携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 衝撃スクープ! 『MARVEL VS. CAPCOM 3』電撃発表

衝撃スクープ! 『MARVEL VS. CAPCOM 3』電撃発表
【Captivate2010】

2010/4/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Captivate2010リポート

 

 2010年4月14日、15日(現地時間)にハワイで、カプコンが毎年恒例にしているプライベートイベント“Captivate2010”を開催した。このイベントでは北米、欧州のプレス向けに、毎年新作の発表や発売間近のタイトルのプレゼンテーションを実施。ここ数年グローバル戦略に力を入れるカプコンならではの催しだ。

 

●さまざまな垣根を越え、ヒーローたちの熱いバトルが再び!
 

art

 

 Captivate2010で稲船氏の口から初めて発表されたプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『MARVEL VS. CAPCOM 3』。『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズはカプコンが誇る2D対戦格闘ゲームの雄だけあって、発表直後には海外メディアから大きな歓声と拍手が沸き起こった。そのプレゼンテーションの内容だが、カプコンと格闘ゲームの歴史や、歴代の『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズの紹介などを経て、本邦初公開となる映像を披露。下の動画を見ればおわかりいただけると思うが、その映像美からうかがえるクオリティーの高さは衝撃のひと言。前作を遥かに凌ぐ熱いバトルになることは間違いなさそうだ。

 

 

 そして、なんと言っても気になるのは登場キャラだ。マーブル側はウルヴァリン、ハルク、アイアンマン、カプコン側はリュウ、モリガンに加え、『バイオハザード5』からクリス・レッドフィールドが参戦していることが判明。戦渦のアフリカを戦い抜いたクリスは、いったいどんな必殺技を使うのか? その戦いぶりに注目したい。
 

mvsc_poster_Ryu_fix
mvsc_poster_morrigan_fix
mvsc_poster_chris_fix
mvsc_poster_wolverine_fix
mvsc_poster_ironman_fix
mvsc_poster_hulk_fix

 

 トレーラーが公開されたあとは、新妻良太プロデューサーによる質疑応答となったが、映像で大いに盛り上がった会場の記者たちから矢継ぎ早に質問が飛び交った。新妻氏は、「どういった格闘ゲームになるのか?」という質問に対し、「操作方法を含めて誰でも楽しめるユーザーライクな作りにしつつも、従来のファンもしっかりなじめるようにして、初心者も上級者も同じ土俵で戦えるようにしていきます」と回答。また、キャラ数が30人以上いることや、ダウンロードコンテンツなども検討中といったことを明言した。ちなみに、対応ハードはプレイステーション3、Xbox 360になるとのこと。週刊ファミ通5月27日号(5月13日発売号)では、さらなる新情報を掲載予定なので、そちらもぜひチェックしてほしい。

 

 

<『MARVEL VS.CAPCOM 3』新妻氏に一問一答>

 

――いつごろから本作の制作に取りかかったのでしょうか?

 

niitsuma

新妻 2008年ごろですね。ちょうど『タツノコ VS. カプコン』を手掛けていた時期とかぶっていました。当時、「『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズの続編は作らないの?」みたいなことを取材で聞かれて、返答に窮したことがありました(笑)。
 

――発売はいつごろに?

 

新妻 2011年の春ごろを予定しています。

 

――上記の6人以外に、どんなキャラが出ますか?

 

新妻 まだ言えませんが、今後のイベントなどでちょっとずつ公開していきます。

 

――新たな登場キャラについて、何かヒントはありますか?

 

新妻 前作から10年経ちますが、そのあいだに出たマーヴルやカプコンの作品の中から登場します。そのほか、昔からいるカプコンのキャラで、要望の強かったものも取り入れています。何が出るかを皆さんで想像して期待してほしいですね。

 

――ほかに注目してほしい点など、何かありますか?

 

新妻 格闘ゲームなんですけど、『ロスト プラネット 2』や『バイオハザード5』で使っている最新のゲームエンジンであるMT Frameworkの新バージョンを採用しています。最高のものを作るのであれば、やはり最高のエンジンを使いたいと思いましたので。

 

――その最大の利点を教えてください。

 

新妻 表現力とか処理能力はもちろんですが、作りやすさが大きいです。その作りやすさによって作業の時間短縮が図れて、それがクオリティーアップに繋がりますから。ぜひ、仕上がりを期待してください。

 

 

【Captivate2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『レインボーシックス シージ』シーズン4に登場する2人目の韓国オペレーター“Vigil”トレーラーが公開

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year2シーズン4にて追加予定の新オペレーター“Vigil”のトレーラーを公開した。