携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

2010/3/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームの鬼才が新たなジャンルに挑む

 

mikami02

 『バイオハザード』シリーズを筆頭に、数々の名作アクションゲームを手掛けてきたゲームクリエーター三上真司氏の新作がついにベールを脱いだ。その名も『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』(対応ハードはプレイステーション3とXbox 360で、発売時期は2010年冬)。開発を担当するプラチナゲームズや発売元のセガのホームページで映像は先行公開されていたもののゲーム内容などは明らかにされていなかったが、2010年2月23日に都内で三上真司氏自らが欧米メディアと一部日本のメディアに向けたプレゼンテーションを実施。実際に三上氏がデモプレイを行い、ゲームの詳細や見どころを語った。
 

vanquish0004

 まずこのプレゼンテーションの冒頭、あいさつを行ったのは『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の稲葉敦志プロデューサー。稲葉氏は本作のゲームジャンルは“シューター”であり、「強いアクション性と速いテンポ、高いプレイテンションが楽しめる」作品であることを強調した。ここで言うシューターとはFPS(ファースト・パーソン・シューティング)やTPS(サード・パーソン・シューティング)に代表されるシューティングゲームのこと。アクションゲームの印象が強い三上氏だが、今回新たなジャンルに挑戦するというわけだ。
 

 ここから三上氏のデモプレイがスタート。まず、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の舞台は近未来で、宇宙に浮かぶコロニーであることが明かされ、バトルスーツを身にまとった主人公のサムが画面に映し出された。この主人公は自分が身にまとっているスーツの設計者。三上氏によるとこのスーツは「綿のように軽く、非常に丈夫な素材でできている」設定とのことで、一般的な海外のTPSなどの主人公と比べると若干スマートな印象だ。

 

vanquish0000

▲これが主人公キャラクター。主人公が持っている武器は持ち替えるのではなく、用途に合わせて変形する仕様になっている。

 

 ゲームがスタートすると主人公キャラクター以外に、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)が数名まわりに。まだ開発途中とのことだが、まるでほかの人間が操っているかのようなスムーズな動きで、主人公をサポートしていた。そして『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最大の特徴である“スピード感”を実現しているのが、“ブースト”という要素だ。これはスライディングのような格好で、敵との間合いを一気に詰めたり、遮蔽物などにす速く隠れたりすることができるというアクション。通常のシューターだと、遮蔽物に隠れて敵を倒してジワジワと進軍するイメージだが、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』はバーッと移動して、バババッと敵を倒して、隠れてといった感じで、非常にテンポが速いゲームであることが見受けられた。

 

vanquish0003

▲スライディングのような格好で、一気に敵との間合いを詰めたり、す速く遮蔽物へ隠れたりといったことが可能となっている。三上氏がインタビューで語っているとおり、このブーストを使うことによりほかのシューターにはないスピード感、テンポが生み出されているというわけだ。

 

 三上氏がひととおりゲームの概要を説明したあと、開発陣随一の腕前を誇るというスタッフがデモプレイを披露。このデモプレイは圧巻のひと言で、巨大なスペースシップがステージに侵入してきたり、近未来のクルマが爆発で吹っ飛んだりと、ド派手なシーンの連続だった。ちなみに『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の敵となるのは、人間ではなくロボット。自分より大きいロボットたちを爽快なアクションで倒していく様は、シューターというよりもアクションゲームに近い印象だ。

 

vanquish0001
vanquish0002

▲シューターには珍しく近接攻撃も多彩。ブーストを使って一気に敵の間合いを詰め、攻撃する、ある意味アクションゲームのような感覚が味わえる。また、時間の流れをスロー再生する“バレットタイム”の要素もあるので、「スタイリッシュなアクションで敵を倒したい」なんて人の欲求はしっかり満たされそうだ。

 

