携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> GDCアワード、『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』が圧巻の5冠

GDCアワード、『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』が圧巻の5冠
【GDC 2010リポート】

2010/3/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●生涯功労賞は『DOOM』、『Quake』を手掛けたジョン・カーマックに

 2010年3月9日〜13日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターによる国際会議、 GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2010が開催。世界中のクリエーターによる講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

 

 ゲーム開発者が選ぶ、2009年度もっとも優れたゲームとは? GDC3日目の夜に、GDCアワード(Game Developers Choice Award)の表彰式が行われた。ノミネート作品の詳細についてはこちらの記事にまとめておいたので、気になった人はチェックしておいてほしい。

DSC_3282

▲ゲーム・オブ・ザ・イヤーを含む5冠となった『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』。

 ゲーム・オブ・ザ・イヤーには『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』が選ばれた。同作はそのほか、5冠に輝く圧倒的な評価を得た。ラストにはプレゼンターを務めたウォーレン・スペクターみずから、氏が手掛けた名作シリーズの最新作『Deus Ex: Human Revolution』がアナウンスされた。開発はスクウェア・エニックス傘下となったEidos。詳細は今年のE3で発表されるとのことだが、いまだ批評的評価が高い『Deus Ex』の新作が具体的に本格始動したこと(これまで『Deus Ex3』として開発中であることは知られていた)に、場内からは歓声があがった。受賞作は以下のとおり。ちなみに記者の私見になってしまうが、タイトルが読み上げられたときにとくに歓声が大きかったのは、『Scribblenauts』と、『Brutal Legend』、『プラント vs. ゾンビ』、『Spider: The Secret Of Bryce Manor』など。惜しくも受賞はならなかったが、『デモンズソウル』もかなりの歓声を受けていたことをつけくわえておこう。

 

<Best Debut (デビュー賞)>

『Torchlight』 (Runic Games)


<Best Audio (音響賞)>

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』 (Naughty Dog)


<Best Game Design (ゲームデザイン賞)>

『バットマン アーカム・アサイラム』 (Rocksteady)


<Best Writing (脚本賞)>

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』 (Naughty Dog)


<Best New Social/Online Game (最優秀ソーシャル/オンラインゲーム)>

『Farmville』 (Zynga)


<Best Handheld Game (最優秀携帯ゲーム)>

『Scribblenauts』 (5th Cell)


<Best Technology (技術賞)>

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』 (Naughty Dog)


<Best Downloadable Game (最優秀ダウンロードゲーム)>

『Flowery』 (Thatgamecompany)


<Best Visual Art (美術賞)>

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』 (Naughty Dog)


<Innovation (革新賞)>

『Scribblenauts』 (5th Cell)


<Game Of The Year (年間最優秀ゲーム)>

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』 (Naughty Dog)
 

DSC_2966
DSC_3291
DSC_3300
DSC_3306
DSC_3314
DSC_3317
DSC_3319
DSC_3330

▲アワードの最後にトレーラーが公開された『Deus Ex: Human Revolution』。ゲームの詳細は今年のE3で明かされるという。

 

 生涯功労賞では『DOOM』、『Quake』というFPS(一人称視点シューティング)の基礎となる作品を手掛けた天才プログラマー、ジョン・カーマックが壇上にあがった。プレゼンターは何とウィル・ライト。『シムシティ』や『ザ・シムズ』などを開発したことが評価され、2002年に生涯功労賞を獲得している同氏。『DOOM』や『Quake』がいかにゲームを変えたかという点について、現在のアクションシューティングの隆盛への貢献はもちろん、ユーザーによるMOD(独自拡張)やマシニマ(ゲーム画面を使った映像)といったUGC(ユーザージェネレーテッドコンテンツ)が盛り上がったことにも言及。みずからの『ザ・シムズ』もまたジョン・カーマックの影響を受けていることを明かした。ジョン・カーマックは「自分はエンジニアとして価値のあるものを作らなくてはと思っているので、消費者がそれを認めて、よろこんでくれたことを誇りに思っています」と感謝の言葉を述べ、「また私は、これからも改革を続けていくでしょう。そして、それはとてもやり甲斐があり、楽しいことだと考えています」と、今後も第一線で開発を続けていく意気込みを語った。

 

DSC_3227
P3120249
DSC_3246

▲GDCアワードで最初に生涯功労賞を獲得したウィル・ライトの紹介でジョン・カーマックが登場。

 

DSC_3254

 

