携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『戦国BASARA3』ついに完成、舞台“『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜”の公開リハも

『戦国BASARA3』ついに完成、舞台“『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜”の公開リハも

2010/4/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●エンディングテーマ、タイアップ商品も発表に

 

 カプコンは2010年4月9日、東京の池袋にあるサンシャイン劇場で“『戦国BASARA3』完成発表会”を開催した。

 

 戦国の英雄(ヒーロー)たちが活躍するアクションゲーム『戦国BASARA』シリーズ。今回の発表会では、その最新作となるWii、プレイステーション3用ソフト『戦国BASARA3』の発売日が明らかに。すでに別の記事でも詳細はお届けしているが、2010年7月29日にWii版が5990円[税込]、プレイステーション3版が6990円[税込]で発売される。シリーズのプロデューサーを務める小林裕幸氏は檀上で「夏休みが始まってすぐの発売になりますので、じっくり遊んでもらえればと思います」と挨拶。続けて、本邦初となるゲームのオープニングムービーを公開した。


WA3_0753
WA3_0788

 

 『戦国BASARA3』では複数の新キャラクターが参戦するが、オープニングではその中から徳川家康と石田三成をフィーチャー。「いままでのシリーズにはお笑いの要素もありましたが、今回はスタイリッシュな仕上がりにしました」という小林氏の言葉どおり、その内容は英雄たちがT.M.Revolutionの歌うテーマソング『Naked arms』に乗せて壮絶なバトルをくり広げ、ラストは徳川家康と石田三成が一騎打ち……という、息つくヒマもないド迫力のものになっていた。


 発売日に続いて、ゲームのエンディングテーマに石川智晶が歌う『逆光』を採用することも発表に。石川はアニメ版の挿入歌を担当しており、今回初めてゲームの『戦国BASARA』に関わることとなった。檀上には本人も登場して「ゲーム機本体を持っていなかったので、まずは買うところから始めました(笑)」と挨拶。作曲に当たっては、事前に小林氏から徳川家康と石田三成のシナリオを受け取ったそうで、「男性目線で曲を作らせてもらいました」とのこと。また、実際にゲームを遊んだ際は、馬に乗って戦えることが新鮮に感じたらしく「馬に乗っているときの疾走感」も曲に盛り込んだそうだ。

 

 残念ながら今回は『逆光』を実際に聴くことはできなかったが、小林氏は「『戦国BASARA』にふさわしい曲になっています」と絶賛。そのため、エンディングだけで流すのはもったいないと考えたらしく、ゲームの起動後のデモ映像でショートバージョンが聴けることを明らかにした。

 

WA3_0840

 

 そのほかにも新規発表として、コミック第1巻の発売、2010年7月から放送開始のアニメ第2弾、メールマガジンの配信といった情報が続々。さらに、寿がきや食品とのタイアップでカップ麺“天下分け麺”が販売されることも決定。販売時期は未定だが、「いろいろなラーメンを食べて研究しました」(小林)とのことで、味には期待できそうだ。


WA3_0945
WA3_0946
WA3_0954

 

WA3_0958


 

 発表会の最後では、舞台“『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜”のキャスト陣による告知も行われた。今回の舞台は2009年7月に行われたものを元に、役者交代、一部脚本、演出を変更したもの。こちらでは監修を務めている小林氏は「本当にアツい内容になっている。すばらしい殺陣と音響、演出ですばらしい舞台になると思う」とコメントした。舞台“『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜”の公演期間は2010年4月9日〜18日まで。公演日程の後半はまだチケットが購入可能で、加えて当日券も用意。価格はどちらも全席指定で7140円[税込]となっている。
 

WA3_1096

 

 この日は公演初日ということで、発表会に続いてゲネプロ(公開リハーサル)も実施。史実にある“本能寺の変”を舞台に、真田幸村、伊達政宗というシリーズのメインキャラクターたちがタッグを組んで、第六天魔王織田信長の打倒に向かうという基本的なストーリーは前回を踏襲しているが、舞台演出には大幅な変更が加えられていた。

 

WA3_1244
WA3_3030
WA3_1129
WA3_1666

 

 2009年7月の公演では3階建てのセットを使用し、高低差を活用した演出が非常に印象的だったが、今回は舞台装置で魅せるという仕掛けに。一部に回転するセットが設けられたことで暗転なしに場面が切り替えられるようになり、よりスピーディーな展開を実現した。見どころのひとつであった、映像を利用した演出は今回も健在。とくに真田軍が敵陣を正面突破するために橋をかけるシーンは、それがもっともうまく活用されているので、実際に舞台を見られる際はぜひ注目してほしいポイントだ。

