携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 格ゲー強豪の梅原大吾選手がMAD CATZとプロ契約!

格ゲー強豪の梅原大吾選手がMAD CATZとプロ契約!

2010/4/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●名実ともに世界のウメハラへ

 

 家庭用ゲーム周辺機器を販売する海外メーカーMad Catzが、格闘ゲームの強豪プレイヤー梅原大吾選手とスポンサー契約を締結したことを発表した。今後梅原選手にジョイスティック“ARCADE FIGHTSTICK TOURNAMENT EDITION S スーパーストリートファイターIV version”などのMad Catz製品が支給される一方、梅原選手がMad Catzにフィードバックを行っていく。

 

 Mad CatzのCEOであるダレン・リチャードソン氏は「ダイゴがTeam Mad Catzに加わることに非常に興奮している。彼のプロフェッショナルな経験と競争に対する姿勢は、我々の開発戦略に熱狂的な顧客の反応を呼び起こすハイクオリティーな製品をもたらすだろう」と述べている。また、リリースによると梅原選手は「俺の考えでは、Mad CatzのTournament Edition Fisghtstickはもっともリアルかつ本物のジョイスティックで、大会で使い続けている。Team Mad Catzに加わり、チームと密接に連携していけるのを楽しみにしている」と語っている。

 

※Mad Catzの公式サイトはこちら(英語)

※MSYの公式サイトはこちら(Mad Catzの日本正規代理店)

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!

学園ファンタジーものアクションRPG『Ar:pieL』の日本サービスが決定

2017年10月20日、WeMade OnlineとNHN ハンゲームは、学園生活が楽しめるPC用ファンタジーアクションRPG『Ar:pieL』(アルピエル)の日本サービスについて発表した。