携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』ワールドツアー3ヵ所目はアットホームなサイン会!

『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』ワールドツアー3ヵ所目はアットホームなサイン会!
【『MGS PW』発売記念イベントリポート】

2010/4/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「『MGS』であって『MGS』でない、『ピースウォーカー』は突然変異タイプ」(小島)

 

 KONAMIのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』がついに発売を迎えた2010年4月29日。池袋のヤマダ電機LABI1から発売記念のワールドツアーがスタートし、ヨドバシカメラ横浜を経て、ツアー3ヵ所目となったのは東京都西葛西にあるゲームショップ、GAMESマーヤ。ここでは、小島秀夫監督と新川洋司アートディレクター、ストレンジラブ役の声優を務めた菊地由美のサイン会が行われた。

  

 サイン会に参加することができたのは、同店で『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』を予約購入した人の中から先着100人。秋谷久子店長にこっそりうかがったところ、店舗会員の中からシリーズファンなどには優先的に予約ができるようDMを送る配慮をしたそうだが、ワールドツアーの情報が解禁されるやほんの数日で定員をオーバーしてしまったとか。なかにはこのイベントに参加するために同店の会員となり、ソフトを予約した人もいたそうで、サイン会には整理券を握り締めた熱狂的なファンが集った。そこに、いかにもワールドツアーといったクルマでスタッフとともに駆けつけた小島監督。秋谷店長の元気な挨拶とファンの拍手に迎えられ、アットホームな雰囲気の中でサイン会が始まった。

 

TN2_8802
TN2_8830
TN2_8837

 

TN2_8888


 『メタルギア ソリッド』シリーズはGAMESマーヤとは縁深いそうで、「シリーズ第1作のころからマーヤさんには来ているんですが、『4』では来ることができなかったので6年ぶり」と小島監督。菊地由美も、「伝説のゲームショップに来られて光栄です」と、おどけたコメントで笑いを取っていた。特設サイン会場となったスペースは、スタッフや報道陣も大勢詰め掛けてぎゅうぎゅうのすし詰め状態。ファンとの距離も近く、「ゲームで言うと、スネーク・インの状態ですね(笑)。武器の貸し借りができる距離ですよ」(小島)と、出演者は数あるワールドツアー開催場所の中でも一風変わった雰囲気を楽しんでいたよう。小島監督は、『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』について以下のように語り、ファンへのメッセージとした。

  

TN2_8892

 「『ピースウォーカー』のテーマは、“核抑止”です。これまで反戦反核をコンセプトに『メタルギア ソリッド』を作ってきましたが、新聞を見ると世界中で紛争が絶えない。ではなぜ、軍隊や核があるのか、ということを知ってほしいと思って『ピースウォーカー』を作りました。ぜひそんなことを考えながら、遊んでほしいと思います。『メタルギア ソリッド』はこれまでハードの進化とともにシリーズ作を出してきたんですが、今回はプレイステーション3からPSPへ、2段階くらい後退したハードで続編を作ることになりました。でも、『ピースウォーカー』は、PSPだからこそ広がった『メタルギア ソリッド』になっています。突然変異タイプと言ってもいいかもしれない。ふつうであればここまでゲーム性が広がることはないんですが、あえてPSPを選んだことで大きな広がりを持った、『メタルギア ソリッド』であって『メタルギア ソリッド』ではない、そんな作品に仕上がりました。今日から遊んでいただいて、明日か明後日にはニュアンスが変わってくるのを感じると思います。そして最終的に、いままでにない新しい『メタルギア ソリッド』に出会うことになると思います。今日からゴールデンウィークですから、たっぷりと遊んでください」(小島)

 

 サイン会では、それぞれソフトパッケージに小島監督、新川アートディレクター、そして菊地由美の3人にサインをもらうことができた。「今日から一生懸命遊びます」、「楽しみにしています」など、開発者へ直々に思いを伝える人も。濃密な時間はあっという間に過ぎて100人へのサインは終了となり、小島監督らはやって来たときと同様の拍手に包まれてGAMESマーヤを後にした。