 

WA3_1185
WA3_2225
WA3_3210
WA3_1493

 

 演出の変更で前回とはだいぶ印象が変わった“『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜”だが、キャスト陣はイイ意味でそのまま。熱血感の真田幸村、クールでキザな伊達政宗、“魔王”という呼び名がこれ以上ないほどマッチしている織田信長、そして暗躍する明智光秀など各キャラの設定はもちろんのこと、衣装の再現度もバッチリだ。また、「これが『戦国BASARA』の舞台です。ミュージカルではなく殺陣で見せます」と小林氏が語るとおり、とにかく殺陣が激しい。メインのキャストはもちろん、脇を固める雑兵たちにいたるまで全員がアクションのプロフェッショナルという印象で、バク転、前方宙返り、トランポリンを使った跳躍などアクロバティックな動きがふんだんに盛り込まれたものに。実の話、記者はそれほど『戦国BASARA』シリーズに詳しいわけではないのだが……そこら辺の知識不足は舞台を鑑賞するうえでまったく問題にならなかった。舞台狭しと動きまわる役者たちを眺めているだけで胸が躍り、クライマックスの真田と伊達が織田信長に挑むシーンはメモを取るのも忘れて見入ってしまうほど。シリーズのファンが楽しめるはもちろんだが、そうではない人でも満足できる舞台だろう。

 

WA3_1232
WA3_2225
WA3_2394
WA3_3387


 

※『戦国BASARA3』の公式サイトはこちら

※『戦国BASARA』〜蒼紅共闘〜の公式サイトはこちら

[関連記事1]『戦国BASARA3』発売日が決定!

[関連記事2]舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Horizon Zero Dawn:凍てついた大地』新たな画面写真が公開、アーロイを待つ極寒の地の様子が見られる

『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)』の拡張コンテンツ“凍てついた大地”(2017年11月7日に配信予定)の最新スクリーンショットが公開。

『ディズニーランド・アドベンチャーズ』、『ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー』、『Zoo Tycoon: アルティメット アニマル コレクション』が10月31日に発売決定

日本マイクロソフトは、Xbox One、Windows 10 PC用ソフト『ディズニーランド・アドベンチャーズ』、『ラッシュ : ディズニー/ピクサー アドベンチャー』、『Zoo Tycoon : アルティメット アニマル コレクション』の3タイトルを、2017年10月31日に発売する。

シンガポールのコスプレイヤーが集結! “『NieR』 COSPLAY COMPETITION”リポート

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日に行われて盛り上がりを見せた“『NieR』 COSPLAY COMPETITION”の模様をお伝えする。

フードはアートだ! 麺が物理演算で舞い、タピオカが飛び交い、金の延べ棒がひき肉にされる謎ゲー『Nour』【IndieCade 17】

Terrifying Jellyfishによる『Nour』を紹介。USB接続のMIDIコントローラーなどを使って、食材を操作してフードを愛でるアート作品。

“PlayStation Now”『魔女と百騎兵2』や『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』など8タイトルを追加

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアは、ストリーミングゲームサービス“PlayStation Now(PS Now)”について、本日10月17日より8タイトルを追加した。

『仮面ライダー クライマックスファイターズ』龍騎、響鬼、電王、W、ゴーストの情報が公開!

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『仮面ライダー クライマックスファイターズ』について、登場する仮面ライダーや、ゲームシステムについての情報を公開した。

シンガポールの『NieR: Automata』ファンはエミールをリストラ? GameStart 2017イベントリポート

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月14日には、『NieR: Automata』ステージイベントが行われ、プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏が登壇した。

『ソニックフォース』ゲーム本編のバックグラウンドストーリーなどを描く公式Webコミックが公開

セガゲームスは、2017年11月9日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ソニックフォース』について、ゲーム本編のバックグラウンドストーリーなどを描く公式Webコミックを公開した。

『PUBG』アーリーアクセス版の最終パッチは近日配信、製品版に向けた砂漠マップやクライミング機能を含むテストサーバー運用についても告知

PUBG Corp.(Bluehole)は、アーリーアクセス中のPC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)』について、製品版までのアップデート予定を発表した。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』のアニメーションLINEスタンプが登場

バンダイナムコエンターテインメントは、コミュニケーションアプリ“LINE”内のスタンプショップにて、SDアニメーションスタンプ“アイドルマスター ミリオンライブ! SD”を配信開始した。