携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『龍が如く4』ディスプレイコンテストの最優秀賞が決定

『龍が如く4』ディスプレイコンテストの最優秀賞が決定

2010/4/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●名越監督も絶賛なディスプレイの数々

 

 セガのプレイステーション3用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』で、全国の販売店1600店舗にて実施されたディスプレイコンテンスト。同作の販売コーナーにおいて、装飾の美しさや豪華さ、オリジナリティーを競うこの企画の結果発表が行われた。

 

 シリーズ総合監督の名越稔洋氏、プロデューサーの菊池正義氏を始めとするスタッフの厳正なる審査のうえ、最優秀賞いあたる“桐生一馬賞”に輝いたのは、岡山県にある“WonderGOO妹尾店”。同店には賞状と賞品として“40インチ液晶TV”、“名越総合監督直筆サイン入りオリジナルミラー”が贈られる。“秋山駿賞”は“いまじんディスパ東郷店”(愛知県)、“ゲームアーク丸亀店”(香川県)の2店舗が受賞。“冴島大河賞”には“インチキ堂”(佐賀県)、“WonderGOOつくば店”(茨城県)、“wanpaku中津店”(大分県)の3店舗、“谷村正義賞”には85店舗がそれぞれ選ばれた。今回のディスプレイコンテンストについて、名越監督はつぎのようにコメントしている。

 

 「今回も“『龍が如く』ディスプレイコンテスト”に多数のご応募をいただきまして、まことにありがとうございました。『龍が如く』シリーズも回を重ねるごとに成長し、いまや世間にビッグタイトルとして認識されるまでに成長できました。これらはすべて、多くのファンの方々によって支えられた結果であると同時に、販売店様のご助言とご協力があってこその結果です。本当に感謝しております。これからも優良なコンテンツを作って参りますので、よろしくお願い申し上げます。がんばります!」(名越)


桐生一馬賞
WonderGOO妹尾店(岡山県)

kiryu1

kiryu2

<WonderGOO妹尾店の受賞コメント>

前作『龍が如く3』のディスプレイコンテストやほかのコンテストでもなかなか優勝できず、いつも敢闘の男(笑)だったので「今回こそは絶対優勝!」という気持ちで作りました。グランプリをいただき本当にありがとうございました。じつは最初にイメージして作った売場はいまとはまったく違うものでした。いろんな方の意見を参考に試行錯誤をくり返し、とにかく応募締め切り前日までは“やれることはすべてやろう”という熱い思いを込めて作ったので、とてもうれしいです。

 

秋山 駿賞

いまじんディスパ東郷店(愛知県)
ゲームアーク丸亀店(香川県)

akiyama1

akiyama2

 

冴島大河賞

インチキ堂(佐賀県)

WonderGOOつくば店(茨城県)

wanpaku中津店(大分県)

saezima1

saezima2

saezima3

 

※『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『アライアンス・アライブ』新たに判明したキャラクターはオジサンとペンギン!?(2017年4月27日発売号)

古きよきRPGの魂を最新の技術で紡ぎ上げた“ニュークラシックRPG”と銘打たれている『アライアンス・アライブ』。週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、すでに公表されている9人の主人公に続き、新たにふたりの新キャラクターの情報を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『アノニマス・コード』の序盤ストーリーを独占公開――さらにチヨスタライブに関するインタビューも!(2017年4月27日発売号)

志倉千代丸氏が率いる、チヨマルスタジオの新作として制作が進められているアドベンチャーゲーム『アノニマス・コード』。週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、同作の序盤のストーリーを誌面で独占公開。

PlayStation Nowの定額サービス利用権がお買い得! GWキャンペーンが5月8日まで開催中

ストリーミングゲームサービス“PlayStation Now”にて、本日2017年4月25日より、期間限定で定額制サービスの利用権がディスカウントされるキャンペーンがスタートした。

【先出し週刊ファミ通】『鉄拳7』総力特集第1回は三島親子の闘いを描いたストーリーモードを中心に紹介(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、バンダイナムコエンターテインメントの新作3D対戦対戦格闘ゲーム『鉄拳7』を16ページにわたって特集。

『ファイナルファンタジーXIV』で1ヵ月半に渡る“PlayStation3 版ファイナル無料ログインキャンペーン”が実施決定

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV』のプレイステーション3版サービス終了に合わせ、5月1日(月)から6月15日(木)まで“PlayStation3版ファイナル無料ログインキャンペーン”を実施することを発表した。

登録者数50万人突破の『御城プロジェクト:RE』と『インペリアル サガ』がコラボ! 丹下桜さんが演じる新城娘も登場!

DMM GAMESは、サービス中のPC・Android用ゲーム『御城プロジェクト:RE』において、2017年4月25日より、登録者数50万人突破記念キャンペーン、および“インペリアル サガ×城プロ:RE”コラボを開催することを発表した。

『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”が配信開始、DL版のプライスオフキャンペーンも実施決定

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』について、ダウンロードコンテンツ第3弾“未来トランクス編(前編)パック”を配信開始した。

『Forza Horizon 3』はシリーズ歴代最高の勢い 開発者が教えてくれた、世界中で支持されている理由とは?

2017年4月25日に、日本マイクロソフト本社にて、『Forza』シリーズと『Minecraft』のプレゼンテーションが行われた。ここでは、『Forza』フランチャイズ シニアマーケティングマネージャー クリス・ビショップ氏のプレゼンをお届けしよう。

【先出し週刊ファミ通】新作『ザンキゼロ』発表! 『ダンガンロンパ』チーム寺澤氏、菅原氏の新作はサバイバルRPG!?(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、スパイク・チュンソフトの完全新作RPG『ザンキゼロ』を独占スクープ!

【先出し週刊ファミ通】『ラビ×ラビ』シリーズ4作品がセットになりPS Vitaで登場!(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、プレイステーション Vita用ソフト『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』の情報をお届け。