携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> アイレムのビッグプロジェクト(?)『セミファイナリストファンタジア』事業が売却!

アイレムのビッグプロジェクト(?)『セミファイナリストファンタジア』事業が売却!

2010/4/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アイレムから、“4月1日”の重大ニュースです

 

 2010年“4月1日”、アイレムから衝撃のニュースが発表された。全世界108億人が待ち焦がれている(らしい)、同社の超大作ファンタジーMMMMUSO RPG『セミファイナリスト ファンタジア 〜暗黒女王の嘘泣き伝説〜』が、大幅な開発費の増加で事業継続が困難となり、なんと開発中止されることになったのだ。

 

 さらに、(初耳だが)映画界最大の祭典である“アカンデー賞”で、歴代最多108部門を受賞した映画の“2345年までの映画化独占権”や、DVD累計販売枚数が10億800万枚を達成したアニメの“銀河系全域でのアニメ放映権”など、アイレムが保有する『セミファイナリストファンタジア』関連の権利すべてが第三者へ売却されることに。

 

 この発表に合わせて、アイレムの公式サイトでは『セミファイナリストファンタジア』の魅力やその爆発的な人気を余すところなく紹介。入札を希望する人は、まずその常識では考えられない人気を確認してみよう。ただし、入札するためには『セミファイナリストファンタジア』に関する自身の考えや知識、さらには今後の事業プランなども問われる模様。世界中の人々が愛して止まない『セミファイナリストファンタジア』を手にするのは一体誰なのか? 今後も目が離せそうにない。
 

 

 『セミファイナリスト ファンタジア』ファン(本当にいるのかは知らないが)にとっては非常に残念なニュースとなったが、アイレムでもそれは強く感じているようで、発売を心待ちにしていた人へ、感謝とお詫びの気持ちを込めた企画を実施することに。プレイステーション3向けコミュニティーサービス“PlayStation Home”にて2010年4月1日限定のオープンβテストを実施することが決定したのだ。
 

 PS Homeを舞台に描かれる本格的RPG『セミファイナリスト ファンタジア』。プレイヤーは、エルフ、ドワーフ、半獣半人族、魚人など、11種類の種族のいずれかとなり“魔王ウソツッキン”を倒す大冒険へと出発することになる。そして300種類を超える武器や防具などのアイテムを駆使し、行く手を阻むモンスター族と激闘をくり広げるのだ。本作ならではの要素として、旅の途中で出会うさまざまな悩みや問題を抱えた人たちに“嘘”をつくことができる。ちなみに、この“ウソツキ鼻ノビシステム”では、嘘とつくとプレイヤーの“鼻”がどんどん伸びていってしまうのだ。嘘ばかりついていると、とんでもないことになってしまうかもしれない……。

 

Home00

 

 さらに、4月1日限定で“さよならセミファイナリストファンタジア体験イベント”をヤマダ電機 LABI1池袋モバイルドリーム館で開催。発売中止が決定したタイトルの体験会というのは、恐らく業界初の試み。ゲームを体験した人にはオリジナル缶バッジのプレゼントもあるので、近くに住んでいる人はぜひ足を運んで、超大作を体感するべし。

 

 

 以上、2010年“4月1日”のアイレムからの衝撃発表をお届けした。

 

 

 

 

  

 

 

 

 ……と、記事を締めたいところだが、万が一読者の方が本気にしてしまうと困るので、少し行間を空けたここでネタばらし。今回のニュースはもちろん、毎年恒例となったアイレムの気合が入りすぎなエイプリルフールネタ。『セミファイナリスト ファンタジア 〜暗黒女王の嘘泣き伝説〜』というタイトルは我々も初耳だ。“アカンデー賞”にいたっては、いろいろなところにアイレムさんが怒られるのでは? とこちらが心配してしまうほどの豪快なウソである。

 

 ただし、PlayStation Home上で行われる1日限定のオープンβテストおよび、ヤマダ電機でのイベントに関してはなんと本当の話過去に例を見ない規模で展開されるアイレムの壮大なエイプリルフールネタをぜひ楽しんでほしい。

※アイレムの公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『仁王』有料DLC第1弾“東北の龍”4月下旬に配信決定、新たな武器種・シナリオ・キャラクター・ステージなどが収録

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、有料ダウンロードコンテンツ第1弾“東北の龍”を、2017年4月下旬に配信開始することを発表した。

“ワンダーフェスティバル2017[冬]”開催 各社の展示フィギュアをフォトリポート!!

2017年2月19日、幕張メッセで“ワンダーフェスティバル2017[冬]”が開催。展示されていたフィギュアの数々を、主要なメーカーブースごとに、フォトリポートという形で紹介していこう。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』プレイムービー02が公開、現実世界で展開される原種とのバトルシーンを収録

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、現実世界で展開される原種とのバトルシーンが収録された“プレイムービ ー02”を公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』第4弾PVと第2弾CMが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、第4弾プロモーション映像と第2弾テレビCMを公開した。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』追加キャラクターやコスチュームを紹介する最新トレーラーが公開

SNKは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』スピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”が開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、公式サイトとTwitterによるスピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”を開始した。

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、短期間でクオリティーを落とさず背景を制作するカギとなった“自動化”についてリポート【GCC’17】

2017年2月18日、大阪府立国際会議場にて関西圏のゲームクリエイターを対象としたカンファレンス “GAME CREATORS CONFERENCE’17”が開催された。ここでは、セッション“『GRAVITY DAZE 2』のアートコンセプトと背景制作”についてお届けする。

『パズル&ドラゴンズ』5周年を二宮和也&松本潤がお祝い、3人マルチなど“新3大実装”やアニメ『パズドラクロス』第2期放送も決定

本日2017年2月20日(月)、東京・ニコファーレにて『パズル&ドラゴンズ』の5周年に関する記者発表会が開催。

『迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate』を500円で遊べる“EXP10周年記念セール”第5弾が開始

エクスペリエンスは、同社が開発したプレイステーション Vita用ソフト『迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate』ダウンロード版について、配信価格が500円となる特別セールを本日2017年2月20日より実施する。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2017年2月20日〜2017年2月26日】

2017年2月20日(月)〜2017年2月26日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。