携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 戦国時代がさいたまスーパーアリーナに蘇る、コーエー“戦国武将祭”が開催

戦国時代がさいたまスーパーアリーナに蘇る、コーエー“戦国武将祭”が開催

2010/3/7

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●さいたまスーパーアリーナが戦国時代に!

 2010年3月6日に埼玉県のさいたまスーパーアリーナで、コーエー主催のビッグイベント“戦国武将祭”が開催された。このイベントは、同社が誇る戦国コンテンツを核に、メインアリーナで戦国武将祭、併設されているコミュニティアリーナで戦国楽市楽座を実施。戦国武将祭には、『戦国無双3』の声優陣、GACKTを始めとするアーティスト、お笑いタレント、プロレスラーからなる武将ファイターなど、じつに多彩なメンバーが集結。さいたまスーパーアリーナを戦国時代へと変貌させるべく、コーエーならではの“ライブ・エンターテインメント”が展開された。

sc01
sc02
sc03


 まずは、メインアリーナで実施された戦国武将祭の模様をリポート。本イベントのオープニングを飾ったのは、織田信長に扮したプロレスラー・蝶野正洋。蝶野の「戦国武将祭、いざ出陣!」の掛け声とともに和太鼓の演奏とダンスパフォーマンスがスタート。併せてスクリーンでは、同社ゲームコンテンツの映像から、さまざまな武将がつぎつぎと紹介された。


se01
se02
se03


 さて、イベント最初のテーマは“川中島の戦い”。まずは豪華声優陣による歴史ドラマが実演され、真田幸村(草尾毅)、上杉謙信(中田譲治)、直江兼続(高塚正也)らが、川中島の戦いにいたるまでのドラマを生で披露。これに引き続き、ステージ中央に設置されたリングに武将ファイターが登場! 武田信玄(武藤敬司)、真田幸村(KAI)VS上杉謙信(小島聡)、直江兼続(カズ・ハヤシ)という、まさに夢の超異次元カードが実現した。荒野を思わせる風切り音が鳴り響く中、リング上ではド迫力のバトルが展開。それぞれが持ち味を十二分に発揮し、最後は武藤扮する武田信玄が、シャイニング・ウィザードでカズ・ハヤシ扮する直江兼続を戦場に沈めた。まさか、武田信玄がシャイニング・ウィザードを使えたとは!


se04
se05
se06
se07
se08

▲川中島の戦い終了後、総合司会の杏、大東俊介、フットボールアワーが登場。杏は歴女ぶりを、フットボールアワーの岩尾は自身のプロレス知識を披露した。


 続いて、本能寺の変が展開。織田信長(小杉十郎太)、明智光秀(緑川光)、浅井長政(神谷浩史)、お市(前田愛)による歴史ドラマでは、明智光秀が織田信長を攻め入るまでが演じられ、武将ファイターにバトンタッチ。織田信長(蝶野正洋)と明智光秀(AKIRA)が一騎打ちを行った。史実なら、ここは明智光秀が勝利するところだが、この日のリング上では、織田信長がパイルドライバーからの体固めで明智光秀に見事に勝利! コーエーのイベントらしく、歴史ifの物語を見ることができた。

se09
se10
se11
se12
se13


 さらにイベントは盛り上がり、小杉十郎太、石川英郎、草尾毅、竹本英史、高塚正也が武将声優ライブを披露。ライブ後には全員が「こんなに広い会場で歌えて本当に気持ちいい!」と声を揃えていた。続いて、Do As Infinity、SHANADOO、alan、谷村奈南のアーティスト陣もライブをお披露目。『北斗無双』(2010年3月25日発売予定・プレイステーション3、Xbox 360用ソフト)に2曲のテーマソングを提供している谷村奈南など、戦国コンテンツになじみのあるアーティストが顔を揃えたのだ。

se14
se15
se16
se17

▲左から小杉十郎太、石川英郎、そして草尾毅、竹本英史、高塚正也の3人。Do As Infinity(右端)も楽曲を熱唱した。

se18
se19
se20
se21

▲左からSHANADOO、alan、谷村奈南。『北斗無双』のテーマソングを担当する谷村奈南は、マミヤの衣装に身を包んで登場。


 イベントはこのあとも絶好調。続いて行われた小田原の戦いでは、豊臣秀吉(石川英郎)、石田三成(竹本英史)、柴田勝家(竹本英史)、前田利家(小西克幸)、加藤清正(杉田智和)、甲斐姫(鈴木真仁)が壮大な戦国ドラマを熱演。さらには船木誠勝扮する前田利家と、近藤修司扮する北条氏康の一騎打ちも実現。近藤は、タレントの次原かな扮する甲斐姫とともに登場するパフォーマンスを見せたが、試合では惜しくも敗れてしまった。


se22
se23
se50
se25
se26
se27


 そしていよいよ本日の最終戦! テーマは、関ヶ原の戦い。杉田智和がナレーションを演じ、徳川家康(中田譲治)、本田忠勝(大塚明夫)、石田三成(竹本英史)、直江兼続(高塚正也)が天下分け目の合戦にいたる戦国ドラマを披露。続けてリングでは、東軍と西軍に分かれての関ヶ原の戦い! 西軍は、飯伏幸太扮する石田三成を筆頭に、立花宗茂(青木篤志)、長宗我部元親(石森太二)。東軍は、杉浦貴扮する徳川家康を筆頭に、本田忠勝(高山善廣)、伊達政宗(HARASHIMA)が勢揃い。実力派レスラーたちによる天下分け目の大一番は迫力たっぷりで、歓声と拍手が飛び交うなか、最後は徳川家康が立花宗茂を押さえて東軍を勝利に導いた。

