携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 初音ミクによるソロコンサートが開催、39個の秘密も明らかに

初音ミクによるソロコンサートが開催、39個の秘密も明らかに

2010/3/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●電子の歌姫、初音ミクによるソロコンサート

 

 2010年3月9日、東京・お台場にあるZepp Tokyoにて、電子の歌姫“初音ミク”のイベント“ミクの日感謝祭 39’s Giving Day”が昼と夜の2部構成で開催された。

 

 これは、3月9日を“ミクの日”と称して、この日のために結成されたスペシャルバンド“THE 39S”演奏のもと、数ある初音ミクの楽曲の中から厳選した39曲を披露する初音ミクのソロコンサート。初音ミクの楽曲を手掛けたbaker、19’s Sound Factory、doriko、minato(流星P)を始めとした総勢8組の応援Pに加え、鏡音リン・レン、巡音ルカも登場し、初音ミク・ソロコンサートを盛り上げた。ここでは、昼の部の模様をお届けする。

 


 『Project DIVA desu.』がスタートすると一斉に緑色のサイリウムが輝きを放ち、会場の熱気が一気に上がった。1曲目が終了後、ステージ上の巨大スクリーンに初音ミクが登場。軽快なダンスで『ワールドイズマイン』、『サウンド』、『恋するVOC@LOID』などを歌い上げたほか、メドレーではマジシャン、にゃんこ、チャイナなど、つぎつぎとモジュール(コスチューム)をチェンジさせるといった初音ミクならではの演出も!『from Y to Y』、『サイハテ』、『ストロボナイツ』、『SPiCa』を一気に歌い上げると、会場のボルテージは最高潮に盛り上がり、コンサートは終了……かと思いきや、その後、会場中からのアンコールを受け、『合言葉』、『メルト』の2曲で幕を閉じた。

 

 

▲ダンスユニット“DANCEROID”も登場。華麗なダンスで会場を盛り上げた。

▲元気いっぱいな小倉唯、石原夏織のユニット“ゆいかおり”&能登有沙も登場。

 

▲鏡音リン・レンは『右肩の蝶』、巡音ルカは『星屑ユートピア』などを歌い上げたほか、初音ミクとのデュエット曲も披露した。

 

 当日、会場では初音ミクの秘密を解明しながら、『初音ミク -Project DIVA-』の今後の展開を公開する入場無料のステージイベント“初音ミク -Project DIVA- 39のひ・み・つ(続)”も開催。コンサートにも出演した能登有沙、ゆいかおり、DANCEROIDが再び登場した。

 

 “Project DIVA Arcade”と題したカテゴリーの発表では、ゲームシステムと稼動日が公開された。2010年6月下旬稼動予定の本作は、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』にはなかったボタンの同時押しが可能になったほか、専用のICカードや電子マネー対応携帯電話を使ってゲームの成績を記録したり、ポイントを貯めてモジュールを入手することができる。収録曲はPSP版の人気曲に新曲『恋ノート///』(ジェバンニP)、『SYHMPHONIC DIVE ?DIVE edit-』(Re:nG)、『どうしてこうなった』(うどんゲルゲ)、『オオカミガール』(くらP)、『Sterlite★Lydian』(Masaki)、『ペリコ・スペースシッパー』(ワンカップP)の6曲が加わり、その後もネットワークを配信により新曲が追加されるという。

 

 

 続いて“ダウンロードコンテンツ”に関する秘密も判明。2010年3月25日配信予定の追加楽曲集第1弾『ミクうた、おかわり』(価格2000円[税込])の紹介に加え、第2弾『もっとおかわり、リン・レン・ルカ』の配信が決定。こちらは2010年春配信予定となっている。

 

 さらに、PSP版『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』の続編となる、『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 2nd』の詳細や発売日も発表に。初音ミクが歌って踊るPVをバックにプレイするスタイルはそのままに、長押しや同時押しなど新要素が追加された本作には、2体のキャラクターによる“デュエット”や、doriko、OSTER project、19’s Sound 、minato(流星P)の書き下ろし合作曲も収録される。

 

 

 ここまでで紹介された秘密は大小合わせて35個。最後に残された秘密は予約特典の紹介となった。この日はシルエットのみの公開だったが、人気フィギュア“ねんどろいどぷち”を小型化した“ねんどろいどぷらす”になるという。

 

※『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『うたわれるもの』2作品のビジュアルが満載の画集が満を持して3月24日発売!

『うたわれるもの 偽りの仮面』&『うたわれるもの 二人の白皇』のビジュアルがたっぷりと楽しめる本が300ページを超えるボリュームで発売!

『モンハン』好きアーティスト、DAIGOが語る『モンスターハンターダブルクロス』CM起用の経緯

2017年3月10日、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』の完成発表会にて、アーティスト/タレントのDAIGOと“次長課長”の井上聡が同作のテレビCMに出演することが発表された。発表会後、DAIGOに『モンスターハンター』シリーズへの想いを存分に語っていただいた。

『レゴ シティ アンダーカバー』のクリエイターに聞く 「誇りと熱意を持って、『レゴ』ゲームを作っている」

TT Gamesのプロデューサー、マット・エリソン氏にプレイステーション4とNintendo Switchに移植が発表されたばかりの『レゴ シティ アンダーカバー』についてあれこれ聞いてみた。

『咲-Saki-全国編Plus』3月25・26日の“AnimeJapan2017”にてグッズ販売を実施

エンターグラムは、2017年3月25日・26日に東京ビッグサイトで開催される“AnimeJapan2017”にて、プレイステーション Vita用ソフト『咲-Saki-全国編Plus』のグッズを販売すると発表。販売グッズ情報を公開した。

【レベルファイブ初の学生向けカンファレンス完全リポート その3】レベルファイブ梁井ゼネラルマネージャー、マップアートチーム東村氏が学生へ伝授! 世界を描くのに必要なのは“妄想力”!?

レベルファイブのトップクリエイターが一堂に会し、学生向けに開発の舞台裏やテクニックについてのセッションを行った、“大学・短大・専門学校生向け クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”。各セッションのうちの1つ。背景、原画についてを制作統括2部 ゼネラルマネージャー梁井信之氏、マップアートチーム東村有里氏による講演の模様をリポートする。

プロゲーマーのsako選手が『ストV』に加えてVR格ゲー『STEEL COMBAT』をプレイ【ファミ通チャンネル】

3月24日20時よりプロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたWeb番組“ファミ通のせやなTV(仮)”が放送。

今井麻美さんのコンプリートアルバム『rinascita』新アーティスト写真が公開! 5月20日にはバースデーライブの開催も決定!

声優・歌手として活躍する今井麻美さんがこれまでリリースした楽曲を収録したコンプリートアルバム『rinascita』(2017年5月16日発売予定)の新アーティスト写真が公開された。また、2017年5月20日に東京・山野ホールにてバースデーライブの開催も決定。

『スプラトゥーン2』先行試射会で使用できるブキのサブウェポン&スペシャルウェポン構成が公開

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会(3月25日、26日開催)で使用できるブキの構成を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモのブランド長がキャラクターに変身する特別映像が公開!!

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』について、同社のブランド長が各ブランドを代表するキャラクターに変身して本作の魅力を語る特別映像“ブランド長に聞く『無双☆スターズ』とは”を公開した。