 最後に公開されたボス戦(?)では、自分の何倍もの大きさのボスが節足動物のような形態から二足歩行のロボットに変形したり、そのボスの関節を狙って攻撃してひるませたり、SF映画のラストシーンさながらの迫力。息つく暇のないノンストップアクションシューティングとはまさにこのことだ。なお、週刊ファミ通3月18日号の巻頭特集で、三上真司氏のインタビューを掲載。より詳しいゲームの内容を掘り下げてお届けしているので、そちらもぜひチェックしてみてほしい。

 

mikami

▲三上氏と主人公“サム”が着ているバトルスーツとのツーショット。このバトルスーツは実際にプロモーション映像で使用されたものなんだとか。

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ニーア レプリカント ver.1.22』球体の“エミール氷”を作れるアイストレーが、まだまだ暑い8月下旬に発売

スクウェア・エニックスは、『NieR Replicant ver.1.22474487139...』より“シリコンアイストレー〈エミール〉”の発売を決定した。

『ワンピース』をモチーフにしたフィットネスジムが2023年初頭にオープン。海賊船のようなトレーニングルームで海軍に扮したトレーナーと体を鍛えよう!

2023年初頭に、漫画『ONE PIECE』の世界観をモチーフにしたフィットネスジム“ONE PIECE FITNESS BragMen”が東京都渋谷区にオープン決定。

『Dead by Daylight』スマホ版を記念したコスプレ撮影レポートが公開。フェンミンやリージョンなどのハイクオリティなコスプレをチェック

NetEaseは、スマートフォン向け非対称対戦型マルチプレイゲーム『Dead by Daylight Mobile』のリリースを記念したコスプレ撮影のレポートを公開した。

アニメ『黒子のバスケ』黒子テツヤ役・小野賢章さん×火神大我役・小野友樹さんが対談で最終話の思い出などを熱く語る

アニメ『黒子のバスケ』10周年プロジェクトのスタートを記念し、黒子テツヤ役の小野賢章さんと火神大我役の小野友樹さんの対談が実施された。

“RAGE VALORANT”Day2リポート。プロのガチプレイに6000人超の観客が沸く! Laz&neth「他チームが活躍するのは嬉しいけど悔しい。お互いプライドが高いので(笑)」

2022年5月8日、東京ガーデンシアターでタクティカルシューター『VALORANT』のオフラインイベント“RAGE VALORANT 2022 Spring”Day2が開催。ファン投票で選ばれたプロ選手たちが出演したイベントの模様をお届け。

“舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語”に元宝塚歌劇団男役スターの七海ひろきさんが歌仙兼定役として出演

2023年2月に東京・大阪で上演される“舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語”にて、元宝塚歌劇団男役スター・七海ひろきさんが歌仙兼定役として出演することが決定した。

『ゆるキャン△』スマホゲームの続報は6月初旬。事前登録やゲームシステムなどの情報が公開予定

ゆるキャン△ スマートフォンゲーム(仮)のについて、6月初旬には事前登録とゲームシステムなどの情報が公開予定とのこと。

コンパイルハート最新作のティザームービーが公開。2本のイコライザーと“F”の文字が指し示す意味とは?

2022円5月16日(月)、コンパイルハートは、新作タイトルのティザーサイトおよびティザームービーを公開した。

“バンナムフェス2nd”DAY2のセットリスト&オフィシャル写真が公開。西川貴教さん×SUGIZOさん×INORANさん、『アイマス SideM』×感覚ピエロなどスペシャルコラボでのパフォーマンスも

2022年5月15日に千葉県・ZOZOマリンスタジアムにて開催された、バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル 2nd(バンナムフェス2nd)DAY2のセットリストとオフィシャル写真が公開された。

k4sen主催の『LoL』配信者大会が本日(5月16日)19時スタート。SHAKA、葛葉など著名配信者たちがチームに分かれて腕を競い合う

プロeスポーツチーム“ZETA DIVISION”に所属するストリーマー・k4senさん主催の『リーグ・オブ・レジェンド』の配信者大会“The k4sen - League of Legends -”が、本日(2022年5月16日)19時より開催される。