se28
se30
se31
se32
se33
se34
se35
se36


 と、ここでイベントは終わらず、最後にGACKTが登場! GACKTの登場とともに会場は本日最高潮の盛り上がりになり、全員総立ち状態。武将姿のGACKTは、『戦国無双3』のテーマ曲とエンディング曲の『斬』と『雪月花』を見事に歌い上げた。このあと、本イベントのタイトルソングをPhoenix 2:00AM feat.Ami Suzukiが披露するとともに、本イベントの出演者全員が勢揃い。約4時間におよぶ長丁場のイベントは、大盛況のままグランドフィナーレを迎えた。

se37
se38
se39

 

se40


 ちなみに、コミュニティアリーナで開催された戦国楽市楽座も大盛況だった。この戦国楽市楽座は、物販コーナーやゲームの試遊コーナーに加え、各種ステージイベントも展開されるという、まさに現代版“楽市楽座”のイメージで構成。『北斗無双』を始め、同社の人気タイトルの試遊コーナーが大々的に展開されたほか、各種戦国グッズや協賛・協力各社の物販ブースなど、場内にはユニークなコーナーがズラリと並んだ。


sd01
sd02
sd03
sd04


 一風変わったコーナーとしては、2009年にNHKで放送された大河ドラマ『天地人』で、主要キャストが実際に着用した甲冑を複数展示。また、“貴殿の顔はどの武将?”というコーナーでは、来場者の顔をカメラで検知して、『戦国無双3』の武将データをベースに、似ている武将を教えてくれるというユニークなアトラクションを展開。こちらは空港の出入国検査などで使用されている技術を活用しているとのことで、似ている度をパーセンテージで表示するなど、精度の高さも特徴とのことだった。なお、このコーナーは長い行列ができるほどの人気ぶりだった。

 

sd06
sd07
sd08


 なお、本イベントは2010年3月7日にも実施される。6日とは異なるプログラムも用意されているので、戦国時代をライブで体感したい人は、ぜひ足を運んでみてほしい。

※戦国武将祭の公式サイトはこちら
※[関連記事]歴史のifはガチの勝負で描く――“戦国武将祭”プロデューサーインタビュー

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フィギュアとゲームが融合した新種のエンターテイメント! 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』プレイ&ステージリポート【UBIDAY2018】

2018年10月14日に東京・ベルサール秋葉原にて開催された”UBIDAY2018”。ステージイベントでは発売日も公開され、ひときわ注目を集めていた『スターリンクバトル・フォー・アトラス』について、会場でのプレイレビューとステージイベントの模様をリポートする。

【技動画あり】クラウドのリフレッシュや、観戦機能の拡充など新情報満載! “【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”速報

2018年10月15日の20時よりYouTubeにて配信された“【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”。この放送で公開された、AC版『ディシディア ファイナルファンタジー』と、PS4版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のアップデートの情報を総括。

トレーナーたちを巻き込んだ演出で会場が熱狂の渦に! 『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”リポート

2018年10月14日、千葉県・幕張メッセにて、『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”が開催された。

【ストV AE】「SEAM2018」アジア地域決勝大会はガチくんが優勝!【CPT】

2018年10月13日、14日にシンガポールで開催された格闘ゲーム大会“South East Asia Major 2018(SEAM2018)”。13日に地域オープン大会が、14日にはアジア地域決勝大会が実施された。

ブラック・ジャック、アトム、火の鳥が萌えキャラに。手塚治虫キャラ美少女化プロジェクトのスマホ向け新作ゲーム『絵師神の絆』ティザーサイトオープン

コンパイルハートが制作し、フォワードワークスが配信する、iOS/Android用ソフト『絵師神の絆』のティザーサイトがオープンした。

ガストカレンダー2019年版が登場。『アトリエ』シリーズなどの描き下ろしイラスト満載!

コーエーテクモゲームスは、“ガストカレンダー2019”の予約受付を、ガストショップにて開始した。

『金色のコルダ オクターヴ』攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルやイベントスチル、リズムアクションの詳細などの最新情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『金色のコルダ オクターヴ』について、攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルなどを公開した。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

クッパのイメージはスッポン。任天堂のキャラクタービジュアルの礎を作った、小田部羊一氏がみずからの仕事をふり返る

2018年10月13日(土)、京都国際マンガミュージアムにて“小田部羊一氏トークショー 〜ハイジからチエ、そしてマリオへ〜”が開催された。数々の名作アニメーションを手掛けたのち、任天堂に活動の場を移し、『マリオ』を始めとしたキャラクターを監修した小田部氏の創作活動をふり返る、この貴重なイベントをリポートする。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年夏アニメ作品の中から、人気ナンバー1 アニメ作品と人気ナンバー1 アニメキャラを選ぶニコニコアンケートを2018年10月13日18時〜22時まで実施。13万7073人の回答があった本アンケートにおいて、もっともおもしろかった夏アニメは『はたらく細胞』、好きなアニメキャラクターは“血小板(『はたらく細胞』)”となった。