携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 天才クリエーター、ウィル・ライト氏がゲームデザインの“いま”を語る

天才クリエーター、ウィル・ライト氏がゲームデザインの“いま”を語る
【GDC 2010リポート】

2010/3/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「いまゲーム業界はもっとも健康な状態にある」

ww01

 著名クリエーターによるセッションが魅力のGDCだが、GDC 2010では、欧米で“三大クリエーター”と呼ばれる、ウィル・ライト氏、シド・マイヤー氏ピーター・モリニュー氏が揃って参加し話題を呼んだ。GDC 2010の最終日(5日目)にあたる2010年3月13日に、まさに“真打ち登場”とばかりに組まれたセッションが、ウィル・ライト氏による“Metaphysics of Game Design”だ。“ゲームデザインの抽象論”とでも直訳すべきこの講義は、当初プログラムガイドには“Phaedrus(パイドロス)”という名前で組まれていた、いわばシークレットセッション。「いったいどんな講義が?」ということでセッションに参加した聴講者は、壇上に上がったのがウィル・ライト氏でびっくりする、という趣向だ。実際のところ記者も、あまりにこのセッションを入場待ちする列が長いので、つい野次馬根性を発揮して、当初参加するハズだったセッションから切り替えたところ、登壇したのがウィル・ライト氏だったのでびっくりしたというクチだ。ただし、事前にPhaedrus=ウィル・ライト氏という情報はそこはかとなく漏れていたようで、セッションは立錐の余地がないほどの大人気ぶり。登壇したライト氏が「僕はパイドロスではありません。スピーチを用意する時間があるかも、何を話すかも決まっていなかったので……」と口火を切るや、会場からは大きな歓声が上がった(ちなみにパイドロスというのは、1世紀のローマの寓話作家のようです)。

 「長年ゲームデザイナーをやってきましたが、昨年エレクトロニック・アーツを辞めました。母親に話したら、“失業中ってことね”と言われました」と話し会場を笑わせたウィル・ライト氏は、まずは自身のゲーム歴を語るところからスタート。1984年に『バンゲリングベイ』を手がけたあとは、1987年にマクシスを共同設立し、『シムシティ』や『シムアント』、『シムタウン』などをリリース。その間マクシスは株式公開したが、株価は急激に上がり下がりし、1997年にエレクトロニック・アーツに買収されたとのこと。そこで、『シムピープル』や『Spore』などを手がけたライト氏は、2009年にエレクトロニック・アーツを退社。その後Stupid Fun Clubを設立し、「いまいろいろと考えているところでまだコメントはできないが、近いうちに話せると思う」ところなのだという。『バンゲリングベイ』を開発していたブローダーバンド社の時代は何もかも自分でやっていたが、マクシスは会社組織で何となく疎外感があった、と率直に語ったライト氏は、「ふたたびインディーになったので、思考が保守的なものから実験的になってきているのでうれしい」とコメントした。そして講義は本題であるゲームデザイン論へ。ここでは、ライト氏によるゲームデザイン論の中から気になる発言をトピックごとに紹介していくことにしよう。

〈観点〉
 ライト氏が取り上げたのが、ロバート・M・バーシグ著『禅とオートバイ修理技術』。15歳のときにこの本を読んだというライト氏は、「真実はけっしてひとつではなく、理解のしかたやモノを見る角度によってさまざまに異なる。何を見るにもさまざまな見かたができるほうがいい」と思ったという。さらに、10年ほどまえにデジタルカメラに凝ったことがあるが、カメラのバインダー越しに覗くと風景や世界が通常とは違って見え、その後はカメラなしでも通常とは違ったモノの見かたができるようになったと説明。「エンターテインメントはストーリーやゲームプレイ、ビジュアルなど、いろいろな観点からの見かたをさせてくれる。ことにゲームは、実際の世界を違う観点で見るにはいいヒントになるのでは?」とした。

ww02
ww03


〈プラットフォーム〉
 「エンターテインメントのプラットフォームは多様化している」とライト氏。たとえば、映画だけをとってみても、当初は映画館のみで観ていたものがテレビの登場に続き、ビデオ、パソコンと増えている。一方で、近年ゲームのプラットフォームも多様化してきているが、その多様化をもたらしたきっかけのひとつがWiiだとライト氏は指摘する。「Wiiはそれまでのパワーを追求したゲームマシンではなく、フォーカスの異なるプラットフォームです。誰にでもアプローチしやすく、“年齢”の限界を超えました。生物史にも同じような爆発的な進化がありました」というのだ。それまでは、家庭用ゲーム機とPCに占められていたゲームプラットフォームは、インターフェースの充実にともない“楽しみかた”が広がってきているとライト氏は言う。例を挙げるだけでも、iPhoneやFaceBook、Wiiバランスボード、ギターコントローラー、Project Natalなど枚挙に暇がない。
 

