携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション

プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション
【GDC 2010リポート】

2010/3/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ライトユーザーからコア層まで幅広い層に訴求

mc05

 既報のとおり、2010年3月10日(現地時間)に行われたソニー・コンピュータエンタテイメントのプレスカンファレンスにて“PlayStation Moveモーションコントローラ”の詳細が発表。プレスカンファレンス後には、隣接する別会場で実際に10タイトル近くの対応ゲームが出展。実際に“PlayStation Moveモーションコントローラ”に触れることができた。ここでは、そのタッチインプレッションをお届けする。

 会場でのいちばん人気は、『MOTION FIGHTERS(仮題)』。こちらは両手に“PlayStation Moveモーションコントローラ”を握って闘うという格闘アクションで、美麗な映像のキャラクターをモーションコントローラで動かせるという点でも注目度は高かった。基本のアクションはボクシングといっしょの『MOTION FIGHTERS(仮題)』。当然現実と同じく、モーションコントローラを握った左右の腕をくり出せば、ゲーム中のキャラも同じように反応してくれる。上体を左右に振って相手のパンチを避ける、いわゆるスウェーの動きをするときは、ガードを上げてモーションコントローラの真ん中にある“ティックボタン”を押しながら自分の体を左右に振るとキャラも同じアクションをしてくれる。ボクシングと違うのは、ダーティーアクションがある点だろう。たとえば相手に近づいた状態で、後ろにあるトリガーボタンを押しながらモーションコントローラを振ると、相手の首根っこを掴んで頭を殴れるようになる。そのほか、バックブローなども撃てるようで、アクションは相当数あるようだ。さて、実際に体験したバージョンは「完成度20パーセントの状態で、細かいパンチの動きはまだ入っていません」とのことで、大振り気味にフックをくり出すと相手キャラにパンチが当たるといった状態だ。それでもやはりリアル感溢れるグラフィックも相まっての没入感は相当なもので、1プレイを終えるころには息が上がってしまっていた。やはりこの手のゲームはモーションコントローラとの相性はよさそうだ。

mc01
mc02


mc03

 同じくモーションコントローラの2本持ちで遊ぶことができたのが『GLADIATOR DUEL(仮題)』。ゲームシステムも格闘アクションという点で共通しているが、こちらでは剣と盾を使用してバトルをくりひろげることになる。そして、『MOTION FIGHTERS(仮題)』がリアル寄りであるのに対して、こっちは比較的デフォルメされたグラフィック、システム。剣と盾の操作方法については、とくに詳しく説明する必要はないだろう。自分の思ったとおりに動かせるという点がモーションコントローラの魅力なわけで、難しいコマンドなどを覚える必要は一切ない。敵が隙を見せたらそこに向かって剣を持ったほうの腕を振ればいいし、逆に攻撃されたら軌道を予測して盾を出すだけだ。唯一、コマンドらしい操作と言えば、特定のタイミングで発動可能になる武器のパワーアップ。武器が光っている状態で×ボタンを押すと発動し、パワーアップ中に攻撃をヒットさせるとコンボをお見舞いすることができる。ここが本作いちばんの見どころで、コンボがスタートすると画面上に、武器を持っている側のモーションコントローラを横一閃しろ、といった操作指示が出現。入力に成功すれば、カメラ演出も加わってフィニッシュを決めることができるのだ。プレイを終えてみて、個人的にはもう少し攻撃などのスピードが早いほうがゲームとしてやり応えがあると感じた。が、モーションコントローラの操作に慣れるという観点からすれば、やはりこれくらいのスピードがちょうどいいのかもしれない。グラフィックもカジュアル寄りなので、ライトユーザーがプレイステーション3を触るきっかけになる作品として期待ができそう。

mc04

 出展されていたタイトルの中で、“PlayStation Moveサブコントローラ”に対応していたのが、三人称視点のシューティング(TPS)の『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』。操作方法は、左手に持ったサブコントローラのアナログスティックでキャラクターを動かして、右手のモーションコントローラで敵に狙いを定めて撃つというもの。照準を固定させるのはコントローラー操作時よりも若干難易度が高そうだが、照準の移動はモーションコントローラのほうが断然す速くできる印象だ。もともと『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』は“PlayStation Moveモーションコントローラ”対応ではなかったらしいが、途中から組み込んだにしては、なかなかのフィット感だ。今後はモーションコントローラを使うことで、FPS(一人称視点のシューティング)やTPSの楽しみかたの幅も広がってくるのかもしれない。“PlayStation Moveモーションコントローラ”がコア層に対しても訴求するきっかけになるかも。

 さまざまなアクションを体験できる“PlayStation Moveモーションコントローラ”だが、プレイステーション3の楽しみかたを広げてくれることだけは間違いなさそうだ。
 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。