携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> SCEのプレスカンファレンスでPlayStation Moveモーションコントローラのデモプレイが披露

SCEのプレスカンファレンスでPlayStation Moveモーションコントローラのデモプレイが披露
【GDC 2010リポート】

2010/3/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●北米では本体同梱版も発売決定

 

DSC_9844

 GDC 2010会期中の2010年3月10日(現地時間)に、ソニー・コンピュータエンタテイメントがアメリカのサンフラシスコでプレスカンファレンスを開催。その中で、プレイステーション3用新入力デバイス“PlayStation Moveモーションコントローラ”の詳細を明らかにした。PlayStation Moveはこれまでモーションコントローラの名前でアナウンスされていたもので、今回ついに正式名称が決定したことになる。これに合わせて、PlayStation Moveモーションコントローラとセットで使用するPlayStation Moveサブコントローラも発表に。どちらも発売は日米欧アジア各地域にて2010年秋より順次開始予定となっている。

 

 「今日はすばらしいニュースを皆さんにお届けすることができ、非常に興奮しています」というSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)のプレジデント、吉田修平氏の挨拶でプレスカンファレンスはスタート。同氏はPlayStation Moveモーションコントローラについて「非常に正確で反応もよく、皆さんが求めていたとおりのものです」と語り、「カジュアル、コアユーザーの両方に使ってもらうことができるでしょう」とみずから太鼓判。またこの日は、GDC会期中のため数多くの技術者も会場を訪れてもおり、それらの人々に向けて「新しいゲーム体験を作ってください」とメッセージを送っていた。
 

 続いて登壇したSCE WWSのシニアヴァイスプレジデントのPeter Dille氏は、PlayStation Moveを含めた今年のSCEの戦略を紹介。充実したタイトルラインアップと、PlayStation Moveの登場で「プレイステーション3におけるゲーム体験がすべて揃う」と話した同氏だが、それに加えて今年のE3でサプライズがあるという情報も明らかに。当然、そちらの詳細については語られなかったが、SCEにはまだ隠し玉があることは間違いないようだ。
 

 Peter氏からは、PlayStation Moveモーションコントローラの商品ラインアップも紹介された。PlayStation Moveモーションコントローラはプレイステーション3用カメラ“PlayStation Eye”と組み合わせて動作するため、ふたつをセットにした“スターターキット”が発売されることに。対応ソフトも同梱して、価格は100ドル以下を予定しているとのこと。さらに、上記のスターターキットにプレイステーション3本体を同梱した“アルティメットバンドル”も発売決定。Peter氏いわく、こちらのセットは「今年最大の戦略商品になる」という。なお、日本国内での発売に関してはどちらも現時点で未定となっている。


DSC_9922
DSC_1849
DSC_0331

▲すでに全世界で36社が参入を発表。そのなかには、カプコン、コーエー、KONAMI、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコゲームスなど日本のメーカーも。

 

DSC_1803
DSC_1808
DSC_1835
DSC_1859
DSC_1873
DSC_1876
DSC_1913
DSC_1928
DSC_1886
DSC_1887
DSC_1896
DSC_1904

 

 ステージ上では、PlayStation Moveモーションコントローラ対応タイトルのデモプレイもお披露目に。『GLADIATOR DUEL』(仮題)は、一人称視点の対戦武器格闘ゲームといった内容の作品で、モーションコントローラ2本を使ってプレイすることも可能。その際は、利き手側に持ったほうを剣、反対の手を盾に見立てて戦うことになる。冒頭で吉田氏が述べていた「非常に正確かつ反応もよく」という言葉どおり、剣による攻撃は上中下段に使いわけられるほか、腕の振りの大きさによって威力も変化している模様。盾もプレイヤーの腕の動きと完全にリンクして敵の攻撃を防御してくれるのだ。

 

DSC_2005

 

 『move party!』(仮題)は、EyeToyとモーションコントローラのいいところをひとつにしたような作品。自分自身をモニターに映し、体を動かして画面内のギミックにアクションを起こしていくという内容のカジュアルゲーム集となっており、ここではモーションコントローラの形状がさまざまに変化する。たとえば、指示されたとおりに枠を描きその中を塗りつぶすというミニゲームでは、画面に映っているモーションコントローラの外見が筆に変化。画面内のキャラの髪を刈るミニゲームではバリカンになったり、落下する小鳥を巣に戻してあげる際には扇風機のような風を送るマシンになったりと、バリエーションはさまざまだ。また、そのいずれもが違和感なく表示されているのも驚きで、画面だけ見れば最初からソレを持ってプレイしているかのようにも見えるだろう。

 

DSC_0129
DSC_0137
DSC_0144

 