ww06
ww07
ww08


〈将来のビジョン〉

 まずライト氏は、最近流行りのソーシャルゲームに関して、「自分を中心とした世界がほかの世界と繋がるのがソーシャルゲームだが、瞬間々々に多くのデータを交換していると考えるとちょっと気味が悪いですね」と心情を吐露。とはいえ、コンピューターがどんどん賢くなり、世界を大きく変化させてきたことは事実で、電子メールや携帯メール、Twitterなどコミュニケーション手段はより進化して、多くの人が高速に繋がってきているのは事実。「雑誌の数を見れば人々の嗜好が細分化されているのがわかりますが、小さな社会でコミュニケーションが行われ、より多くの人々を集めようとする動きは人の営みとして変わらない」とした。

 そして、ゲーム業界の今後についてライト氏は「プラットフォームの数がどんどん増え、機会も増えていますが、逆にリスクも大きくなっています」と語る。そのリスクを大きくしている要因のひとつが、将来を予測することの難しさ。年々将来を予測するのが困難になっていますとライト氏は語る。「1700年に100年後のファッションやテクノロジーを予測するのは容易だったかもしれませんが、1900年に100年後を予測するのは非常に難しかった。さらに、いま2100年を予測するのは不可能です!」。時代は急速な変化を遂げているのだ。たとえば家庭用ゲーム機のコントローラーにしても、それまでは直線的な進化を遂げていたものが、Wiiリモコンの登場以降いろいろな方向に弾けつつあるという。

ww09
ww10


 とはいえライト氏は、ゲーム業界の多様化に大きな可能性を見出しているようだ。「ゲーム業界全体を見れば、たくさんのプラットフォームがあり多くの機会や方向性を提供している。いまゲーム業界はもっとも健康な状態にあると思います」とライト氏は語る。予測はしづらいが多様性のある業界。ライト氏にとっては、いまのゲーム業界はとても魅力的なものなのかもしれない。

※Stupid Fun Clubの公式サイトはこちら(英文)
 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』新オペレーターAlibi、Maestroのプレイ動画と詳細情報をお届け ホログラム、レーザー搭載遠隔操作カメラが登場

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year3シーズン2にて追加される新オペレーター“Alibi”、“Maestro”の詳細情報を、プレイ動画と合わせてお届けする。

「野良連合は本命を驚かせるほど優れていた」『レインボーシックス シージ』米プロチーム“Rogue”ショートインタビュー

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”野良連合 vs Rogue戦後にインタビューを実施した。

光るディレクターが爆誕!? 『Fate/Grand Order Arcade』大阪で行われたロケテスト&ファンミーティングの模様をレポート!

2018年5月19日から20日にかけて大阪・ラウンドワンスタジアム 千日前店にて、『Fate/Grand Order Arcade』のロケテストが開催された。その2日目に実施された“『Fate/Grand Order Arcade』ファンミーティング in 大阪”の模様をお届け。

BitSummit会場で見かけた、ポップでアートなタイトル5選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、キャッチーな見た目と充実したゲームプレイを両立しているインディータイトルを紹介する。

野良連合、アメリカ1位通過“Rogue”に善戦するも一歩及ばず敗退。 『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン7グローバルファイナルをリポート

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。本作のPC版プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが開幕し、初戦野良連合 vs Rogue戦が行われた。

『Fate/Grand Order Arcade』ゲオルギウス、ガイウス・ユリウス・カエサルが初期サーヴァントとして登場決定

『Fate/Grand Order Arcade』リリース時に登場する初期サーヴァント20騎のうち、新たにゲオルギウスとガイウス・ユリウス・カエサルの2騎が公開された。

『レインボーシックス シージ』テストサーバーにて防衛オペレーター6名に“防弾カメラ”が実装へ、スモークが投擲されても敵をスキャン可能

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Operation Para Bellumテストサーバーにて、カメラのユーザーインターフェースの改善と、防衛側セカンダリガジェットに”防弾カメラ”を実装することを、Dev Blogにて公開した。

野良連合は世界でも勝てるのか? 『レインボーシックス シージ』シーズン7 グローバルファイナルが間もなく開幕

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日(日本時間20日0時より)にアメリカ・アトランティックシティで開催される。

【週間PVランキング】『週刊少年ジャンプ』のミニファミコンが話題に【5/12〜5/18】

ファミ通ドットコム、5月12日〜18日の週間PVランキングをお届け。

『レインボーシックス シージ』このチーム、選手に注目! シーズン7 グローバルファイナルの見どころを父ノ背中?きんち”が解説

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日にアメリカ・アトランティックシティで開催される。グローバルファイナルの見どころや、野良連合が勝つために必要なことについて、公式配信で解説を務める父ノ背中・きんちによる解説をお届け。