携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション

プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション
【GDC 2010リポート】

2010/3/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ライトユーザーからコア層まで幅広い層に訴求

mc05

 既報のとおり、2010年3月10日(現地時間)に行われたソニー・コンピュータエンタテイメントのプレスカンファレンスにて“PlayStation Moveモーションコントローラ”の詳細が発表。プレスカンファレンス後には、隣接する別会場で実際に10タイトル近くの対応ゲームが出展。実際に“PlayStation Moveモーションコントローラ”に触れることができた。ここでは、そのタッチインプレッションをお届けする。

 会場でのいちばん人気は、『MOTION FIGHTERS(仮題)』。こちらは両手に“PlayStation Moveモーションコントローラ”を握って闘うという格闘アクションで、美麗な映像のキャラクターをモーションコントローラで動かせるという点でも注目度は高かった。基本のアクションはボクシングといっしょの『MOTION FIGHTERS(仮題)』。当然現実と同じく、モーションコントローラを握った左右の腕をくり出せば、ゲーム中のキャラも同じように反応してくれる。上体を左右に振って相手のパンチを避ける、いわゆるスウェーの動きをするときは、ガードを上げてモーションコントローラの真ん中にある“ティックボタン”を押しながら自分の体を左右に振るとキャラも同じアクションをしてくれる。ボクシングと違うのは、ダーティーアクションがある点だろう。たとえば相手に近づいた状態で、後ろにあるトリガーボタンを押しながらモーションコントローラを振ると、相手の首根っこを掴んで頭を殴れるようになる。そのほか、バックブローなども撃てるようで、アクションは相当数あるようだ。さて、実際に体験したバージョンは「完成度20パーセントの状態で、細かいパンチの動きはまだ入っていません」とのことで、大振り気味にフックをくり出すと相手キャラにパンチが当たるといった状態だ。それでもやはりリアル感溢れるグラフィックも相まっての没入感は相当なもので、1プレイを終えるころには息が上がってしまっていた。やはりこの手のゲームはモーションコントローラとの相性はよさそうだ。

mc01
mc02


mc03

 同じくモーションコントローラの2本持ちで遊ぶことができたのが『GLADIATOR DUEL(仮題)』。ゲームシステムも格闘アクションという点で共通しているが、こちらでは剣と盾を使用してバトルをくりひろげることになる。そして、『MOTION FIGHTERS(仮題)』がリアル寄りであるのに対して、こっちは比較的デフォルメされたグラフィック、システム。剣と盾の操作方法については、とくに詳しく説明する必要はないだろう。自分の思ったとおりに動かせるという点がモーションコントローラの魅力なわけで、難しいコマンドなどを覚える必要は一切ない。敵が隙を見せたらそこに向かって剣を持ったほうの腕を振ればいいし、逆に攻撃されたら軌道を予測して盾を出すだけだ。唯一、コマンドらしい操作と言えば、特定のタイミングで発動可能になる武器のパワーアップ。武器が光っている状態で×ボタンを押すと発動し、パワーアップ中に攻撃をヒットさせるとコンボをお見舞いすることができる。ここが本作いちばんの見どころで、コンボがスタートすると画面上に、武器を持っている側のモーションコントローラを横一閃しろ、といった操作指示が出現。入力に成功すれば、カメラ演出も加わってフィニッシュを決めることができるのだ。プレイを終えてみて、個人的にはもう少し攻撃などのスピードが早いほうがゲームとしてやり応えがあると感じた。が、モーションコントローラの操作に慣れるという観点からすれば、やはりこれくらいのスピードがちょうどいいのかもしれない。グラフィックもカジュアル寄りなので、ライトユーザーがプレイステーション3を触るきっかけになる作品として期待ができそう。

mc04

 出展されていたタイトルの中で、“PlayStation Moveサブコントローラ”に対応していたのが、三人称視点のシューティング(TPS)の『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』。操作方法は、左手に持ったサブコントローラのアナログスティックでキャラクターを動かして、右手のモーションコントローラで敵に狙いを定めて撃つというもの。照準を固定させるのはコントローラー操作時よりも若干難易度が高そうだが、照準の移動はモーションコントローラのほうが断然す速くできる印象だ。もともと『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』は“PlayStation Moveモーションコントローラ”対応ではなかったらしいが、途中から組み込んだにしては、なかなかのフィット感だ。今後はモーションコントローラを使うことで、FPS(一人称視点のシューティング)やTPSの楽しみかたの幅も広がってくるのかもしれない。“PlayStation Moveモーションコントローラ”がコア層に対しても訴求するきっかけになるかも。