 コアゲーマー寄り作品の雰囲気が感じられた『MOTION FIGHTERS』(仮題)は、リアルなグラフィックが印象的な対戦格闘ゲーム。前述した『GLADIATOR DUEL』同様、モーションコントローラ2本を使用し、それぞれを右手、左手に見立ててプレイする。基本はボクシングゲームのようにストレートやアッパー、フックといった技を使って相手をKOする内容だが、舞台となるのがストリートということで“ダーティーモーション”という、この作品ならではのシステムも。これを使うと、相手の首根っこを押さえて頭を殴り続けるといったケンカ殺法ができるのだ。もちろんモーションコントローラの動きもリンクしており、上記のとおりのモーションで操作する必要があるので、臨場感はバッチリ。

 

DSC_2054
DSC_0254

 

 発表されたばかりのサブコントローラに対応したタイトルも紹介。『SOCOM 4』がそれで、TPS(3人称視点のシューティング)である本作では、モーションコントローラで照準移動および視点変更を、サブコントローラではキャラクターの移動を行う。エイミングがより直感的に行えるので、シューターとモーションコントローラ&サブコントローラの相性は非常によさそうだ。

 

DSC_0298

 

DSC_0171

▲2009年の東京ゲームショウで披露された、モーションコントローラ仕様の『リトルビッグプラネット』も。ひとりがリビッツを操作し、もうひとりはモーションコントローラで障害物などを動かしながらゴールを目指すという内容だ。

 

 カンファレンス終了後には、この日公開されたほとんどのタイトルを実際にプレイすることができた。もちろん取材班もプレイしてきたので、そのリポートは別記事にてお届けしよう。

 

[関連記事はこちら]プレイステーション3のモーションコントローラの詳細発表! サブコントローラも同時発売

 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

スタジオジブリ鈴木敏夫氏が、約20畳の布に“マックロクロスケ”を書き上げた! 宮崎駿監督の新作に関するコメントも【超会議2017】

“ニコニコ超会議2017”にて、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏が大書に挑戦。約20畳の特別な布にマックロクロスケを書き上げた。

GW期間中、AmazonでXbox One S HDD:500GBモデルが最大10000円OFFになるキャンペーンを開催!

Amazon.co.jpで2017年4月28日17時〜5月7日23時59分までの期間、Xbox One S HDD:500GBモデルが最大10000円OFFになるキャンペーンが開催される。

少女のオモテウラ恋愛RPG『拡張少女系トライナリー』に、とりあえず毎日ログインしたくなる理由。みんな大好き“ちーちゃん”本人から塩対応のコメントも!

好評配信中の完全新作RPG『拡張少女系トライナリー』。画面の向こう側に“実在”する少女たちに、ぜひ会いに来て!

dTVの2017年4月度テレビアニメランキングが発表! 5月イチ押しタイトルは『けものフレンズ』と『ジョジョ』!!

映像配信サービス“dTV”が、2017年4月度のテレビアニメ視聴ランキングを発表。さらに5月のイチオシタイトルも公開。

統括トレーナーが語るRIZAPの秘密も! 人は半年でどこまで『龍が如く』の桐生さんボディに近づける? 100キロ超級メタボ編集者が挑むガチンコRIZAP通信(第3回)

2016年12月8日発売のPS4ソフト『龍が如く6 命の詩』。同作でコラボしたパーソナルトレーニングジム・RIZAPの効果をメタボ編集者が確かめる企画の第3回!

『アイドルマスターシンデレラガールズ』ライブなどのイベントで使用できる折りたたみプロデュースバッグが登場!

エンターグラムは、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のキャラクターデザインを施した折りたたみプロデュースバッグを発表。2017年7月28日に発売する。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』ベンチマークソフトが配信開始、新情報満載のトレーラーも

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフト、『紅蓮のリベレーター ベンチマーク』を配信開始した。

『DARK SOULS(ダークソウル)』シリーズ最後のDLCをプレイして改めて感じた醍醐味

2017年4月20日、フロム・ソフトウェアより発売されたプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION(ダークソウルIII ザ ファイア フェーズ エディション)』。本作の発売を記念し、『THE RINGED CITY(ザ リングド シティ)』のインプレッションをお届けする。

PC版『RPGツクール』100万本突破記念インタビュー! Steamでの展開やコミュニティの活性化がヒットにつながった

現在発売中のPC版『RPGツクール』シリーズ(KADOKAWA)6作品の累計販売本数が100万本を突破。それを記念して、ツクール開発部のプロデューサー・一之瀬裕之氏をはじめ、海外販売を担当したデジカの主要スタッフに、ツクールシリーズのこれまでとこれからを伺ってみた。