 そのほか気になったところだと、恒例のMEGA64による映像も『Flowery』の花びらになったり、バットマンになったりと暴れまくり。ご存じない方に手っ取り早く説明すると、これはゲームの主人公などの格好をして街中にゲリラ的に飛び出して撮影する映像集団。マリオになって遊んでいると宮本茂氏と本当に遭遇してしまう……という2007年の映像は、2009年にそのまま小島監督の生涯功労賞の際にも使われた定番のオチ。今年は『Beatles: Rock Band』のビートルズになって遊んでいると、現れたのはValveのゲイブ・ニューウェル。MEGA64のメンバーから「リンゴ・スターになる?」と言われてうなずき、みんなでジャンプしたところで映像が終わり、ゲイブ・ニューウェルが壇上に登場した。『ハーフライフ』でFPSにパズル性やアドベンチャー要素などを取り込んだほか、Steamで世界最大級のオンライン配信システムを構築。そのほかにも『ポータル』や『レフト 4 デッド』シリーズと、革新的な試みを成功させ続けているValve。スピーチでは「これから重要になると思うもの」として、生体認証、Larrabee(新たなグラフィックプロセッサ。ただしニューウェル氏は「これはGPUというより、CPUアーキテクチャの変化だ」と語った)、サービスとしてのエンターテインメント、クロスメディア性、フラットな組織、オープンプラットフォームなどを挙げていた。

 

P3120208
P3120211
P3120222
P3120223
P3120225
P3120226
  

 インディーズゲームを表彰するIndependent Games Festivalで最高のGrand Prizeを受賞したのは、Pocketwatch Gamesの『Monaco』。個人的にはEAパートナーズとパブリッシング契約を果たした、イラスト調のキャラクターが暴れまくる横スクロールアクション『Shank』が気になった。そのほか独創的な作品が揃っているので、気になる人はIGFのページをチェックしてみてほしい。

 

DSC_2922
DSC_2933
DSC_2947

 

※GDCアワードの公式サイト(英語)はこちら
 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』が4月5日発売決定。シリーズ9作品を追体験できるアクションアドベンチャー

セガは、Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One用アクションアドベンチャー『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』を、WB Gamesより2022年4月5日(火)に発売することを発表した。

縦スクロールSTG『GRAND CROSS: ReNOVATION』がSteamにてリリース。サンブレードを使って敵の大群を薙ぎ払え!

Henteko Doujinは、超攻撃型縦スクロールシューティングゲーム『GRAND CROSS: ReNOVATION』を、Steamにてリリースした。

Switch・PS4『ウォーハンマー40,000:メカニカス』解説動画“探索”編が公開。抽選で5名にグッズが当たるフォロー&RTキャンペーンも開催

本日2022年1月21日(金)、Kalypso Media Japanは、プレイステーション4、Nintendo Switch版『ウォーハンマー40,000:メカニカス』について、ゲームシステムの解説動画“探索編”を公開した。

【ホロライブ】るしあのねんどろいどが登場。ふぁんでっどやぴよこもオプションパーツとして付属。包丁と交換表情パーツでヤンデレ姿も再現可能!

グッドスマイルカンパニーは、VTuberグループ“ホロライブ”より、潤羽るしあのねんどろいどを発売する。本日2022年1月21日より予約受付がスタート。価格は6200円[税込]。

PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4、PS5のゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”を公開した。

『デモンエクスマキナ』がEpic Gamesストアで1月28日より無料配布開始。弾道飛び交う戦場を駆け巡るメカアクションゲーム

Epic Gamesストアにて、2022年1月28日より『デモンエクスマキナ』が無料配布されることが決定した。

『一番くじ 鬼滅の刃 〜宇髄天元 見参!〜』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場

2022年2月26日(2次出荷分は4月9日)発売予定の『一番くじ 鬼滅の刃 〜宇髄天元 見参!〜』の全ラインアップが公開された。

『フー・イズ・ゾンビ』Switch、Steam向けに発売決定。避難所の審査官になってゾンビの侵入を阻止するシミュレーションゲーム

CFKは、ゾンビアポカリプス・シミュレーションゲーム『フー・イズ・ゾンビ』をNintendo Switch、Steam向けに発売決定した。

『屍喰らいの冒険メシ』のグルメ漫画『冒険メシの流儀』が公開。『野原ひろし 昼メシの流儀』を手がけた塚原洋一先生による描き下ろし

2022年1月21日、日本一ソフトウェアは、プレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『屍喰らいの冒険メシ』公式サイト及び日本一ソフトウェア公式Twitterにて、ショート漫画『冒険メシの流儀』を公開した。

『ポケモンレジェンズ アルセウス』先行レビュー。バトル、アクション、捕獲。すべてに通ずる攻略法は“ポケモンの観察”!

『Pok?mon LEGENDS アルセウス』のメディア向け先行体験会が実施。体験会に参加したライターが先行プレイレビューをお届け。