5/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●彩音、榊原ゆい、いとうかなこと豪華アーティストが迫力のライブを展開!

 

 2010年5月3日、東京・有明にある東京ビッグサイトにて、萌えの祭典“ドリームパーティ東京2010春”が開催された。“ドリームパーティ”は各種キャラクターグッズの販売や展示が行われる、キャラクターコンテンツの総合展示会。同イベントではすっかり恒例となった5pb.のステージイベント“Live 5pb.!”を今回も開催。5pb.の豪華アーティストたちが一堂に会し、会場に詰めかけた来場者たちを大いに盛り上げた。

 

 イベントの司会は、声優の井ノ上奈々と5pb.代表取締役・志倉千代丸のふたり。志倉の自由すぎる司会進行を危惧した井ノ上は、ストップウォッチを持参。「今日はちゃんと終わらせますから!」と意気込みを語る。

 

shikai1
inoue1

▲司会を務めた志倉千代丸(右)と井ノ上奈々(左)。

 

zentai

▲会場には多くのファンが詰めかけた。

 

 1人目のアーティストは、彩音。この日は、ニンテンドーDS用ソフト『ひぐらしのなく頃に絆 第四巻・絆』の主題歌である『Angelic bright』を披露。のっけから、会場から赤のサイリュームとウルトラオレンジに包まれ、会場の熱気が一気に上がる。彩音の力強い歌声が会場に響くと、ファンもさらに盛り上がった。

 

ayane2
ayane3

 

 つぎに登場したのは、声優&アーティストとして活躍中の氷青。自身初のアルバム『冬花火』を2010年4月21日にリリースした彼女は、2010年5月9日に渋谷のタワーレコードにてインストアライブを行うとのこと。これを聞いた志倉が「めちゃめちゃアウェイやん!」とツッコむ場面も。楽しそうに会話をしていたかと思いきや、実際に『冬花火』を歌い始めると、情感のこもった歌声と、たしかな歌唱力で会場中の空気をすっかり作り変えてしまった。

 

hyo-sei1
hyo-sei2

 

 3人目のアーティストは、榊原ゆい。司会によって紹介されるやいなや、会場中から「おおおおおお!」と興奮気味の歓声が上がり、志倉は「悔しいですね」とひと言。今回披露するPCソフト『あまつみそらに!』主題歌『ラピスラズリの恋』について榊原は、「今回が初お披露目になります。かわいらしい楽曲ですが、最後のサビの延ばしが意外なところにいったりします(笑)」とコメント。さらにイベント後に渋谷でライブを行うという話題となると、志倉が「お前も渋谷か!」とアウェイネタをかぶせた。ライブでは、かわいらしいダンスとともに、夏らしい爽やかな楽曲『ラピスラズリの恋』を笑顔で歌い上げた。

 

sakakibara2
sakakibara1

 

 会場からの「おおおおおおおおお!」という歓声に迎えられて登場したnaoは、「知らない人、どーも! naoです!!」と挨拶。『シンクロしようよ』の収録時のエピソードとして「12月に収録をしました。まわり中リア充で溢れかえるなか、“爆発しろ!”と思いながら歌いました」という話を語り、会場の笑いを誘うと、そんなアツい気持ちがこめられた『シンクロしようよ』を会場のファンとともに熱唱した。

 

nao1
nao2
nao6

 

 続いて登場したのは、志倉千代丸×桃井はるこによるWプロデュースで話題の学院型ガールズ・ボーカルユニット、アフィリア・サーガ・イースト。桃井作曲の『ワタシ☆LOVEな☆オトメ!』について「『W.L.O.世界恋愛機構』というゲームの主題歌で、ゲームにあったかわいい感じの曲です」とアピール。同曲を作曲した桃井の不在に「桃井さんはどこにいるの?」と志倉が問いただすと、「渋谷ー」という回答が。またも登場した渋谷の存在に、「あいつもか……!」と苦渋の表情を見せた志倉だった。ライブでは、全員でのダンスのフォーメーションがとてもかわいく、会場の来場者を魅了する。

 

Afilia1
Afilia3
Afilia4

 

 つぎのアーティストは、先日行われた“ファミ通アワード2009”にて優秀賞を受賞した『シュタインズ・ゲート』の主題歌を歌ういとうかなこ。受賞に関して志倉は「ラボメンのみんなのおかげだ。ありがとう―――!!」と感謝の意を述べる。主題歌である『スカイクラッドの観測者』について、いとうは「いままで歌ってきた曲の中でもいちばんアキバ! バリバリ電脳!!」と独特の言い回しで説明。さらに2010年6月24日発売予定のPSP用ソフト『カオスヘッド ノア』のオープニング曲も担当するいとうは、「こっちはがんばらないと歌えない感じの曲でした」と曲の感想を語った。会場では『スカイクラッドの観測者』を披露。独特の世界観を醸し出すいとうのステージングに、ファンは引き込まれるように魅入っていた。

