携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【新宿】20分でtorne完売、『龍が如く4』のサイン会には名越総合監督が登場

【新宿】20分でtorne完売、『龍が如く4』のサイン会には名越総合監督が登場
【torne・『龍が如く4』発売日リポート】

2010/3/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●名越監督のサイン&握手会も

 

 2010年3月18日、プレイステーション3用地上デジタルレコーダーキット“torne”、セガのプレイステーション3用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』という、ふたつの話題商品が発売を迎えた。torneは発売日決定直後にネット上で注文が殺到し、間もなく完売に。多くの人が店頭での購入を狙うしかない状況となっていた。一方の『龍が如く4』は、いまやプレイステーション3を代表するブランドとなったシリーズの最新作。このふたつが重なれば、都内の量販店に行列ができるのは必至だろう。ということで、秋葉原、池袋に続いて、ビックカメラ新宿西口店の様子をお届けする。


 店舗オープン1時間まえの午前9時時点で、店頭に並んでいたのは約20人。すでに紹介している秋葉原、池袋に比べるとやや静かな様子だが、先頭の男性は前日の深夜から並んでいたという気合の入れよう。お目当てはtorneの単体版で、やはりネット注文で買い逃したために今回店頭まで足を運んだとのこと。その後は20分に10人ずつ増える計算で、オープン直前には約50人の行列に。ここでtorneの単体版を購入する人には整理券が配られ始める。そこで、整理券を受け取らない人を『龍が如く4』の購入者と予測して配布状況を見てみると、約1/3が同作の購入者であることが判明した。しかし、いざ販売がスタートしてみるとtorneと『龍が如く4』をいっしょに購入する人が多数見られるという状況に。注目商品が重なった発売日ならではの光景となった。

 

torne・『龍が如く4』発売日1
torne・『龍が如く4』発売日2


 

torne・『龍が如く4』発売日8

 さて、品薄が噂されていたtorneの販売状況だが……ビックカメラ新宿西口店では約20分で単体版が完売。と言うのも、初回入荷は予約販売分がほとんどで当日販売分に関してはかなり絞った数になっていたようだ。一方で、本体同梱版についてはこの時点でまだ在庫があり、販売状況についても単体版よりだいぶ落ち着いた印象。こういった話題商品は通常、始めに同梱版などが猛烈なスピードで売れていくのだが、今回は逆だったというわけだ。プレイステーション3本体の普及率が上がったからか、または周辺機器の同梱版だったからなのか理由は定かではないが、過去の行列取材ではあまり見られなかった光景であることは確か。なお、torne単体版の次回入荷予定は現状未定となっている。
 

torne・『龍が如く4』発売日5
torne・『龍が如く4』発売日3
torne・『龍が如く4』発売日4
torne・『龍が如く4』発売日6

 

 ビックカメラ新宿西口店では、オープンから2時間後の正午より『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏によるサイン・握手会も実施された。同店舗でソフト購入した人を対象に行われたもので、70人近いファンが参加。ゲームパッケージや予約特典である“Kamutaiマガジン”を始め、過去作品のジャケット、店内で開催していた抽選会の景品、自分のジャケットにサインしてもらう人も。名越氏はひとりひとりと言葉を交わし、記念撮影にも応じるなどしてファンとともにソフトの発売を祝っていた。また、イベント終了後には、名越氏を囲んでの取材タイムも。発売直後の言葉をお届けしよう。


torne・『龍が如く4』発売日9
torne・『龍が如く4』発売日7
『龍が如く4』イベント1
『龍が如く4』イベント1
『龍が如く4』イベント5
『龍が如く4』イベント2
『龍が如く4』イベント4

 

――発売を迎えての感想と、サイン・握手会という形でユーザーといっしょに発売を迎えられた感想をお願いします。

名越 毎回のことですが、発売日はかなりホッとする瞬間ですね。今日は発売直後にユーザーの方たちの顔もちゃんと見られたし、うれしそうにしてもらっていたのでさらにホッとしています。でも、これからの売れ行きや、遊んでもらっての感想など、緊張する部分はまだ残っていますね。
 

『龍が如く4』イベント6

――開店まえから並んでいる人もいたようですが、感触はいかがですか?

名越 全体的に、高校生や大学生など若い人が増えたよう気がします。それが今回いちばんの印象。プレイステーション3が普及してきた結果でもあるでしょうし、『龍が如く』シリーズのファンがさらに広まった結果でもあるでしょう。あとは、イベントを開催したときに来てくれる人の数も倍くらいになっていて、うれしいけどサインを書くのがちょっとツラくなってきました(笑)。

 

――恒例のタイアップもシリーズ最大規模となっていますが、そこに関しての感想をお願いします。

名越 多くの企業をゲームで扱わせていただく責任は重いですから、お互いがいい結果になった思えるように、ひとつひとつ丁寧に行うのは今回も大変でしたね。もしもつぎの作品があるとしたら、そのときに今回よりタイアップの数が減らすことはないでしょうから、今後もいろいろと勉強しながらすべての企業さんと丁寧に仕事をしていきたいです。

 

――今回は主人公が4人いますが、ゲームのボリュームは過去の作品と比べてどれくらいになっているのでしょうか?