TN2_8927
TN2_8941
TN2_8915
TN2_8923


 今回、運よくサインをもらうことができた100人を見ていると、これまでの『メタルギア ソリッド』シリーズのファンイベントの客層に比べて若干若い印象を受けた。そこで再び、秋谷店長にうかがったところ、「そりゃあもう、若返りました!」と単刀直入な返答が。ハードがPSPになったことで、如実に客層が変化しているという。もちろん、これまでの『メタルギア ソリッド』シリーズファンも変わらずに支持している。発売日を迎えて、秋谷店長の予想を上回るいい手応えを感じているそうだ。しかも、「これまで『メタルギア ソリッド』というと、ある程度の数字が見えていました。でも、今回はそれがどこまで広がるか……」と、いい意味で手さぐりの状態でもあるそう。「今日、買われたお客様が友だちに薦めて、クチコミでどんどん広がっていくんじゃないかと思っています。ロングランの可能性もありますよ」と、期待大だ。
 

TN2_9021

 

●発売記念パーティーには多くの著名人が出席

 

 東京・池袋からスタートしたワールドツアー初日は幕を閉じたが、当日の午後8時より都内にあるUT STORE HARAJUKUにて、『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の発売記念パーティーが開催された。関係者向けに行われたこのパーティーには、主演声優陣やシリーズのファンを公言しているタレントのダンテ・カーヴァー、著名クリエーターが出席。会場に置かれた『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の試遊台でプレイを楽しんだり、トークに華を咲かせていた。

 

 

 また、会場には本作の主題歌を歌うDonna Burkeが登場し、主題歌『HEAVENS DIVIDE』を披露。彼女の美しい歌声に来場者から大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 

 
※『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の公式サイトはこちら
※GAMESマーヤの公式サイトはこちら

【『MGS PW』発売記念イベントリポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『エースコンバット7』発売直前インタビュー! マルチプレイ要素のコツは? 勲章を埋めるには? 気になることを3人のキーマンに直撃

2019年1月17日、プレイステーション4版とXbox One版が発売を迎える『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。ゲームの発売を祝して、ブランドディレクター・河野一聡氏を始めとする3人のキーマンにインタビューを実施した。

『ラグナロクオンライン』スパノビ、拳聖、リンカー上位職の実装が見えてきた! 2019年のアップデート計画を運営チームに訊く

正式サービス16周年を迎えたPC用オンラインRPG『ラグナロクオンライン』。2019年のアップデート計画に関するインタビューを実施した。

『御城プロジェクト:RE』に“ラボメン”が登場! 『シュタゲ』のキャラクター出現率がアップする“コラボ招城”が開催

DMM GAMESは、『御城プロジェクト:RE』について、本日(2019年1月15日)より、『STEINS;GATE』×『御城プロジェクト:RE』コラボキャンペーンを開催することを発表した。

『キングダム ハーツIII』渋谷駅や新宿駅に巨大キーブレードなどの“STATION GALLERY”が登場! 19日からは、カウントダウン動画も公開

スクウェア・エニックスは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』において、2019年1月16日から渋谷駅や新宿駅に“STATION GALLERY”の掲出と、発売6日前からは、カウントダウン動画を公開することを発表した。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018年間大賞”は『ゾンビランドサガ』に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年アニメ年間大賞を選ぶニコニコアンケート“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018年間大賞”を2019年1月13日に実施。138080人の回答の結果、年間大賞は秋アニメの『ゾンビランドサガ』となった。

『エースコンバット7』誰でも飛べる攻略企画で初めてでも安心! クルビットのやりかたも教えます【先出し週刊ファミ通】

フライトシューティング最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、本作の発売記念特集をお届け!

『バイオハザード RE:2』“The 4th/豆腐 サバイバー”の情報もお届け! 本作の魅力をお伝えする発売直前特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、カプコンのサバイバルホラー『バイオハザード RE:2』の続報をお届け!

『ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜』PS VR専用ホラーゲームが1月25日配信開始! “だるまさんがころんだ”で、動いたら死ぬ!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、プレイステーション VR専用配信タイトル『ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜』を紹介。

『釣りスタ ワールドツアー』人気アプリが本格派釣りアクションゲームになってNintendo Switchで登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、Nintendo Switchの配信専用タイトル『釣りスタ ワールドツアー』を紹介。

2018年発売・配信の優良作品がここに!“クロスレビュー殿堂入り ソフトカタログ 2018年下半期(7月〜12月)”【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、2018年に発売および配信されたソフトの中から、本誌週刊ファミ通の“新作ゲーム クロスレビュー”のコーナーで見事殿堂入りを果たした優良作品をピックアップ! 第2弾は、2018年下半期(7月〜12月)にリリースされ、クロスレビューで扱ったゲームが対象です。