 

itou2
itou3

 

 AsrielのKOKOMIは、2010年5月26日に発売予定のミニアルバム『AntiQue〜INDIES BEST SELECTION〜』に収録される曲から、『MoonLightTears』を披露。ほかにはない、独特の歌声が会場に染み込んでいくと、ファンもヒートアップ。ここへきてさらなる盛り上がりを見せた。

 

Asriel1
Asriel3

 

 ここで、“『メモリーズオフ』10周年コーナー”へと突入。『メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム』に仙堂麻尋役として出演し、現在“HiBiKi Radio Station”にて『井ノ上奈々のメモオフラジオ』のパーソナリティーを務める井ノ上と、同シリーズの音楽を担当する志倉が引き続き司会を担当。まずは、同作のオープニング曲を担当するZweiのふたりが、初披露となる『メモリーズオフ ゆびきりの記憶』のオープニング曲『小指のパラドックス』を歌い上げる。Ayumuのカッコイイ歌声と、Meguのベースで会場の女性陣がノックアウトされていくなか、Ayumuはさらにスタンドマイクを高々と掲げて、会場を煽りまくった。

 

zwei1
zwei2
zwei3

 

 今回の曲で作詞・作曲を担当した志倉は、「曲を作ったときにイメージしていた出来上がりのはるかに上を行く仕上がりでした」と満足げな表情。Ayumuが5pb.でリリースした『オカルティクスの魔女』とは打って変わったポップな曲調である『小指のパラドックス』。「大丈夫ですかね?」とAyumuが会場に聞くと、会場からは大きな歓声が上がり、Ayumuも「ああ、よかった」と安堵の表情を見せた。続いて登場したのは、『メモリーズオフ』シリーズ最新作『メモリーズオフ ゆびきりの記憶』で天川ちなつ役を務める鹿野優以と、リサ・ケイシー・フォスター役を務める酒井香奈子。当日twitterを使ってファンにスカートとホットパンツどっちがいいかを聞いていた鹿野は、予告通りホットパンツ姿で登場。酒井はというと、なぜか自身の演じるキャラクターが着ているのとは違う制服姿で登場する。これに対し、公私ともに仲がいいという井ノ上から「なんであんたが着てるの!?」とツッコまれるも、鹿野から「会場に着いたら、もう着てました」と、ことの経緯が告げられると、諦めきった表情で進行に戻った。

 なお、ゲストのふたりはそれぞれ『メモリーズオフ』シリーズのことは知っていたようで「決まったときはビックリしました」(鹿野)、「まさか『メモリーズオフ』に出演できるなんて予想だにしていなかったので、ビックリしました」(酒井)とそれぞれ感想を漏らす。また、トーク中にあまりにフリーダムに進行をする志倉に鹿野が突っ込むも、受けた志倉のほうはどこ吹く風といった感じだった。最後にファンにひと言ずつメッセージを求められると「皆さんの嫁にしてくださいね」(鹿野)、「『メモオフ』ファミリーになれてとてもうれしいです。皆さんに愛していただけるキャラクターになるようにがんばります」(酒井)とコメントを残した。

 

kano1
sakai2

▲『メモリーズオフ ゆびきりの記憶』に出演している鹿野優以(左)と酒井香奈子(右)。パセラとのコラボや、『井ノ上奈々のメモリーズオフラジオ』と『パセラボTV』とのコラボも発表された。

 

 豪華アーティストによるライブに、『メモリーズオフ』10周年を記念したコーナーなど、とにかく盛りだくさんだった“Live 5pb.!”。今後の5pb.の音楽、ゲームどちらのラインアップも見逃せないと思わせるイベントとなった。

 

ドリームパーティ ステージイベント“Live 5pb.!”

セットリスト

◆Angelic bright/彩音

◆冬花火/氷青

◆ラピスラズリの恋/榊原ゆい

◆シンクロしようよ/nao

◆ワタシ☆LOVEな☆オトメ!/アフィリア・サーガ・イースト

◆スカイクラッドの観測者/いとうかなこ

◆MoonLightTears/Asriel

◆小指のパラドックス/Zwei

 

shugou



※“ドリームパーティ”公式サイトはこちら
※5pb.公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。