携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> エピックゲームズ・ジャパンがアンリアル・エンジンの完全日本語サポートを約束

エピックゲームズ・ジャパンがアンリアル・エンジンの完全日本語サポートを約束

2010/4/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●エピックゲームズ・ジャパン設立記者会見

 

epic1

▲ティム・スウィーニーCEO。

 世界中のゲームメーカーで使われる統合型ゲーム開発ツール“アンリアル・エンジン”シリーズや、Xbox 360用ソフト『ギアーズ オブ ウォー』シリーズで知られるアメリカのメーカー、Epic Games(エピックゲームズ)が日本進出。2010年4月15日に“エピックゲームズ・ジャパン”の設立発表会が行われた。

 

 発表会ではまず、エピックゲームズの創設者であり現本社CEOのティム・スウィーニー氏が登壇。つぎのように挨拶をした。

 

 「エピックゲームズは今年で19年目を迎えます。弊社ではアンリアル・エンジンならびに『ギアーズ オブ ウォー』などを制作しておりますが、もともと少年時代から、任天堂やセガのハードを買ってゲームで遊んできました。そんな我々が日本に進出し、エピックゲームズ・ジャパンの設立を皆さんにお知らせすることができ、とてもうれしいです。すでに日本のゲームメーカーの多くでアンリアル・エンジンを使ってもらっていますが、これからはさらに地域密着型のサポートをする必要があると判断し、日本法人を設立いたしました」(スウィーニー)

 

 続いて、エピック・ゲームズ本社副社長のジェイ・ウィルバー氏が挨拶。

 

 「これまで日本のパートナー企業から、“ローカルなサポートをしてほしい”とたびたび言われてきました。そのご意見を取り入れたことにより我々は今日、この場におります。今後ますます、皆さんのゲーム制作のお手伝いができたらなと思っています」(ウィルバー)

 

 アンリアル・エンジンは商用のゲームエンジンとしては世界トップのシェアを誇っており、ふたりの言葉にあるとおり日本でも多くのパブリッシャー、デベロッパーがエピック・ゲームズとパートナーシップを組み、アンリアル・エンジンを使ったゲーム制作を行っている。マルチプラットフォームでのゲーム開発に適した機能性、開発者によって使いやすいようにカスタマイズできる発展性、そしてコストパフォーマンスのよさとアンリアル・エンジンが愛されている理由は枚挙にいとまがないが、これまでは英語によるサポートが主だった。それが日本法人が設立されたことにより、日本の開発文化に即した地域密着型のサポートが実現されるという。エピックゲームズ・ジャパンの社長、川崎高之氏の「エピックゲームズ・ジャパンは、皆さんのお手伝いをするために生まれました。少しでも、日本のエンターテインメント業界の活性化に繋がれば」というコメントにも実感がこもる。

 

 
epic2
epic3

 

▲『ギアーズ オブ ウォー』シリーズのディレクターとして知られるクレフ・ブレジンスキ氏(左)とエピックゲームズ本社社長のマイク・キャップス氏(右)のメッセージが上映。ブレジンスキ氏は「日本のゲーム開発者は世界でもっとも優れている。日本支社を通じたパートナーシップからどんな成果が生まれるか楽しみ」と語った。

 
 
epic4
epic5

 

▲須田氏(左)は「この模様をTwitterでささやきたいと思います」と言って本当に写真を撮影し、Twitterでささやいた模様(笑)。右は『APPLESEED』や『Halo Legends』といったCGアニメ作品のプロデューサーとして知られるジョセフ・チョウ氏。「アンリアル・エンジンを使った作品を企画している」とのこと。

 

 発表会には、2年半まえからアンリアル・エンジンを使っているというグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏がゲストとして招かれ、つぎのようにコメントした。

 

 「2007年の東京ゲームショウのときに初めてジェイさんと会い、目の前でアンリアル・エンジン3のプレゼンをしてくれたんです。当時はまだ、日本の開発会社にはミドルウェアを積極的に使うという習慣があまりなかったんですが、アンリアル・エンジン3を見て衝撃を受けたんです。“これは夢のツールだ”と。スピードがすばらしく速いので、開発のスタート段階でものすごい力を発揮してくれます。なので今後も末永く、エピック・ゲームズさんといっしょに仕事をしていきたいですね。僕はゲームのシナリオも自分で書きますが、アンリアル・エンジンが7とか8になるころには、考えたシナリオが自動でゲームに生成されないかなぁ……と思っておりますので、開発よろしくお願いします(笑)」(須田)

 

 また発表会の最後にウィルバー氏が「重大発表がある」として再び壇上に上がり、スケールフォーム社のゲームインターフェース用ミドルウェア“Scaleform GFx”がアンリアル・エンジン3に搭載されたことが発表。このシステムを使って現在、『ギアーズ オブ ウォー3』が開発中であることが明かされた。

 

epic6

▲左からウィルバー副社長、エピックゲームズ・ジャパンの川崎高之社長、スウィーニーCEO、エピックゲームズ・ジャパンサポートマネージャーの下田純也氏。

 

 

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。

“VRプロレス×大日本プロレス”8月12日後楽園ホール大会のVR化が決定!

『VRプロレス』の企画・制作をしているKlampは、2017年8月12日に東京・後楽園ホールで行われる大日本プロレスの試合をVR化すると発表した。

昭和女子大学とケンタッキーのコラボ企画第3弾“たっぷり野菜のチキンラップ”2種が5月31日より発売

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、“食と健康”を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第3弾として、新サンドメニュー“たっぷり野菜のチキンラップ”2種を2017年5月31日より店舗限定で発売する。

“ソニーのおもちゃ”が6月1日発表、ティザー映像が公開! 新たなトイ・プラットフォームが誕生か

ソニーのサービスプラットフォーム“First Flight”公式サイトにて、“ソニーのおもちゃ、6/1発表。 ”というティザー映像が公開された。

『三國志13 with パワーアップキット』発売、“英傑伝”でプレイできる新ステージなどのDLCも配信

コーエーテクモゲームスのプレイステーション Vita用ソフト『三國志13 with パワーアップキット』が発売となり、さまざまなダウンロードコンテンツが配信開始となった。

BNEのキャラクターIPと、ドリコムのHTML技術を合わせた新会社“BXD”が設立へ モバイル用ブラウザゲーム、プラットフォームを展開

2017年5月25日、バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による新会社“BXD”設立に関する発表会が行われた。本稿では、発表会の内容をお届けする。

任天堂のインディーゲーム担当に聞く 「Nintendo Switchに興味を持ってくれるインディーゲームクリエイターは多い」【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催されたインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”。同イベントにて、任天堂は昨年に引き続きブースを展開。11本のNintendo Switch用インディーゲームを出展し、大盛況だった。今回、会期中に任天堂のインディーゲームの担当者に取材する機会を得た。