名越 4倍には当然なっていないんですけど(笑)、バトルなどモードによっては4倍近いかもしれません。ドラマの尺自体も、前作よりは大幅にアップしていますね。ただ、ボリュームが増えても密度が減っては意味がない。今回はそこの点に関して、ちょうどいい形になったんじゃないでしょうか。すべてはボリュームと納期と密度の戦いなので、そのバランスを取るのはいままででいちばん大変だったと思います。

 

――これから遊ぶ人、購入を考えている人などにメッセージをお願いします。

名越 本当に自信のある作品ですし、スタッフたちも“今回のはいいよね”という声を自分から出せる作品になりました。そういう意味で、本当に最高の1本になったと感じています。数字の面でも、まだ公表はできませんがシリーズ最高の初回出荷数を記録しました。『1』、『2』のころはプレイステーション2全盛の時代でしたが、それらのころと比べて初期出荷を上回ったというのはかなり感慨深いですね。また、このジャンルではいまだ唯一無二の作品なので、しっかり責任を持とうという気持ちはひしひしと感じる今日このごろです。まあ、皆さんに楽しんでもらうのがとにかくいちばんです。楽しかったら楽しいと言ってもらいたいし、ここはどうにかならないのか? と思ったら教えてほしい。『龍が如く』は日本のゲームファンとともに育っていくゲームですので、そういう掛け合いをこれからも大事にしながら続けていければ幸せだと思います。
 

『龍が如く4』イベント7
『龍が如く4』イベント8
『龍が如く4』イベント9

▲店舗の裏には、インパクト大な『龍が如く4』仕様のリムジンハマーが!

 

※『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の公式サイトはこちら

 

【torne・『龍が如く4』発売日リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスが登場

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスの予約販売が開始された。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が7月14日より大阪で開催。炭治郎&善逸の刀スプーン&フォークセット、禰豆子の木箱キーホルダーなど新グッズを販売

“『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展”が、2022年7月14日(木)〜9月4日(日)の期間、グランフロント大阪にて開催されることが決定した。

『フォールガイズ』Switch版、Xbox版が登場。さらに基本プレイ無料に。開発中のステージクリエイトモードの公開も

バトルロワイヤル型のオンライン対戦アクションゲーム『フォールガイズ』(Fall Guys)。本作の最新情報が公開され、基本プレイ無料化とクロスプレイ、クロスプログレッションに対応した新プラットフォームへの配信も発表された。

『Apexモバイル』先行プレイレビュー。射撃やアビリティ使用はすべてワンタップ! 限定モードのチームデスマッチでは6v6のスピーディーな撃ち合いを楽しめる

エレクトロニック・アーツより、バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』のスマートフォン版『Apex Legends Mobile』が、2022年5月18日(日本時間)より配信される。本稿ではスマホ画面での操作感や限定モード:チームデスマッチなどのプレイレビューをお届けする。

『Apexモバイル』各レジェンドのパークまとめ。ダウンした状態でも使えるレイスの虚空、範囲が狭くなるが360度スキャン可能なブラハなどモバイル限定システムをお届け

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定システムであるパーク、フィニッシャー、アビリティをまとめてお届け!

『Apexモバイル』限定の新レジェンド“フェード”が参戦。無敵になる戦術で安全に退避し、ウルトでほかレジェンドを虚空へ送りつける!

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定新レジェンド“フェード”が登場。パッシブ、戦術アビリティ、アルティメットなどの能力を紹介!

PS2『オーディンスフィア』15周年。終末に向かう世界を舞台に5人の主人公の物語が絡み合うRPG。幻想的なグラフィックと演劇調の掛け合いが心に残る【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2007年(平成19年)5月17日は、プレイステーション2用ソフト『オーディンスフィア』がアトラスから発売された日。本日で15周年を迎えた。

アニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』第2期が制作決定。放送時期は2023年を予定。本日(5/17)9時からABEMAにて第1期が一挙放送

本日2022年5月17 日(火)、テレビアニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』第2期の制作決定が発表された。アニメ第2期は2023年に放送予定。

『炎炎ノ消防隊』TVアニメ第3期&完全新作アプリゲーム化が決定。オンラインでの展覧会も開催

『炎炎ノ消防隊』テレビアニメ第3期、完全新作アプリゲーム『炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章』が発表された。

ホラーアクションADV『ザ・チャント』がPS5/XSX/Steam向けに今秋発売。絶海の孤島に負のエネルギーを餌にする“闇”が解き放たれる

Koch Mediaは『THE CHANT(ザ・チャント)』をプレイステーション5/Xbox Series X|S/Steam向けに今秋発売することを発表した。