 さまざまなアクションを体験できる“PlayStation Moveモーションコントローラ”だが、プレイステーション3の楽しみかたを広げてくれることだけは間違いなさそうだ。
 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』が本日発売! 本作の見どころがコミカルにまとめられた楽しいローンチトレーラーが公開に

ワーナー ブラザース ジャパンからプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』が本日(2017年10月19日)発売。同作の発売を記念してのローンチトレーラーが公開された。

【グランブルーファンタジー ILLUST COLLECTION Vol.94 バザラガ/りーん】

人気イラストレーターが『グラブル』のお気に入りキャラをイラストとコラムで紹介! 今回は、りーん先生によるバザラガが登場!!

『キングダム ハーツ』50本限定のシリアルナンバー入り腕時計がZOZOTOWN“Disney Lifestyle Collection”で10月28日13時より発売

“大人のディズニー”をテーマに、幅広い世代から愛されるディズニーキャラクターを、大人っぽくおしゃれに楽しめるさまざまなアイテムを揃えた、ZOZOTOWN Rendez-Vousでオープン中の“Disney Lifestyle Collection”コーナーにて、スクウェア・エニックスの『キングダム ハーツ』をモチーフにした男女兼用腕時計が50本限定シリアルナンバー入りで2017年10月28日13:00より発売される。

『ファイナルファンタジーXIV』の楽曲をフルオーケストラアレンジで収録したBlu-ray Disc Musicが12月20日に発売決定

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』の楽曲をフルオーケストラアレンジで収録した最新音楽商品『Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album』を、2017年12月20日に発売する。

『ペルソナ』20周年記念コンサートFINAL講演のチケットが追加販売、プログラムや物販情報も公開

2017年10月28日に開催される“GAME SYMPHONY JAPAN 26th & 27th CONCERT ATLUS Special 〜ペルソナ20周年記念〜”のプログラムや物販情報が公開された。あわせて、チケットの追加販売が開始した。

『巨影都市』いよいよ本日(10月19日)発売開始! 本作の魅力を紹介していく特設サイトがオープン

バンダイナムコエンターテインメントが本日、2017年10月19日に発売を開始したプレイステーション4用ソフト『巨影都市』。ソフトの発売に合わせて、本作の魅力を紹介する特設サイトがオープンした。

『大正メビウスライン Vitable』&『大正メビウスライン 帝都備忘録 ハレ』がセットになった『大正メビウスライン ひとつつみ』が12月21日に発売決定

dramatic createは、プレイステーション Vita用ソフト『大正メビウスライン ひとつつみ』を、2017年12月21日に発売することを明らかにした。

『アサシン クリード オリジンズ』福山潤さん、大塚芳忠さんも出演する発売直前生放送が10月25日に配信

ユービーアイソフトは、2017年10月27日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『アサシン クリード オリジンズ』の発売直前生放送を10月25日21:30より配信する。

『閃乱カグラ Burst Re:Newal』公式サイトが更新、“ゲームの流れ”紹介ページとショートムービー3本が公開

マーベラスは、2018年2月22日発売予定のプレイステーション4用ソフト『閃乱カグラ Burst Re:Newal』について、公式サイトを更新し、“ゲームの流れ”紹介ページと、“ゲーム概要”紹介ページにてショートムービーを3本公開した。

『PUBG』はeスポーツ界の天皇杯!? アジア大会へつながる日本大会予選をリポート

2017年10月14日〜15日、『PUBG』のオンライン大会“PUBG JAPAN CHALLENGE 2017 by DMM GAMES”の予選が行われた。肩に力を入れ過ぎない程度に感想を書く。