携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ベンチャービジネスの気鋭が語る、日本でソーシャルゲームを成功させる秘訣とは?

ベンチャービジネスの気鋭が語る、日本でソーシャルゲームを成功させる秘訣とは?
【GDC 2010リポート】

2010/3/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●日本のソーシャルゲームの市場は魅力的

 2010年3月9日〜13日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターによる国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2010が開催。世界中のクリエーターによる講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

so01

 GDCの開催1〜2日目には、ひとつのテーマに絞って複数の講演を行なう“サミット”が組まれるのが通例だ。テーマとなるのは携帯電話だったり(GDC Mobile/Handheld)、シリアスゲームだったり(SERIOUS GAMES SUMMIT)と、その時代のゲームを語るうえで欠かせないトピックをピップアップしたものとなっている。今年から始まった“iPhone Game SUMMIT”などはその一例と言えるだろう。いま、カジュアル層を中心に圧倒的な支持を得ているジャンルにソーシャルゲームがあるが、そんなソーシャルゲームをテーマにしたサミットが“SOCIAL&ONLINE games summit”だ。中でも日本人にとってことさら興味深い講演が行なわれたのが開催1日目の、講演名もずばり“Social Games in Japan”だ。2005年にPikkleという企業を日本で立ち上げ、ソーシャルアプリを展開する代表取締役社長のディビット・コリエ氏が講演者となり、豊富なアプリの事例をもとに、日本のソーシャルゲームを分析した。

 「日本のソーシャルゲームの市場はアメリカと同じくらい大きい」とl切り出したコリエ氏は、日本にはソーシャルゲームの3巨頭として、mixi(会員数1792万人)、モバゲータウン(会員数1510万人)、GREE(会員数1512万人)があると説明。とくにmixiアプリを始めてからmixiが急激に会員数を伸ばしてきているとした。さらに、mixi、モバゲータウン、GREEともほとんどのユーザーが携帯電話ユーザーで占められており、「日本のソーシャルゲームは、ほぼ携帯電話端末で占められています」と日本市場の現状を紹介した。

so02
so03


so04
so05


so06

 そのうえでコリエ氏は、すぐれたソーシャルゲームが受け入れられるプロセスを、“acquire(取得)”、“involve(巻き込む)”、“retain(維持する)”、“monetize(収益を上げる)”の4段階に分かれると分析した。その詳細は以下のとおりだ。

“acquire(取得)”
いかに新規会員を取得するかが大きな問題。たとえばmixiでは、トップページの目立つところに新作情報を掲載したり、友だちが何を遊んでいるかを明らかにすることによって、そのアプリに関心をもってもらうようにしている。さらにmixiでは“アプリへの招待”を採用することで、アプリをインストールしてもらいやすくしている。


so07
so08
 


“involve(巻き込む)”
ユーザーが会員登録してくれたら、いかに巻き込むか。たとえばモバゲータウンのアプリ『ホシツク』では、ユーザー相互がイタズラをしあうことで、より多くアプリに関わるようになる。こういったイタズラを導入しているゲームは多い。そのほか、一定のレベルに達したプレイヤーどうしでチームを組むといったモバゲータウンの『怪盗ロワイヤル』や、GREEの『箱庭』のように自分の庭を装飾して見せられるようにするといった例もある。一方で、Gumiが提供する『幕末英雄伝〜もう一つの龍馬伝説〜』では、近場のユーザーどうしがチームを組めるようになっている。こういった巻き込むための努力が、アプリを遊び続けてもらうためのキモとなる。

so09
so10
so11
so12


“retain(維持する)”
ユーザーを維持するための好例としてコリエ氏が挙げたのは、ngi groupの『みんなの昆虫コレクション』。同作に代表されるコレクション要素がユーザーをアプリに親しませるという。

so13
 
 


“monetize(収益を上げる)”
「社会性が高くゲーム性も高いアプリが勝者」と位置づけるコリエ氏だが、収益モデルとして、(1)ショップでの換金、(2)友だちのためにアイテムを購入するといったケースを例示した。
 

so14
so15
sow


so16

 日本での人気ソーシャルアプリの課金サービスにおけるユーザーあたりの利用平均額は約1000〜5000円と、アメリカや中国の数10〜数100円に比べて圧倒的に多いという。「日本のソーシャルゲームの市場は魅力的。みなさんも画期的なアイデアを見つけて日本市場でトライしてみてはいかがでしょうか? ただし、いいパートナーを見つけることが必須になりますが……」と結んだコリエ氏。今後国内ソーシャルゲームの市場はさらなる活性化が図られそうだ。

 

※Pikkleの公式サイトはこちら

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フィギュアとゲームが融合した新種のエンターテイメント! 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』プレイ&ステージリポート【UBIDAY2018】

2018年10月14日に東京・ベルサール秋葉原にて開催された”UBIDAY2018”。ステージイベントでは発売日も公開され、ひときわ注目を集めていた『スターリンクバトル・フォー・アトラス』について、会場でのプレイレビューとステージイベントの模様をリポートする。

【技動画あり】クラウドのリフレッシュや、観戦機能の拡充など新情報満載! “【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”速報

2018年10月15日の20時よりYouTubeにて配信された“【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”。この放送で公開された、AC版『ディシディア ファイナルファンタジー』と、PS4版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のアップデートの情報を総括。

トレーナーたちを巻き込んだ演出で会場が熱狂の渦に! 『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”リポート

2018年10月14日、千葉県・幕張メッセにて、『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”が開催された。

【ストV AE】「SEAM2018」アジア地域決勝大会はガチくんが優勝!【CPT】

2018年10月13日、14日にシンガポールで開催された格闘ゲーム大会“South East Asia Major 2018(SEAM2018)”。13日に地域オープン大会が、14日にはアジア地域決勝大会が実施された。

ブラック・ジャック、アトム、火の鳥が萌えキャラに。手塚治虫キャラ美少女化プロジェクトのスマホ向け新作ゲーム『絵師神の絆』ティザーサイトオープン

コンパイルハートが制作し、フォワードワークスが配信する、iOS/Android用ソフト『絵師神の絆』のティザーサイトがオープンした。

ガストカレンダー2019年版が登場。『アトリエ』シリーズなどの描き下ろしイラスト満載!

コーエーテクモゲームスは、“ガストカレンダー2019”の予約受付を、ガストショップにて開始した。

『金色のコルダ オクターヴ』攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルやイベントスチル、リズムアクションの詳細などの最新情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『金色のコルダ オクターヴ』について、攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルなどを公開した。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

クッパのイメージはスッポン。任天堂のキャラクタービジュアルの礎を作った、小田部羊一氏がみずからの仕事をふり返る

2018年10月13日(土)、京都国際マンガミュージアムにて“小田部羊一氏トークショー 〜ハイジからチエ、そしてマリオへ〜”が開催された。数々の名作アニメーションを手掛けたのち、任天堂に活動の場を移し、『マリオ』を始めとしたキャラクターを監修した小田部氏の創作活動をふり返る、この貴重なイベントをリポートする。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年夏アニメ作品の中から、人気ナンバー1 アニメ作品と人気ナンバー1 アニメキャラを選ぶニコニコアンケートを2018年10月13日18時〜22時まで実施。13万7073人の回答があった本アンケートにおいて、もっともおもしろかった夏アニメは『はたらく細胞』、好きなアニメキャラクターは“血小板(『はたらく細胞』)”となった。