携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』に使われている先端技術――なぜ“ゆみっぽいど”はできたのか

『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』に使われている先端技術――なぜ“ゆみっぽいど”はできたのか

2010/3/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●より表現力が増したVOCALOIDで、AI兵器が襲いかかる

 

WA3_7270

 ヤマハは2010年3月1日、東京都中央区の新ヤマハ銀座ビルにて“YAMAHA Y2 SPRING 2010”を開催。ヤマハの最新技術による音楽と音声の可能性を紹介していく内容だったのだが、その中でKONAMIのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』での取り組みが紹介された。

 

 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』が登場したのは、最初に行われた“VOCALOID2進化系AI兵器攻撃カウントダウン”と題されたパート。まずヤマハの剣持秀紀氏により、VOCALOID-Flex技術について概要が紹介された。いまや初音ミクなどにより知る人も多いVOCALOID技術。企業向けにライセンス契約で提供されていく予定のVOCALOID-Flexでは、音素の位置や音程などを、より自由にコントロールできるようになっている。『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』ではその第1弾として、AIを積んだ巨大兵器の声に、女優の菊地由美さんの声をベースにしたVOCALOID-Flexが使われている。ロックシンガー・GACKT氏(当時はGackt名義)の音声でできたVOCALOIDが“がくっぽいど”なら、こちらはいわば“ゆみっぽいど”。だが素人考えでは、普通にサンプリングした音声にエフェクトをかけるだけでもよかったハズ。では、なぜVOCALOID-Flexが使われることになったのか? 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』のトレイラームービーが流れたのち、KONAMIで小島プロダクションのサウンドディレクターを務める村岡一樹氏が登場した。


WA3_7319
WA3_7321
WA3_7350

 

 村岡氏によると、実際の作業にあたって、感情を加えたり、間延びさせたり、早口にしたり……といった操作が自由に編集できることが使いやすかったとのこと。もちろん、VOCALOIDシリーズの発する音声の特性も重要な点。人間の声をベースに発せられるVOCALOIDの声は、人間の声に近い雰囲気と無機質感のあいだを揺れ動くような独特のタッチを持つ。確かに、叫び、歌いながら襲ってくる、人でも機械でもない“AI”の声には、この声が適しているというのもうなずける。また、せっかく収録したAI兵器のVOCALOIDの応用として、NET VOCALOIDでプレイヤーがこの音源を操作し、歌わせたり、好きなように喋らせたりできることも紹介された。

 

 イベントではそのほか、ソフトウェアでエフェクターや楽器をエミュレートする“VSTプラグイン”を進化させた“Cloud型VST Plugin”の実証実験や、頓知ドット、クリプトン・フューチャー・メディアと、グッドスマイルカンパニーによる謎のプロジェクト“セカイロイド”の構想が語られたトークセッション、ラストには音声をネットワーク経由でつなぐ“NET DUETTO”を使ったライブなど、多彩な形で技術によって広がる音の可能性が示された。

 

クラウド発、音楽制作にもそうじゃなくても VST

 

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトに組み込むVSTプラグイン(ちょっと使うだけでもパッケージとして買わなければいけない)を、使ったぶんだけ支払うサブスクリプション型のネットサービスとして提供するというもの。サーバー経由で実行させるため、再生には2秒程度の遅延が発生するが、遅延を少なくしたい場合はプログラムをダウンロードしてローカル環境で実行するモードもある。

WA3_7400
WA3_7399
WA3_7429


初音ミクの破片 〜セカイロイド襲来〜

 

iPhone向け拡張現実アプリ『セカイカメラ』の頓知ドット、『初音ミク』のクリプトン・フューチャー・メディアと、“ねんどろいど”などのフィギュアを手掛けるグッドスマイルカンパニーによるプロジェクト“セカイロイド“の構想が語られた。キャラクター“初音バグ”や「現在の技術で可能なレベル」でのイメージというデモも実演された。セカイカメラの映像に合わせて初音バグが発声し、ヤマハの技術により、音声を再生するエアタグを、自身との位置関係に応じてサラウンド再生する……というもの。あくまでコンセプトの段階で、「音を貼りつけていく」、「AR空間に初音ミク(ブーム/ファン)の熱量を持ち込みたい」といったキーワードらしきものを聞くことができた。

WA3_7502
WA3_7508
WA3_7545

 

NET DUETTO

 

演奏したのは、Sacraの足立貴英氏と、木谷雅氏。遠隔地をネットワークでつなぎ、30ミリ秒程度の遅延で、リアルタイムなセッションを可能にするのが目的。実際木谷氏は会場のすぐ隣の部屋にいたそうだが、音声は確かにリアルタイムに処理されていたもの。

WA3_7664
WA3_7677
WA3_7724

 

WA3_7632

▲ヤマハネットビジネスグループの田邑元一マネージャーは、「音楽を生みだす行為そのものを身近にしていきたい」と語った。

 

※『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。